海外の反応 韓国


政府が大邱(テグ)の選別診療所に送ったゴーグル(防護用の眼鏡)の大半が不良だという。

不良のゴーグルは、本物とは違って肌に密着せず、額を押さえつけるという。悪戦苦闘する医療陣の額にべたべたと貼られた絆創膏が不良ゴーグルの為だという指摘も出ている。

13日付の文化日報は、政府が西区(ソグ)区民運動場の選別診療所に送った使い捨てゴーグルの90%が不良だったと報じた。


1

報道によると、不良のゴーグルは肌に触れる部位が巻き込まれており、自然に密着しない。額を強く押さえて痛みも強い上に、傷がつくとも言われている。

この診療所は2日から運営されたが、不良のゴーグルは初期から支給されたという、ここを訪れて検体を採取する市民は毎日60人余りだという。

しかも、この診療所には手袋が最初から支給されておらず、医療陣が手首まで届く手袋だけを二重に付けたまま診療を行っているという。



2

医療陣は外部の汚染源から保護するため、ラテックス素材の内側の手袋を先に着用し、腕の中ほどまで上がってくる青色の外側の手袋を一緒に着用しなければならない。

ここでボランティアをしている方相赫(パン・サンヒョク)大韓医師協会副会長は「医療陣が不良ゴーグルによる痛みがひどいにもかかわらず、そのまま使いながら頑張っている」と述べた。

他の選別診療所でも事情はそれほど変わらないという。不良の紐を直すのに苦労している診療所もあるという。

大邱市内の大型病院も防護服とマスクなど物量が足りないのが実情だ。ある病院関係者は「1日必要な医療用品の70-80%程度が支給され、医療陣が防護服をリサイクルしている」と伝えた。

しかし、政府は現場の足りない環境を認知していない様子だ。 前日、保健福祉部の朴能厚(パク・ヌンフ)長官は、マスクが品切れになったという医療陣の声を巡り、「在庫を確保しようとしたためだ」」と語った。

感染病と死闘に熱心な医療陣が欲張っているということだ。これに対し医療界では「政府は現場を余りにも知らな過ぎる」とか「基本認識と対応策に現場と乖離感がある」という叱責が殺到した。


 韓国の反応 



韓国の国民を助ける為に働く医療陣の品物が不良だと言うじゃないですか、これは酷いですね



こんなに苦労しているのに、保護装具でもちゃんと出来た物を供給すべきで、政府がしっかりすることが一つもない



本当に大統領は、まともに仕事をすることがないね、そのまま降りてください



文在寅は、国内には偽物を送りながら、良い製品は北朝鮮、中国に送ろうと今準備中だろう



・中国にマスクを送って、ソウルは北朝鮮にも送ったとニュースが流れていたが



・こんな時局にどうして中国にばかり与えて、恩を受けたいのか?



国家から送られた物が不良品だったのか?それとも国は不良だとしって送ったの?製作会社が正常製品だと言って国に納品したのか?正確な調査が必要です



・文在寅に得意なことは何もないというのがファクトです



ただ、政府がわざと不良物品を送ったとは思えません。残念ですが、それでも顔にテープを貼って苦労してくださっている医療陣の感謝の気持ちで、このような状況で物品が引き続き支援されるという肯定的な支持を一緒に国民がしてあげなければならないと思います


・買い溜めが起こって、物資が不足しているアメリカと比べて、むしろ韓国の方が安心できると思います



中国人の入国さえ阻止していたら、こんな目に遭わなかったのに



・政府は生産者では無いです。そんなのを作って納品した奴が泥棒



政府が不良だから不良ゴーグルが正常に見えるびだろう



・マスク生産とかゴーグルとかは、特殊製作して送らないといけないんじゃないか?少なくとも国民から非難されたく無いのなら



・人それぞれに顔の大きさや形が違うのに…オーダーメード型ゴーグルじゃない以上、すべての人に合うわけがない



・不良と言う証拠は?工業用もゴーグルをしたら額が痺れて、跡がひどい上に不良だったのか?



・大韓民国が滅びるなら、その理由は偽りのマスコミのためだろう



・不良では無く、サイズが合わなかったのでは無いの?

引用元記事:https://is.gd/73vHKC

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。



■お勧めニュース