海外の反応 韓国



トランプ政権発足後、日米密着の強化

米国の一般国民(1015人)と専門家集団(200人)を対象に実施された調査で、「アジア地域米国の最も重要なパートナー」を問う質問に対する回答が日本、中国、韓国、オーストラリアの順になったと日本外務省が最近明らかにした。

安倍首相とトランプ米大統領の個人的な信頼が、米国と日本は熱い蜜月関係につながっているという評価が出ている。

米国の世論調査機関であるハリスが日本外務省の依頼を受けて昨年11月に実施した調査結果で、先週、日本外務省が出入り記者団に関連資料を公開した。


1

米国の一般国民を対象にしたインターネット調査で「アジア諸国の中で最も重要なパートナー」関連の回答は日本(34%)、中国(22%)、韓国(10%)、オーストラリア(4%)、ロシア(4%)、インド(1%)の順だった。

専門家への「アジア諸国の中でアメリカが最も信頼できる国」という質問には日本(37%)、オーストラリア(11%)、韓国(9%)、中国(8%)の順だった。

政・官界、学界、言論界、宗教界、労働関係分野で「指導的位置」にある200人を対象に行った電話調査の結果も似たような傾向だった。



2

全般的に韓国の位置や数値は停滞または後退している。

米国の一般国民調査で韓国に対する信頼度(9%)は中国に対する信頼度(8%)とほぼ同じ水準だった。 韓国の数値は昨年と同じで、中国は6%から2%ポイント上昇した。

専門家集団調査では、韓国に対する信頼度(9%)が中国(4%)より高かったが、18年(20%)、17年(14%)と比べると大きく低下した。

日本外務省の依頼で実施された調査でもあるが、全般的に日本関連の数値が高まったのも特徴である。

毎日新聞は21日付の新聞でこの調査結果を報じ、「2011年と2013年度の調査では最も重要なアジアパートナーとして中国が日本をリードしたが、トランプ政権発足後、米中関係が悪化し、日米協力が強化されたことが影響したようだ」と分析した。

毎日新聞の報道によれば、米国の一般国民調査で2011年と2013年には中国(2011年39%、2013年39%)が日本(それぞれ31%、35%)よりも「重要なパートナー」に選ばれた。

中国を牽制する為に、米国の確固たるパートナーとして、日本の重要性が高まっているという意味とみえる。


 韓国の反応 



日本外務省の依頼・・・



そうですね、日本の外務省は嘘の集団ですから



日本の外部省の発表がそうだとは笑っています。ちょっといい加減にしましょう



日本はもう窮地に追い込まれたからどうすることもできるんだな、この様に他人の国に依頼して、ホルホルすると言うのは、実は劣等感が多いという反証の様だ。実は韓国が羨ましいのか、怖いのか?



もうすぐ崩壊する日本がどれほど無惨に崩れるか・・



・そうですね、信じられるリサーチではなさそう



しかも、調査最長も少なく日本政府が依頼したものなので信頼度が格段に落ちる



アメリカが明らかにしたことでもなく、日本外務省が明らかにしたことなのね。 (笑)


・韓国は信じられない国だ



・サムスンが無ければもっと酷かったね



我々が全世界で嫌われている.気がつかないのは、わが劣等民族、韓国人だけだ



・どうするの・・



・こんな記事を書く中央日報は本物のゴミだね



日本はアメリカの現金支払機



当たり前だろ、文政権が3年親中反米しているのだから



米国ではなく、日本外務省の発表内容を信じろって?なぜ中央日報は日本の発表内容を無条件に報道するの?



・トランプは反韓政治家



アメリカ人は韓国を信頼しないのにどうして信頼できない韓国の診断キットを買いたがるのでしょうか?頼もしい日本のキットが出るまで待つはずですよね



また日本から金を受け取って書かされたのか?



日本外務省の依頼で義務性が明らかになりました・・

引用元記事:https://is.gd/uuQb8X

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。



■お勧めニュース