海外の反応 韓国


今年2033年に戦力化が予定されている韓国型軽空母に、米F-35B海兵隊用垂直離着陸ステルス戦闘機の選定が有力となっている中、国内防衛産業界で軽空母に搭載する海軍用「韓国型戦闘機(KFX)ネイビー」の開発を検討中であることが確認された。

KFXは2026年に開発が完了する予定で、派生型の「KFXネイビー」の開発も不可能ではないというのが業界と軍事専門家の判断だ。


1

業界と軍事専門家が19日に明らかにしたところによると、現在KFX開発と同時にKFX派生バージョンである「KFXネイビー」などの開発が検討されている。 「予算や技術的側面でKFXのネイビーの勝算がある」という見通しまで出ている。

米国で開発された最新鋭ステルス戦闘機F35は、空軍バージョンがF35A、海兵隊用バージョンF35B(垂直離着陸機能追加)、海軍バージョンF35C(翼折りたたみ機能追加)に分かれている。 「KFXのネイビー」はF-35のF-35Cに当たるわけだ。

「KFXネイビー」が開発された場合、韓国型軽空母艦載機(空母に搭載される戦闘機)の選定が有力なF-35Bとの競争構図になるものと予想される。



これに先立ち国防部は8月10日に「2021~25年国防中期計画」を発表し、F35B級搭載が可能な3万トン級の軽空母の開発を公式化した。軍は、年末までに韓国型軽空母の概念設計を終え、来年から基本設計に着手し、2030年代初めに戦力化する計画だ。 韓国型軽空母は、米国の米国級強襲揚陸艦と外形が類似するものとみえる。

韓国型軽空母事業が巡航する場合、米F-35Bが艦載機に選定される可能性が高い。海兵隊用として開発されたF-35Bに垂直離着陸機能があり、現存する戦闘機の中で唯一、軽空母の離着陸が可能なためだ。 韓国型軽空母には約10機のF35Bが搭載可能だという。

しかし、F35Bの高い価格と低い武装能力のため、F35Bが搭載された韓国型軽空母は、高価な悩みの種になる恐れがあると憂慮されている。 F-35Bの明白な長所は垂直離着陸機能だが、この機能のために大型で特殊なエンジンを装着したために値段が高くなり、武装能力と機動性などが犠牲になったという指摘だ。

軍は2014年、次世代空軍戦闘機としてF-35Aを選定し、40機を7兆4000億ウォンで購入する契約を結んだ。その後、各国で注文量が多くなり、F35A1機当たりの価格は現在1000億~1500億ウォン台、F35Bは2300億~3000億ウォン台を行き来することが把握されている。

軍当局は今後、空軍用F-35A20機、軽空母用F-35B20機を追加輸入する計画で、関連予算を約8兆ウォンと推算しているという。 しかし、英国やトルコ、イタリアなどF-35Bの購買意向国がF-35Bの購買量を縮小したり購買計画を取り消している為、今後F-35Bの1機当たりの単価がさらに高くなるという見通しまで出ている。 軽空母用予算のうちF-35Bを購入する予算だけで5~6兆ウォンに迫る可能性があるということだ。

これに船体建造予算、空母用最新鋭ヘリ予算などを加えると、軽空母予算が10兆ウォンに迫ることになる。 10兆ウォンであれば、軽空母ではなくF-35Cを運用する正式な航空母艦を運用できる金額だ。 このため、軽空母を正式に空母として開発する可能性とともに、艦載機の候補範囲が「KFXのネイビー」または「F-35C」などに拡大される。


 韓国の反応 



韓国は軽空母では無く、中空母にしなければならないんじゃないの?イギリスと同程度の6-7万トン位が良い



軽空母は使い道がなくて既存保有国を退役させる傾向だったが...



KFX事業は異変がない限り成功するから、時期的にkfxネイビー開発は可能だと思う。F-35bは効用性とコストパフォーマンスで最悪、したがって良い選択である



軽空母には蒸気式カタパルトが必要で、7万トン級の原子力推進空母にならなければならない、韓国は船舶技術に7万トンクラスを作れるし、原子力空母にすれば、KFXネイビーに、従来の軽空母+F35bと比べて維持費がほぼ同じか、安いかも知れない



・中空母にF35cで行きましょう、射出機は米国と交渉して



韓国海軍が北朝鮮の対潜戦力の制圧可能な水準に到達した後、軽空母を建造しなければならない、今は軽空母ではなく、原子力潜水艦を建造することが優先だ



未来の自主国防の大洋海軍と航空産業の極大化のためには、必ず電磁式カタパルト離着陸方式の技術習得が絶対的に必要であり、中・大型空母にF-35Cと韓国型KFXネイビー混合型艦載機を中・大型空母に搭載してこそ、最上の空母戦団になる事が出来ます



交渉戦略としてもいいし、作るふりをしても35Bの購入価格が低くなるだろう、低くならなければ実際に開発して


・道は遠くても自主国防に向けた根気のない投資が必要だ!



・何でもみんな僕たちの手で作ろう



軽空母は、図体の大きい標的に成り、F35bの攻撃力も落ち、早期警報機も離陸せず、「金食いカバ」に過ぎない、今は原子力潜水艦をより多く建造して、その後中型空母に行きましょう



国産の垂直離着陸機は内需向けしか無くて非合理的、軽空母より原子力潜水艦の方が効率的で、周辺国に強いイメージを与えることができる



・ネイビーも国産化しよう!ファイトです!非理なく無事開発を応援します!



・KFXまだ空軍型試作機も出てないのに、どういうこと?このままでは開発の山になる



エンジンを開発して、米国がエンジンを売らないと言い出したらどうするんだよ?



どうせ作るなら、お金を使ってちゃんと作れ、10年後の国際情勢がどう変わるか分からないが、たった3万トン級?10年後には中国で10万トン級が出る



・KFXを間違えれば、空軍は爆亡だ



・空軍用もまだなのに… 海軍用?



・日本が備える海上兵力にある程度合わせる為にはしょうがないね



・でも軽空母がなんで必要なのか?お金を食べるカバに無駄になりそう

引用元記事:https://cutt.ly/agk8CF0

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。