海外の反応 韓国


スレ主

保守的マスコミの「韓米同盟強化をしなければ成らない」という様な、政治的解釈に汚染されたマクロ経済の常識ではなく、世界経済が恐慌に準ずる危機的状況に直面する時通貨スワップが、どの様な役割をするのか、簡単なマクロ経済の勉強時間を持ってみましょう。


1

世界経済が危機的状況に置かれている時、ドルがこの世の全ての資産を握って享受し、超強気の現象を表します。

例えば、ウイルスパンダミックで需要が消えれば企業が生産を中断しなければならず、企業の営業活動が減れば莫大な固定費をカバーするため、発行した社債満期償還に問題が生じます。 負債を返済できなければ不渡りで会社を閉じなければ成りません。

こんな状況で米国企業が生き残るためにはどうすればいいですか?

社債、株式追加発行、誰も受け入れてくれる人がいなくてはいけません。金融圏新規貸付 この状況で誰が新規貸し出しをしてくれますか?それでは、今月の債権満期資金償還はどうするつもりですか?



新規融資や債券発行が滞れば、保有資産を売って早く返済資金を調達しなければなりません。 でも…

金. 安全資産ではありません。会社が現金がなくて倒産の一歩手前なのに、金の塊を持って来ても誰が受けますか、金をドルに換えて満期貸し出しを返さなければ不渡りになりません。それで金の価格暴落します。

米国債. 名実共に安全資産です. 米国が数十年内に滅びるわけがなく、米政府が保証したその債券は、事実上現金と同様だ。

しかし、私が20年満期米財務省発行の債券を保有していて、来月の社債満期償還日に戻ってくると?それはアメリカ債を売らなければなりません。しかし、3月初めのように金融市場が乱高下すれば、市場参加者はすべてドルを求めて飛び出す為、定額で米国債を売ってドルに換えることはできません。それで、究極の安全資産である米国債価格も暴落します。(米国債金利の高騰)

円、ユーロなど外国為替
世界不況の折には円キャリー、ユーロキャリーなど(つまり、日本銀行または欧州中央銀行から超低金利で借りた資金をドルに変えて世界の資産に投資したもの)投資資産価格の下落を見込んで海外資産売却後、本国回帰する過程でドルを売って円またはユーロを買うので、円およびユーロの価格上昇してドル安になります。

しかし、3月初めのような単なる景気低迷ではなく、大恐慌が差し迫ったような恐怖に襲われ、ドルに対する需要が金融市場内で急増したため、円もユーロも踏みにじり、超ドル高が現れます。その為、景気不況時に値上がりする準基軸通貨の円とユーロの価値も暴落し、ドルが超強含みになります。

なぜなら、巨大米国企業が保有資産を全部売却して、ドル現金の流動性補強をすれば、不渡りを出すこともできないからだ。

では、もし、こんなことが起きたらどうするのか?

普通25bpずつ一歩ずつ金利引下げ4発100bp一気に引き下げゼロ金利に直行します。しかし、それは基準金利が引き下げられたのであって、金融市場内の債券金利は、上記で全て保有債券を売却し、ドルの現金流動性が望まれるため、市場で債券金利は暴騰します。

つまり、基準金利だけ引き下げたからといって市場金利も引き下げられるわけではありません。常識的に金利を引き下げれば、貸出が増加して銀行圏から貸出を引き寄せてきて、それより金利を上乗せする債券を買えばいいのではないか?ですが、どの狂った金融機関が今のような危険な時期に会社に融資をしてくれるのですか?

誰もくれません。つまり、基準金利はそのまま通帳に記される金利であるだけで、その金利でお金を借りられる企業はほとんどありません。

そこでFRBは、基準金利の爆弾引き下げ、100bp引き下げとともに無制限の量的緩和という政策も迅速に発表します。

つまり、金融市場参加者が全ての金、債券、株式など全ての資産を出して売り、切望するドルの現金を供給する為に、米政府が保証する安全資産である米国債と住宅モーゲージ債権(MBS)を無制限に良い価格で(すなわち、低金利で)買い付けるというのが量的緩和です。

そうすれば、米国債金融市場で取引される金利が高騰するのを食い止めることができ、(FRBが市場に出た債券の売り物を全て受け入れてくれるから)したがって基準金利ゼロ金利政策金利を守ることができます。

ここまで理解できましたか?

では、海外主要国と通貨スワップは何故するのか、お分かりになると思うのですが、普段から勉強ができる方は、答えを自ら出してください。 ^^


 韓国の反応 



・詳しい説明ありがとうございます。コロナによる景気低迷で国の不渡りを防ぐ為に、ドルの借金をさせてくれるのですね



・実際にお金が回らなくてはならず、世界貿易取引の際ドルを使い、基軸貨幣の位置づけを守るためには、すべての大きな取引はドルにする



・為替相場で発生する経済危機克服?



・実際にお金(ドル)が回るようにするものではあります。 でも、もっと具体的にです。為替レートの問題が発生しないようにすることも結局韓国が負わなければならない問題であり、この様に対応しようと4千億ドル以上外貨準備高を貯めているのに、ミ・ヨンジュンが何を惜しくて600億ドルを使えと便宜を提供してくれるのでしょうか?



