海外の反応 韓国


菅義偉日本官房長官は1日、韓国側の日本徴用企業資産売却の可能性に備え、「政府はあらゆる対応策を検討している」と明らかにした。

日本の菅官房長官は同日、読売テレビのある番組に出演し、このように述べた。

具体的な対応策については言及せず、「方向性ははっきりと出ている」と明らかにした。


1

これと関連して共同通信は、韓国の裁判所が徴用訴訟と関連して日本の被告企業資産の売却を命令する場合に備えて、日本政府は報復措置の検討を本格化しているとし、ビザ発給要件の厳格化や在韓日本大使の一時召喚などが選択肢として浮上していると伝えた。

韓国最高裁は2018年10月30日、徴用被害者4人が日本製鉄を相手取って起こした慰謝料など損害賠償請求の再上告審で、1億ウォンの賠償を言い渡した。

日本製鉄がこの判決を受け入れる動きを見せなかったため、原告側は同年12月、損害賠償債権を確保するため、日本製鉄とポスコの韓国内合弁法人であるPNR株式の差し押さえを裁判所に申請した。



管轄の大邱地裁浦項支院は昨年1月、損害賠償債権額に該当する8万175株(額面価格5千ウォン換算で約4億ウォン)の差押えを決定し、原告側は昨年5月、該当資産の売却も申請していた。

日本政府が韓国裁判所の資産差押決定文を被告人の日本製鉄に送達することを拒否すると、浦項支院は今年6月1日、関連書類の公示送達手続きを開始し、その効力が8月4日に発生する。

公示送達とは、訴訟相手の住所が分からなかったり、書類を受け取らずに裁判に応じない場合、裁判所の掲示板や官報などに掲載した後、内容が伝えられたものとみなす制度だ。

公示送達の効力が発生した後、裁判所は被告側の差し押さえられた財産を処分し、現金化するための手続きを踏むことができるが、その手続きにも相当な時間がかかるという。

菅長官が同日、日本企業の資産の現金化と関連した対応に触れたのは、韓国側の動きをけん制する狙いがあるものと見られる。


 韓国の反応 




もう日本は韓国に何の検討もできないほど壊れた。政権が変わって3年ぶりに韓国が日本より先進国であることを悟る!



中国と米国の強制徴集労働者に謝罪と補償をしたのに、最も被害国であり、韓国にだけこんな風に無視をして脅迫している。自国内でも嫌韓をする



35年間、大韓民国から資源を収奪し、人を盾及び性奴隷として収奪し、天皇の操り人形を生産し、マスゴミ各社および各種倭寇集団を量産し、今も資源を収奪しながら、一体何の謝罪が出来ないと言うんだ?



・歴史を忘れた猿にバナナはない



反省のない民族には棍棒



最も良い方法は、韓国国民に謝罪し、二度としないと約束することだけが君たちが生きる方法だ



・何も備えられずに隠すことに汲々としている人間たちが、いつも大きなことばかり言っているね



・とことん行こう



すべての対応策を検討するだけでなく、早く実行せよ!


・検討のために検討可能か検討しているということですね



狂犬は棒が薬だよね~



・主敵は日本、謝罪が難しければ断交が答え



・対応策:ひざまずいて祈る~



・矮小め、三国時代から苦しめてきたが、高麗の時、征伐して属国にしなければならなかった。後悔する



・大日本の名誉を守るには切腹しかない



国内の日本企業の資産を没収せよ、ついでに国交も断絶しろ!



・日本沈没祈願



・日本のプレイステーション5を購入しないことにしましょう!



我々は日本を主敵と明示して、国際的により問題化しなければならない



・生活から日本製品が無くなるのが日常化した



日本はまったく見込みのない戦犯国家だ



・滅びゆく日本、ただ見守るだけだ

引用元記事:https://cutt.ly/4dy7XFm

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。