海外の反応 韓国


科学技術情報通信部「羅老宇宙センターからヌリ号で打ち上げ計画」

政府が4月から韓半島を撮影できる超小型群集衛星の開発を支援する。この'超小型衛星群集システムの開発事業'には2027年まで8年間延べ2133億ウォンが投入される。


1

科学技術情報通信部は11日「100kg未満の超小型衛星11機を開発して運営して、朝鮮半島衛星映像獲得周期を大幅に減らすこと」とし、この様な計画を明らかにした。

科技情通部は今回の事業に2024年までの電力消費量が低く、開発費用が低い超小型衛星1基を開発して発射する予定だ。この衛星には3年間使うことのできる部品が入って、解像度が1m以下のカメラも搭載される。後続衛星10基を開発して2026~2027年発射する計画だ。



科学技術情報通信部は、これらの衛星を国際兵器取引規定(ITAR)に抵触しないように開発し、韓国型発ロケット「ヌリ号」に乗せて全羅南道高興(チョルラナムド・コフン)のナロ宇宙センターから打ち上げる予定だ。 ヌリ号は現在開発中であり、2021年、本番の打ち上げを控えている。

科技情通部は17日から30日間、この事業を推進する産業体や研究機関も公募する。 事業に関する詳しい内容は韓国研究財団のホームページで確認できる。

クォン・ヒョンジュン巨大公共研究政策官は「国家初の群集型超小型衛星開発・活用でさらに高度化した国家危機管理サービスを提供することになるだろう」とし「私たちの地で、私たちが作った衛星を私たちのロケットで打ち上げる事業なので、衛星産業だけでなく全宇宙産業の育成にも寄与するものと期待する」と述べた。


 韓国の反応 



開発までの7年をどう待てと言うのか、早く打ち上げて下さい。現政権の軍事科学技術育成政策を全面的に支持します



・実現にはまだ遠いです



ロケット一発に複数の衛星を搭載し、それぞれ軌道に載せる事が出来る様にすべきであり、ロケットの再利用技術も早急に確保しなければならないと思います



ロケット先進国が以前やって来た事に追いつくのも重要だが、それだけでは競争し難い、技術を早く開発した国は、コスト競争力を備えているだけに、我々の研究者たちも頑張って、早く良い知らせ聞かせて欲しいです



・北東アジアに沢山飛ばして下さい



もうちょっとお金をかけて、頻繁にロケットを発射したらと思います。以前、Space Xを開発した時に2、3ヶ月に1度ずつ撃って、失敗して、改善してを繰り返したのですが、この様に多めに撃てばいいかなと思います



KARIでこの様な発表するのを見ると、思ったより早い速度で研究が進んで居る様で気分が良いです



わずか100キロの衛星を発射するというのは、凄いです。通常衛生は500キロ以上あるので、それだけ小型化、軽量化技術が発展したという意味でしょう。軍事科学技術の発展速度がとても速いですね、現政権の政策を支持せざるを得ないですね


先ずはロケットを安定的に発射できる様に成ってから、リサイクル式のロケットを開発しても良いでしょう



複数の衛星をロケットに入れて発射するのも良いですが、回収は南の方の海に成るのですが、それでもリサイクル式のロケットを開発するべきでしょう



宇宙庁を新設し、予算投入を増やさなければなりません



・他の国は宇宙局に進行しているのに、我々は宇宙庁を要求している状況



根本的に、国防技術力は韓国の経済と産業の成長が原動力である為、一日でも早く経済成長がなされることを望みます



・この様なやり方で発展すれば、中・大型化も可能になります。ただ気が短い我々の忍耐が堪えてくれるか疑問です

引用元記事:https://is.gd/yPGMno

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。



■お勧めニュース