海外の反応 韓国



ドイツの首都ベルリンの街に、全ての市民が見られる様に韓国の少女像が立てられた。

昨年、ドイツのある記念館に展示された10センチもなかった平和の少女像が、日本の外交的圧力で撤去されてから約1年ぶりに再び登場したのだ。ドイツの公共場所に平和の少女像が設置されたのは初めて。

27日(現地時間)、聯合ニュースとベルリンの韓国関連市民団体であるコリア協議会(Korea Verband)によると、ベルリン・ベルリンのミッテ区のビルケン通りとブレマー通りが交差する地点に建てられたこの少女像は、おかっぱ頭にチマチョゴリをした少女が椅子に座っている形だ。


1

左肩には小鳥が一羽、右肩には空いた椅子が置かれており、市民たちがこの椅子に座って記念撮影をすることができる。

設置場所は地下鉄駅近くで、飲食店やカフェが多い地域に位置しているため、地域市民からのアクセスが非常に便利で、駐独日本大使館とは直線で2.8㎞に過ぎない。

設置を主導したコリア協議会は、多くの市民が通う周辺の通りに少女像を建設することを決め、ベルリン市を相手に説得を進めてきた。ベルリンで歴史と関連した造形物を公共の場所に建てる基準はかなり厳しい。協議会は、日本軍慰安婦被害者問題が、国家間の問題を越えて全世界的に戦争被害女性や女性人権問題という点を名分に掲げた。



今年初めにベルリン都市空間文化委員会など関係当局の審査を通過し、今年7月に最終許可を受け、ついに25日にドイツ市民が見ることができる場所に設置されたのだ。

協議会は、日本軍慰安婦問題と女性の性的暴力の克服をテーマにした展示館を近隣に運営中であるため、少女像との連携効果が大きいと期待している。また、近くの高等学校の児童などを相手に日本軍慰安婦被害者問題など全世界的な戦争被害女性らと関連した教育を進める計画だ。

ドイツでは昨年、ベルリン北部ブランデンブルク州の小都市ラベンスブリュックに展示されていた平和の少女像が、日本の外交的圧力で突然撤去される事件が発生した。ここのナチス強制収容所記念館(Ravensbruck Memorial)に韓正和(ハン・ジョンファ)韓正和(ハン・ジョンファ)コリア協議会及び日本軍慰安婦問題対策協議会代表が10センチもならない平和の少女像をプレゼントして展示されてようやくこの事実をない駐独日本大使館側がブランデンブルク州当局と記念館を相手に抗議し、撤去を要求した。

日本側の全方位的で執拗な圧迫によって、結局この少女像が展示作品から除外されたが、再び1年余りで記念館ではなく公共の場で「平和の少女像」がドイツ市民に会ったのだ。


 韓国の反応 



海外でもこの様に熱心にしてくださる同胞たちがいて心強いです。正しい歴史が知られるよう、皆で持続的な活動をしなければなりません



過去の過ちを否認し、自国の歴史を美化する日本は今も国の発展がない



日本人は恥ずかしいんだよね



・私は少女像を見ると、ユン・ミヒャンとチョン・イヨンの「金儲け」に追い込まれたお婆さんたちの涙しか見えない。まず、ユン・ミヒャンとチョン・イヨンの法によって処罰するのが優先だ



・恥ずかしくてたまらない



少女像は共産左派の政治的道具と金もうけの手段にすぎない



・銅像売りはいい加減にしろ~少女像販売業者たちからお金もらったのか?



ユン・ミヒャンが犯したことを知れば、慰安婦被害を堂々と言えるのか?国が詐欺にあったんだ


・こんな物は片付けろ、対国民詐欺劇ではないか



もう元慰安婦が16人しか残って居ないです。ユン・ミヒャンの様な市民団体はどうすることもできない。お金儲けがどんどん減るね



少女像に感服している時ではありません、ユン・ミヤン一味が少女像の著作権を握って莫大な収益を上げているそうです。他の彫刻家たちは、世の中で最も恐ろしい著作権法の為、作ることもできないと言っています



・日本の過ちを責める前に、韓国の無能さを忘れずに国力を育てるのが先だと思う



・こんなのは止めて欲しい、果たして誰の為になるだろうか?



もう少女像は建てるな、ユン・ミヒャンと彫刻家だけが贅沢なことだということが全部明らかになった。

そして、もう昔の様に知らん振りをすればいい世の中でもない、インターネットでドイツの人々が、ユン・ミヒャンが犯したことを知ったら、むしろ国に毒になる



・恥ずかしい、こんな物を建てるな



国を汚して滅ぼす近道!



・少女像の著作権者は、まだ金儲けをしているのだろうか?



・何故これをベルリンに... 何のために・・・

引用元記事:https://cutt.ly/wfM7HMU

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。