海外の反応 韓国


韓国の防衛産業界がインドに輸出しようとしていた3兆ウォンの対空兵器事業が霧散の危機に直面した。 インドが当該事業を海外導入ではなく、自社開発で推進する方向へ方針を変更する可能性が取り上げられてからだ。

インドのメディア「ザ・プリント」が17日に報じたところによると、最近インド国防省は高官が集まった特別会議で、自走防空ミサイルシステム(SPAD-GMS)の海外導入事業を白紙に戻すことが決定した。 インド政府の製造業育成政策である「メイク・インディア」(Make in India)に合わせ、国産の独自開発に方針を固めたというのが、該当メディアの説明だ。


1

この様な報道が事実なら、韓国政府と業界は7年間、防空複合輸出を試みたが、無駄足になったことになる。 防空複合とは、低高度に侵入する敵の航空機とドローンを捉える対空砲とミサイルを連携した兵器で、対空砲の短い射程距離を低高度短距離迎撃ミサイルで補うシステムだ。

2013年に開発され2015年から国内に実戦配備されたこの兵器システムは、ハンファディフェンスの自走対空砲「飛虎」にLIGネクスウォンが生産した地対空ミサイル「神宮」が装着された。

インド軍当局は、パキスタンとの国境地域の5つの陸軍旅団に該当防御体系を配置するため、2013年にSPAD-GMS事業の入札公告を出した後、2015年に技術評価結果の発表、2017年に試験評価などの手続きを踏んできた。 同期間、韓国の防衛産業界は、内需から輸出中心構造へと方向転換を決め、「庇護複合」を掲げ、インド市場の開拓に力を入れてきた。



防空複合104台、弾薬運搬車両97台、指揮用車両39台、ミサイルと弾丸各4928発と17万2260発などで構成された同事業は、全体規模が2兆5000億ウォンから3兆ウォンの間と推算される。

一時、輸出に青信号がともったこともある。 インド政府は2018年10月、防空複合を価格交渉対象装備に単数候補に挙げた。アルマズアンテイのアップグレード型ツングースカ、KBPTULAのパンチルシステムなど、同分野のトップランナーだったロシアメーカーと三つ巴の戦いを繰り広げて得た結果だった。

しかし、それ以上進度が進まなかった。 予想通りなら、優先交渉対象者の選定、最終契約などを経て、年内の兵器引き渡しを見通すことができたが、ロシアの妨害が変数として作用した。

ロシア当局は、非好福合意の単数候補選定後、不満を示すなど、インドに着実に再評価を求めてきた。 インドのロシア産兵器依存度が高いという点を狙って、今後の防衛産業協力に支障を来たす恐れがあると警告する方式だった。

実際、今年に入ってインドはロシアの反発を意識して、ロシア産兵器を再評価するかどうかをずっと見計らってきたという。インド内で独自開発の話が出ているのには、ひとまずロシアとのぎくしゃくした関係を避けたい思惑があるものと分析される。

韓国の防産業界は当惑した様子が歴然としている。これには防空服合のインド輸出に格別の力を入れてきた政府レベルの努力が水の泡になる恐れがあるという憂慮もある。

政府は昨年9月、ソウルで開かれたソウル安保対話(SDD)にラズナート・シン・インド国防長官を参加国の中で唯一の閣僚級人物として招待し、首相接見までしたことがある。

鄭京斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は昨年初め、長官名義の協力要請書簡をインドに送り、今年2月にインドで開かれた「DEFEXPO2020」に出席するなど、支援射撃を惜しまなかった。世界2位の兵器輸入国インドを韓国の防産業界の主要輸出市場に押し上げようという意志だった。

防産業界関係者は「まだインド政府から公式的な通報を受けたことはない」とし「防空複合がインドが提示した性能水準を唯一満足したうえ、両国長官の協議が行われてきただけに結果を待っている」と述べた。


 韓国の反応 



いや、ロシアは当然自国の利益のために武器を買ってほしいと要請しただけじゃない?



他人のせいにばかりする現政権で学ぶ事に何があるのか



・災難がまた災難になった



民間企業が海外に製品を売るのがどれだけ大変か理解しますか?



インドも文在寅が信じられない人間であることを看破したのであり、英国の原発輸出件もそうだし、インドネシアもベトナムもそうだし、インドもそうだし、これからは韓国は信じられない国になるんだよ



韓国はベネズエラ級なんだ…



・中国、ロシア、共産国家の奴は韓国も入国を許可せずにす、べて追放せよ



・国際的カモ


我が国は、中国、ロシア、日本に囲まれた小国だよ。でも大韓民国が経済大国10位、国防力6位!すごい!



インドは自力で武器を作っても、まともに作った事のない国だから、結局輸入することになるだろう



国産化すると言っては、韓国メーカーから技術教育を受け、韓国製部品を買って組み立て、純粋なインド製だと嘘をつくつもりです



・外交力ゼロの文在寅政府



インドの特性上、近いうちにまた連絡が来る様な気が、中国軍のドローンや無人機に何回かやられたら早く買わなければと決心するでしょう



・インドもロシアの顔色を見たのだろう



この事案だけではない、文在寅民主党主体思想派政権は、反米親中の従北外交していたが、国際社会から完全にいじめられている。昨日、日本の新菅首相がすぐ隣の国である韓国について言及もしないのを見ろ。今インドの高速鉄道を日本が敷いている



・インドは中国が嫌いです。当然親中派政権も嫌いです



・インドを信じるな! 手で💩を拭って綺麗な国と見えない



・とにかく、この政府は外交も0点



・文政府は人のせいにしか出来る事は無いのか?



K-国力wwwwww

引用元記事:https://cutt.ly/ZfHRm6g

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。