海外の反応 韓国


日本で、文在寅政府批判の先鋒に立ちいる武藤正敏(72)前駐韓日本大使が、文在寅大統領を狙ってまた、毒舌を浴びせた。

武藤氏は5日、日本の週刊誌「ダイヤモンド」ウェブサイトに掲載した「文大統領の国会無力化横暴」の寄稿文で「文在寅政権は総選挙の圧勝後、その本性を現わしている」、「民主主義を踏みにじって政権の思い通りに政治を動き出そうとしている」と主張した。


1

彼はさらに、「与党が野党との対話どころか、必要な手続きさえ無視している」、賃貸借関連3法が速戦即決方式に改定された過程を記述して、文在寅政府が民主主義を放棄したと書いた。

彼はまた、「文在寅政権下で国会が本来の機能ができずにいる」、「審議もしない、政権の意向を追認した法律を通過させるゴムスタンプ国会になった」と批判の日を立てた。

「速度が重要だ」というイ・ヘチャン民主党代表の発言を引用した武藤元大使は「今後も手続きと討論を無視して一気に推し進めるというのが民主党内の雰囲気」とし「民主党ではなく独裁党」と毒舌を吐いた。

同氏は「民主党の反民主的行動は選挙法と高位公職者犯罪捜査処関連法を一方的に処理する時から始まった」とし「民主党という名前を直ちに「独裁党」に変えるべきだと考えるのは筆者(本人)だけではない」と主張した。



2

武藤氏は先月22日にも「ダイヤモンド」ウェブサイトに「韓国に生まれなくて良かった」という寄稿文で「文大統領の韓国は北朝鮮に追従するだけで韓国安保を疎かにしている」とし現在の韓国平和は「北朝鮮の動きによっていつでも崩壊し得る危険な平和」と規定した。

また「文大統領が内政で国内和合を図るよりは対立を煽り、左派政権を永続化して保守派は徹底的に追い出そうとしている」とし「韓国は文政権支持者でなければ生きにくい国」と主張した。

自分の性向を明確な「反文」だと明らかにした武藤氏は、2005~2007年駐韓公使を経て、李明博大統領時代の2010年8月から2012年10月まで在韓大使を務めた。

彼は文政権発足直後の2017年6月、「韓国人に生まれなくて良かった」という刺激的なタイトルの本を日本で発行した。

また、昨年7月には単行本である「文在寅という災厄」を出すなど、文大統領を攻撃して誹謗する投稿活動を積極的に行っている。


 韓国の反応 



倭寇が他の国のことを気にしているね、滅びる自分の国のことなんか気に成らない物だから・・



この野郎が発狂するのを見ると、良くやっているみたいだね、元々倭国は韓国がうまくいくことを絶対に望まない



日本人は口を開けば嘘だ



・見た目も猿に似ているね



他人の家の心配しないで、お前の家の事を心配しろ



・日本大使と未来統合党の言うことが同じだね



これが今の日本の実体であることを、いつもまだ分かってないのか!!



日本の奴らに身の毛がよだつ・・


大韓民国の主敵は本土の倭寇と土着の倭寇だ



非常に正確なファクト暴行



・武藤の言葉が正しい、文在寅独裁は終わらせなければならない



・北朝鮮には「茹でた牛の頭も笑う」と言われてもじっとしているのに、日本が正しい事を言うのに何故ニュース記事にするの?



こいつは日本人だけど、本当に正しいことを言うね



・毒舌じゃないよ?



この人の発言は、韓国政府をありのまま見た話では無いかな?



実のところ日本大使の話はもっともな話だ。民主党は史上最大の独裁党だ



・元駐韓日本大使は正しい事を言うね



・正確な診断です



・私はこの国が嫌いだ

引用元記事:https://cutt.ly/qdPj1vr

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。