・もちろん、米国と不仲なベネズエラの様な国こそ、国の経済が破綻しようがしまいが、為替相場を開騰しようがしまいが、米国が絶対に支援しないことも正しいですが、それが全てではありません!



・ひたすら純粋な国際経済的見方で通貨スワップを締結するのが米国にとってもプラスになるからこそ可能なことですが、それが何なのか一度考えてみてください



・韓国内の投資(証券など)したお金を回収する時、為替レートが上がりすぎたら、アメリカの投資者たちが高くなった分損するからではありませんか?


・急激なドル高で米国の投資家たちが韓国内の資産を処分して米国に持って行く時損することファクトです。しかし、果たしてヨンジュンが一介の投資家たちの収益を気にした訳では無いですよね



・米国内の会社が債権満期償還用のドル資金を用意するために、米国内の資産だけを処分するわけではないでしょう。当然、サムスン電子や韓国国債など、これまで投資した資産をすべて売ってドルに換えていきます。

韓国はそのドルに変えるのに十分な外貨保有高をすでに持っています。しかし、急にドルへの需要が集中すれば、ウォンの価値が下がるのは仕方ないが、韓国は外貨の持ち出しに何ら制限のない国なので、当然ドルに変えます



・しかし韓国の外貨準備高がドルの現金で保有しているはずがないでしょう?相当量の外貨保有高は米国債の形で持っています。 雀の涙ほどの利子収入でも手に入れなければなりません、4千億ドルで1%の金利なら、40億ドルという莫大な利子収入を諦め、ドルを現金で持っている理由はないからだ



・韓国銀行が保有している米国債を米国金融市場で売れば、米国債の金利が上がるでしょう。これはFRBが基準金利をゼロ金利にし、市場金利を抑えるため、無制限に量的緩和したのですが、いまや、韓国や日本、欧州から滝のような米国債の売りが殺到しますね? これを抑えるために保有している米国債を売却せず、そのまま安く貸してあげるから通貨スワップ限度内で繰り上げて使う様にと便宜を図ってくれるのです



・つまり、韓国が米連邦政府に貸したお金を返せと言わずに、そのまま使ってください~ それではウォンもレートが下がらないからお前たちの国にも良いし米国にとっても良い状況に成る



・ドルで商品代も払って、借金も返さなければならないのに、為替相場があまりにも上がれば返せなくて出て行くでしょう、それではアメリカも損だから為替が安定すればアメリカも利益と成る



・単純に米国投資家を保護しようとするのが全てではなく、そこから一歩進んで考えるべきですよ。米FRBが基準金利を引き下げたなら、政策的目的を達成するため、市場金利もその水準まで追随しなければならないのに、韓国、ヨーロッパ、日本などで米国債を売却し始めるとそれは手に負えないから米国債を売らない様にさせようと、通貨スワップを結んでくれたのです。勿論目的は為替相場の安定で、さらに重要な目的は米国債を売却するなということ



・昨日CNBCに米国fedのbalancesheetが5兆ドルに拡大され、これを10兆ドルに増やすと言いました。5兆ドルに増やす重要な方法が通貨スワップだと言いました。Fedの残高を増やす理由は、他ならぬ資金供給の為です。10兆ドルまで増やすということから見て、昨日通過した2兆ドルの景気てこ入れパッケージを何回かはさらに実施しようとしているようです



・こんなに低い金利なら、金融機関の立場ではどうせ貸したところで「雀の涙」水準の利子収入しか得られない反面、景気不況だから貸したお金が踏み倒される可能性がはるかに高くなりますそれでも貸してくれますか?

企業としても金利が安いが、そのお金を借りて工場を建てて生産施設増設する投資をしても、物が売れないはずですが投資しますか?つまり、単なる低金利通貨政策だけでは、景気を回復させることは困難です。 ただ、すでに借りたお金に対する利子負担だけ減らして、企業が倒産しないように助ける役割をするだけだ。

その為、現金を直接投入する財政政策が必要です。米国人の各家庭に3200ドルずつ供給して消費を活性化させ、老朽化した道路、橋、鉄道を建設して企業の営業活動を活性化させるのが財政政策。 ところでアメリカ政府にそんなお金がどこにあるんですか?ないでしょう。それでは赤字国債を発行しなければ成らない、そうするためには国債金利が低く無ければ成らない、しかし、海外資産を売却してドルに換えて持ち込めば、外貨準備高を多く積んでいる韓国、日本、欧州の各国が米国債を売却し、国債金利上昇して米国政府がお金を借りる時、とても多くの利子を払わなければなりません。それで通貨スワップが出て来る。

昨日米下院で2兆ドルの財政政策を承認しました。すごいです。 しかし心配しないでください、米政府が負担しなければならない金利はわずか0.25%にもなりません。20年もの長期国債を発行するのに利子が0.25%ほど安いです。この様に赤字国債を発行して金をばら撒いてしまえば、経済が回復し、回復すれば税金を取り立てて20年後に国債を償還すればいい、もちろん、米国債の累積額は一度も減ったことがなく、増え続けています


引用元記事:https://is.gd/ND63r0

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。



■お勧めニュース