海外の反応 韓国


ガーディアンなどは先月22日(現地時間)、ブラジル北東部のペル南部ク州のある海辺で、ウミガメ(hawksbill turtle、大モガメ)が大規模に孵化したと報じた。

ウミガメは、世界自然保全連盟(IUCN)のレッドリスト危急(CR)段階に入っている絶滅危惧種だ。 現地メディアによると、コロナ19事態で人の足が途絶えた間、砂に埋もれていた卵の中から子ウミガメ97匹が殻を突き破った。


1

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、6日基準でブラジル内のコロナ19確定者は1万1281人、死者は487人だ。 死者は大部分サンパウロ州から出ており、リオデジャネイロ州が47人、セアラ州が22人、ペルナムブク州が10人でその後を次いだ。 これを受け、パウロ・カマラ・ペルナムブク州知事もコロナ19感染予防のため、一部の海辺を閉鎖し、外出禁止令を下した。

ポリスタシー側は、人の足が途絶えると、むしろ専門家たちがウミガメを観察しやすかったと説明した。 ポリスタシー報道官は「海辺にいる人はウミガメの産卵と孵化を見守るために出た専門家たちが唯一だった」とし「卵を割って浜辺を横切って海に向かう子亀の行軍は驚異的だった」と明らかにした。



2

ポリスタシー側は、「今年だけで204匹のウミガメが孵化した」とし、「コロナ事態の中、浜辺が閉鎖された隙を狙って、ウミガメをさらに綿密に観察する」と付け加えた。

狭くて尖ったくちばしが特徴のウミガメは、毎年1月に産卵のために海に上ってきて、4~5月に孵化する。 生まれた子は生まれてすぐに海に向かうが、長さ2.5㎝、重さ20g程度と非常に小さいため、その間、海鳥やカニの餌食にもなっている。

かつて中国と日本では、ウミガメの肉を好み、甲羅は観賞用として買っていた。しかし、絶滅の危機に至り、06年に結ばれた国際条約によって、捕獲と取引が全て禁止された。

3


 韓国の反応 



やはり、中国と日本は、動物界にも悪の枢軸



また、中国と日本...この国は地球の動植物の数%を絶滅させようとしているのか?



・中国人と日本人とインド人とイスラム教徒とユダヤ人とヨーロッパアメリカ南米の白人至上主義者たちが、地球の迷惑である!



中国だけ隔離しても地球が綺麗に



中国の奴らはあんな子亀も食べるのか?



観賞用に殺す地球癌的国中国、日本



以前、中国と日本で珍味として..?やはり野蛮な人間



中国と日本の奴らは、何処に行っても迷惑国



これを食べる中国は本当に未開国である


・人間はいつまでも大自然の迷惑だな・・



地球が人間たちのせいで本当にたくさん痛かった様だ



・コロナがワクチンで、人間がウイルスだということね!



・コロナが地球の抗体という説がだんだん当てはまっている



人間が問題だということをウイルスが教えてくれたんですね



・地球には人間がコロナ



自然の中に含まれる野生動物は絶対に食べないでください、分かりましたね中国人~



・人間が活動を止めたら本当に地球が蘇っていますね



・コロナ19が人間には災いだが、地球や他の動植物には祝福か



・コロナで失った物もありますが、得た物もありますね



・スミスの言葉通り「人間は地球のウイルス」



・コロナは自然の回復時期か?



何ヶ月か人間の活動が遠のいて自然が生きますね



・人間が居なく成ると、自然と動物の天国になりそう



・コロナが地球を救う



・人間が問題だな

引用元記事:https://is.gd/5a0q83

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。



■お勧めニュース