海外の反応 韓国


6月26日、ソウル市瑞草区にある江南大路に日本のライフスタイルブランド「MUJI」江南店が拡張移転した。

昨年7月、日本の輸出規制で浮き彫りになった韓日葛藤から始まった「反日不買運動」が今まで続いている状況。ユニクロをはじめとする日本ブランドの売り上げは下落したまま回復しておらず、先月にはオリンパス・日産が韓国市場からの撤退を宣言した。

こうした中、無印良品は「正面突破」を選択した。19年の売り上げが前年対比9.8%下落した1243億ウォンに減り、営業利益は193.4%減少し赤字に転じたにもかかわらず勝負に出たが、反日不買運動が行われている最中、無印良品の戦略が的中するかどうかに関心が集まっている。


1

10時50分になると、職員数人が1階の店舗正門前に立ち、客を迎える準備に入った。正門の前にはいつの間にか10人あまりが並んでいた。5分が経つと、売り場の中には放送が流れた。オープン間近を告げる合図の10時58分から59分頃になると、列は約20人のお客に増えていた。

オープンして30分も経たないうちに、売り場の1階は人でいっぱいだった。パン屋に陳列されていたパンは瞬く間に売り切れ、新しく焼けたパンが詰め込まれた。衣類を販売する2階と靴・文房具・旅行用品を販売する3階、寝具・掃除用品・家具などを販売する4階もいつの間にか人々で埋まっている。 「いらっしゃいませ」と店員の挨拶の頻度が次第に増えていった.

1年という時間が「反日」の意志を弱めたのだろうか?午前11時30分が過ぎ、昼食時間ごろになると、客はさらに多くなった。1階のカフェには、パンやサラダを食べたり、飲み物を飲む人でいっぱいになり、座る場所を探すのが容易ではなかった。



2

2016年の「Shakeshack」で有名な「Shakeshack」の江南店オープン、2019年の聖水洞ブルーボトルオープン時のように数百人が集まり、長蛇の列を作ったよりは少ないが、平日の昼間であることを考えると、無印良品江南店は「善戦」したことになる。

客がここを訪れる理由は何だろうか。 そして、彼らは反日不買運動についてどう考えるだろうか。 ソウル江西区(カンソグ)に住む40代のユン某氏は、中学3年生の子供の為に購入した靴下数足を籠に入れたまま話を切り出した。

「息子が無印良品の靴下が楽だと言って、これだけ履こうとしている。不買運動について認知はしているが、だからと言って良い物を買うのは仕方がない」と吐露した。ソウル瑞草区(ソチョグ)に住む20代の金スジ氏の買い物かごには、さまざまなペンや両面テープが収められていた。キムさんは「ここの文具商品は大体品質が良い。特にペンを愛用しているが、インクの滲みもなくきれいに書き取れる。別のペンを使おうとしたら、慣れなくて不便だった」と話した。

続いて「反日不買運動の主旨は分かるが、良いものを買いたいと思うのもまた消費者の当然の心理だ。 批判される必要はないのではないか」と付け加えた。

しかし、批判的な見方も存在する。 無印良品江南店のリニューアルオープンを知らせる記事には、「無条件に買わず、使わずにはいられない、無知な親日売国奴の国民が多い」「韓国がどれほどカモに見えたなら、この状況で拡張するだろうか?」といったコメントが書き込まれた。反日不買運動の火種が生きていることを示すものだ。

 動画!





 韓国の反応 



無印良品は分からないけど、他の日本製品ボイコットは相変わらずよく進行中の様に感じたけど



私の様につい日本製品を買ってしまう人も多いと思うけど



日本不買は各自の信念であり、強要する必要、悪口を言う必要はないと思う



何故日本製品を買うのが情けないの?不買を強要する雰囲気が一番不便だ



やりたい人だけすれば良い、無理やり押し付ける不買は結局終わる物だ。自分が不買出来る品目だけ不買すれば良い



強要するのが一番嫌いだ。でも自分の意志で不買した人のお蔭で、ユニクロは何ヶ所か閉店した



俺は不買を共用しないけど、日本製品を買う人間が情けない人畜だと思うのは私の自由だよ?


・もちろん私も不買中だけど、日本製品を買う人間の悪口を言う奴が一番役に立たない



不買は不買したい人だけがする物だよ、任天堂で行列を作って居た人だって、買いたくない人は買わなければ良いんだ



・俺はそこに行かない



・私も行かないだろうし、私の家族も行かないだろう



・不買を強要したりするな



韓国で不買を強要する奴は、Kpopを聞くなという日本右翼みたい



・私は無印良品に行かないし、私の周りの人間で日本製品を買う人間が、1人2人減れば良いんだよ

引用元記事:https://is.gd/wu6kZD

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。