海外の反応 韓国


UAEに「長射程砲キラー」戦術地対地誘導弾を販売する。

韓国政府がアラブ首長国連邦(UAE)に「長射程砲キラー」と呼ばれる戦術地対地誘導弾(KTSSM)など先端兵器の輸出を推進中であることが確認された。契約が締結されれば韓国・UAE間の軍事協力関係がさらに密接になり、韓国製武器輸出拡大の契機になるものとみられる。


1

20日、政府および軍関係者などによると、任鍾皙(イム・ジョンソク)元大統領秘書室長を団長としてUAEを訪問中の大統領特使団に防衛事業庁の局長級関係者が同行した。政府関係者は「特使団は両国間の関係強化のために韓国がUAEに輸出した原発の稼働状況も点検するが、韓国が開発した戦術地対地誘導兵器など先端兵器の販売契約を成功させるための目的もある」と述べた。現在、輸出規模や細部条件などについて議論中だが、事実上、契約の仕上げ段階だという。

今回の交渉対象の一つであるKTSMは、北朝鮮の核とミサイル基地だけでなく、長射程砲、坑道、陣地などを最短時間で破壊できるように開発された兵器システムだ。 2010年北朝鮮が延坪島に長射程砲170発を発射する砲撃挑発をした後、大統領府の指示で秘密裏に開始された長射程砲対応兵器体系開発「稲妻事業」の結果だ。



開発に成功すると、軍当局は北朝鮮の相次ぐ武力示威に対抗するためにKTSSMを公開したりもした。 2017年、北朝鮮が核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験など、武力デモを続けると、国防部はKTSSMの発射ㆍ飛行ㆍ目標物打撃映像を提示した。

当時、国防部は同一の発射台から数秒以内に4発を発射できると伝えた。 「短時間に大量に目標を破壊しかねないことを意味する」、「特に目標地点の正確度が向上し、1発でも標的に致命的な被害を与えることもある」とした。

軍当局は正確な諸元を公開しなかったが、KTSSMは、衛星航法装置(GPS)誘導技術を通じて150キロ以上飛行して標的を攻撃できるという。固定型と移動型が開発されたという。数百個の子弾が入っており、サッカー場の3~4個の規模地域を焦土化できるものとされる、米国産戦術地対地ミサイル(ATACMS)を小型化したと見ればいい。

このほか、特使団はUAE版国防科学研究所(ADD)設立支援策も話し合ったという。 UAEがADDのような先端兵器開発研究施設を建設する過程で、韓国の技術陣を派遣し、ノウハウを提供するプロジェクトだという。


 韓国の反応 



原発があれば対空防御武器も必要ですね



良いニュースですね、うまく仕上げられることを願います



防衛産業輸出をたくさんして韓国経済を立て直そう



自動車、半導体、造船が低迷すれば、兵器輸出のような多様なカードがあってこそ「輸出韓国」が蘇る



UAEはペルシャだけを通過する必要なく、石油の供給を受けられるようにする重要な国である。

しかも、石油だけでなく、韓国の科学技術・軍事兵器などに多大な関心を持つ富国でもある。石油富豪ではあるが、石油以後の経済戦略に悩む賢い国がUAEである



UAEは、ベトナムの5~6倍程度の経済的利得がある国である



韓国製兵器はサウジアラビアでも信用されています



大韓民国、よっしゃ~


しかし、技術的にあまり与え無い方が良い、トルコの様に後頭部を打たれる事もある



大韓民国の防衛能力が日々成長することを願います



・主敵=日本
倭寇撲滅=日韓戦



・よく頑張ってるね、応援します



武器の技術移転はするな、トルコの様に裏切られる



UAEは韓国と同盟を結ぶことを望んでいる。同盟を結べば、すべてのお金を韓国に投資できるという考えだ。

世界で韓国に匹敵する軍事力、経済力を備えた国が米国を除いてはほとんどないと考えるのだ。韓国が同盟になれば、中東からUAEを狙う国はないという意味だ



・国家安保は基本中の基本です



武器輸出は周辺国を考えて密かに行わなければならないが・・



・技術も与えるのではないでしょう?



武器の輸出をしながら技術まで与えては成らない



・UAEに余計に与えない様にして下さい

引用元記事:https://is.gd/r8qHcv

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。



■お勧めニュース