海外の反応 韓国


「誰が人生はマラソンと言ったの?」「全ての人生が素晴らしい」と言う日本のCMをご覧ください(※動画は日本語)


1




2

 動画!





 韓国の反応 



日本の方が我々よりレールに乗る人生だろ



韓国よりもっと硬直した国、日本でこの様なCMが作られたという皮肉



日本はどうやって、感動的と病気と両極端にある二つのコンセプトで広告をよく作るのかな?



今の我々にも響きのある広告なのに、ガラパゴス化した日本の人々にはもっと新鮮な広告だった様だ



・奈落の底の賤民



・誰が人生はマラソンだと言ったのか



・素敵だ!!! 私もこんなマインドを持って生きたい!



だから、各自のすべてのゴールに栄光を与えられる国に成って欲しい


・コース外に出たら脱落ですが



時計は止められない。 時間は一方向にしか流れない。 取り返しのつかないマラソンコースだ。びびりました



・それで韓国でできることは勉強じゃなくて何?



いい広告なのに何をしてもこじつけて見る人が居るね



・もう最後に「変身!」と言えばいい



・何だよ、なんでこんなにかっこいいんですか?



・これは映像で見ると面白い



一つじゃないってことは、各自のマラソンをしていることで



・わぁ、でも胸がじいんとする



日本の広告が本当に感性的によく作る



カップラーメンの広告じゃないよね?



我が国もそうだが、日本はもっと決まったルートを踏まなければ生き残れない構造だから...



「レールの上を歩く」って日本の漫画に良く出て来る表現だね



・普通、「人生はマラソン」という言葉が、社会的成功に向けて走れという言葉として使われるよりは、「人生は長いから急がない様に」という言葉として使うはずなのに、妙に捻じ曲げて解釈するね



マニュアル化され秩序が整然とした社会は、それだけ勝手にできない雰囲気なので、挑戦や創意性に関する漠然とした幻想が多く、挑戦的で創意的な性向が強い社会では「一生懸命生きろ」「秩序をちゃんと守れ」の様なものが多い様だ



・言いたいことが分からないわけではないが、日本の広告だからゆとり世代が真っ先に思い浮かぶ



・広告自体が「人生はマラソン」という言葉が与えた意味を勝手に解釈している為、意味が伝わらない。 これで感動を感じる人は広告がただこの様な意味を伝えたかったようだと推測する人か、ただ後半部分の短編だけを見て意味を受け入れる人の様だ。

人生は人がそれぞれ多様な道を走れるのは確かだ。自分が歩んできた道と目標を比較しながら進みたい方向に着実に走れという意味だが、そこで飛び跳ねろという意味では無いのに

引用元記事:https://cutt.ly/9fHUTxu YouTube

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。