海外の反応 韓国


2017年文在寅大統領とドナルド・トランプ米大統領が韓国軍の弾道ミサイル弾頭重量制限をなくすことに合意した後、軍当局が直ちにミサイルの開発に乗り出し、現在、射程500kmに弾頭重量4トン規模のミサイルを確保しているという。

軍はまた、従来の弾頭重量は500kgに制限された射程800kmのミサイルの弾頭重量を、2トンにまで増やしたものと把握された。


2

17日、政府と軍消息筋によると、2017年9月、北朝鮮の6回目の核実験をした後、韓米首脳が韓国軍のミサイル弾頭重量を完全に無くすミサイル指針改正に合意した後、直ちにミサイル開発が始まった。

関係者によると、当時ミサイル指針が改正された時、軍はすでにミサイル弾頭の重量を増やす技術は確保した状態だった。

軍消息筋は「韓米ミサイル指針の為に作らなかっただけで、弾頭重量を増やす技術自体は大きく難しくないと聞いている」、「射程500kmに弾頭重量4トン、射程800kmに弾頭重量2トンのミサイルを既に確保したと聞いている」と話した。



1

この様なミサイルがどれほど量産されて戦力化されたかは確認されていない。

2017年改正前まで、韓米ミサイル指針は弾道ミサイルの最大射程を800キロに制限し、射程が長くなるほど、弾頭重量を減らすいわゆる「トレードオフ(trade off)」原則に従うことにした。

これによって、射距離300kmの弾道ミサイル弾頭重量は2トン、射程500kmミサイルの弾頭重量は1トン、射程800kmミサイルの弾頭重量は500kgに制限された。

しかし、弾頭重量制限が解除され、射程500kmミサイルの弾頭重量が1トンで4トンで、射程800kmミサイルは500kgで2トンにそれぞれ4倍ずつ弾頭重量と威力が増えたミサイルを確保したものとみられる。

2017年弾頭重量制限が完全になくなり、陸軍は強い高威力弾道ミサイルを確保するという計画によって、北朝鮮のミサイル発射の兆候の際に先制打撃できる韓国軍の「キル・チェーン(Kill Chain)」の中核的な武器体系である地対地弾道ミサイルと、長射程砲を捕獲できるチョンスか触れるミサイル(KTSSM)の威力を高めるのに尽力してきたという。

北朝鮮の核ミサイルと指揮部を直接攻撃できる代表的な打撃資産は、これまでF-15K戦闘機に搭載するドイツ製ミサイルタウラスが挙げられてきた。

しかし、タウラスの場合、射程500kmで、大田(テジョン)上空からも平壌(ピョンヤン)の核心施設を3mの誤差範囲で攻撃できるという評価にもかかわらず、戦闘機1台に1.4トンのミサイル2個まで装着が可能という限界があった。

弾頭重量制限の解除による高威力ミサイルの開発と配置によって、北朝鮮のミサイル挑発に対する抑止力といわゆる大量報復手段が強化されたと見られている。

一方、国防科学研究所は、弾頭重量と威力が増加した弾道ミサイルの開発を継続中だ。

ある関係者は「弾頭重量2、3トンをはるかに越える弾道ミサイルの開発が継続されている」、「ただ、国内環境では数十キロ離れた無人島に撃っても陸地で、音と震動が感知されて秘密にしなければならないミサイル試験に限界と困難がある」と吐露した。


 韓国の反応 



ミサイルをいっぱい作って、北朝鮮、中国、ロシア、日本の奴らと対決する時、敵国の全国土攻撃をしっかりすれば良いだろう



弾道重量4トンに射程500キロ、弾道重量2トンに射程800キロになれば、破壊力が戦術核の水準で、北朝鮮全域が打撃対象だ



弾頭重量10トン以上、射程は済州島から発射しても北朝鮮全域を攻撃できる高威力の長距離ミサイルを1千基以上作りましょう



・赤を殺す武器を作るのは賛成



政府が推進している固体燃料ロケットの開発許可も必ず実現することを希望し、ミサイル射程の制限も解除されることを望む



少なくとも射程距離2000㎞は取りつけなければならない、そうしてこそ、日本全域、中国核心部とロシア極東が必ず韓国の弾道ミサイルの射程距離に入れなければならない



・文在寅政府すごい!


アメリカはどういう理由で射程距離や重量を制限するのか?



我々も大陸間弾道ミサイルを完成しなければならない、大陸間弾道に重さ4トン弾頭の装着すれば、核まではならなくても恐怖感を与える事が出来る



・戦時作戦統制権の返還で自主国防をしよう



日本全域、そして中国全域に達するミサイルと、小型核兵器に準ずる弾道ミサイルの開発が急がれる



・他国で自主国防の妨害をする国は敵と思えばいい



自主権を持つ主権国家は、ミサイル射程の制限があってはならない



・米国は何故弾頭の重量まで制限するのか?



・全世界で最も威力が高い在来式爆弾FOAB、MOABが7トン8トンです。この様な爆弾は爆撃機で落としたのに4トンの弾頭を精密誘導可能な韓国のミサイルで発射するなら、北朝鮮の地下施設何の意味もないです。地下60メートル、建物20階突破可能なバンカーバスターも弾頭が2.4トン余り



・弾頭重量4トンならまあまあの程な戦術核ほどの威力だ。むしろ核兵器はむやみに使用できないが、在来式は負担なく使用できる



・米国は射程制限なしに兵器開発を行い、我々には射程制約を設けるのは横暴であり越権行使である

引用元記事:https://is.gd/rDOgBu

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。



■お勧めニュース