海外の反応 韓国


今年上半期基準、韓国を対象にした輸入規制件数が過去最大水準の226件を記録した。

下半期もコロナ19による自国優先主義と保護貿易の基調が世界的に広がり、貿易障壁はさらに高くなる見通しだ。

大韓貿易投資振興公社(KOTRA)の報告書「2020年上半期の対韓輸入規制の動向と下半期の展望」によると、今年上半期基準の韓国に対する輸入規制は28カ国で計226件行われた。


1

輸入規制には、反ダンピング、相殺関税、セーフガード(緊急輸入制限措置)を意味し、調査中の件も含まれる。

年度別の対韓国輸入規制は11年117件から13年127件、15年166件、17年187件、19年210件へと引き続き増加傾向を見せている。

上半期に新たに開始された輸入規制調査件数は17カ国で計32件(反ダンピング17件・セーフガード15件)と集計された。 これもやはり過去最大規模だ。

昨年下半期と比べると、全体規制国数は1カ国減少したが、規制件数は16件増加した。



上半期の輸入規制を形態別に分類してみると、反ダンピング165件(73%)、セーフガード52件(23%)、相殺関税9件(4%)の順だった。

国別には、米国が44件で最も多く、インド34件、中国 1617件、トルコ 드16件、カナダ 1414件などが後に続いた。

品目は鉄鋼・金属(108件)と化学(54件)が70%以上を占め、プラスチック・ゴム18件、繊維類16件、電気・電子8件、機械1件、その他21件だった。

上半期はインドやタイなどの新興国で、製造業育成政策により、鉄鋼や化学製品への輸入規制が集中したことが分かった。

米国は2015年に反ダンピング(不当廉売)と相殺関税賦課を決定した中国産タイヤの迂回輸出を防ぐため、今年5月に韓国、タイ、台湾、ベトナム産タイヤを対象に反ダンピング調査を開始するなど、アジア諸国の製品に輸入規制を拡大する動きを見せた。


 韓国の反応 



保護貿易の強化はますます深化し、輸出の道はますます厳しくなり、米国とインド、中国がその犯人だ



韓国がそれだけ成長したということです。全世界が韓国に恐怖を感じます



日本がヨーロッパと全世界の強国に、韓国は不良国家、信用できない国の約束を守らない国だと宣伝しています



・それだけ韓国が上手だということなんだね



輸出主導型国家の韓国は、世界各国の輸入制限が高まると未来が暗い



コロナパンデミックの状況に輸出規制の強化をしていない国がどれだけあるだろうか?



コロナ19が貿易障壁を作って、保護貿易で自国の保護政策の道を歩む様だ



全世界が同じ状況じゃないかな?強いて我が国だけを規制したというのか?


・ウジ虫がまた暴れるな~



中国の後ろ盾になって国際的に孤立する韓国、文在寅保有国



・内容は自国保護貿易で、特に韓国を狙ったものではないようだが・・・



・これがこの国の外交水準なのか?????



この程度なら本当によくやり遂げています。「現政権を応援します」



・国民をストレスで死なせるな、悪魔達よ



韓国造船は過去最大の輸出をし、韓国自動車は、東南アジアの自動車市場に食い込み、人工太陽の成功により、6180億ウォンの収益をもたらした



・今、世界は保護貿易、自国利益優先主義だ



・文在寅がこれまで海外に首脳外交をしてきた成績表は落第点だったな



・大韓民国が災難に襲われるんだ!



・歴代からみんな大統領ができていないからだ



・これが文在寅政権と主体思想派がやってきたことだ



・全部文在寅政権からだ。弾劾させて国を救おう

引用元記事:https://cutt.ly/PdBmq2E

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。