海外の反応 韓国


日本語の一つで外来語表記などに使われる「カタカナ」が新羅に由来するという点を立証する資料が発見された。

NHN放送によると、広島大学の小林義則名誉教授と韓国の研究チームは740年頃、統一新羅から日本に渡った仏教である「大方広仏華厳経」でカタカナの起源とみられる文字を発見した。


1

現在、日本の奈良市東大寺が所蔵しているこのお経は、墨で書いた漢字の横に木や象牙を削って作ったペンで痕跡を残す刻筆を活用した発音法が360余り表記されている。

小林教授は「漢字を読みやすくするために書かれたこれらの文字が新羅時代の文字」とし「漢字を縮約して発音を表示するために作ったカタカナの起源が韓半島である可能性がある」と推定した。

日本の学界ではこれまで片仮名が平安時代(794-1192年)に日本で作られたという主張が主流だった。 したがって、今回の発見はカタカナの起源を明らかにする新たな手がかりとして注目されている。



2


 韓国の反応 



これはずいぶん前にドキュメンタリーで見た内容ですね



漢字の部分画を利用して、自国の発音を表示する方式は、漢字を知って居る周辺民族は大部分使った方式です。日本語はこれをずっと発展させてアルファベットに似せて、それで固有語をたくさん保存出来た



韓国は初めから漢字を(部分的ではなく)完全に教育する方式を使っていたが、ハングルまで創製されて、ハングルがこの様な発音表示方式を無くしてしまったのです。我々は日本より早く漢字を受け入れて、逆説的に漢字の単語をたくさん使ってから、固有語がたくさん消えたのです



最近でも日本の著名な学者が再び話をして既成事実の様ですが、現在右翼勢力と日本政府が口を塞いでいる状態です。実は歴史的に三国時代までは全体的に日本が未開だったので、新羅、百済の影響をたくさん受けたということは日本の知人も認める



日本に高麗、朝鮮が文明を伝えてしまい、国力が逆転してしまうと、日本の奴らはカタカナが新羅の影響を受けた事を否定する様になる



カタカナは、主音符号と漢字の読み方を表記する為の記号を作って書いています



吏読、口決などはどうせ漢字から取って来て、漢字で表記できない語尾の様な物を代わりに使うのです



韓国と日本は互いに文化をやり取りした関係です。中国で漢字文化が広がっている時は、我々が先に受け取って日本に渡る様になった


逆にヨーロッパからヨーロッパ文化が入ってきた近代には、ヨーロッパ文化の各種用語を日本の蘭学者たちが東洋の漢字で翻訳し、その用語を韓国が使う様になったのです



韓国と日本はお互いに教え合った仲なので、誰が元祖なのかという論争で激しく争うのは、私はちょっと苦手なんです



王仁(※百済から日本に渡来し、千字文と論語を伝えた人物)が日本に学問を教え、崇めるられて居るのにあまり知られていませんでした



日本に千字文を持って文字を作った王仁を「学問の始祖」と崇める



韓国から日本に伝わったのは両国の交流で、日本から韓国に来たのは元祖ですか?



・日本のお陰で近代化、経済発展などの韓日垂直的な関係文を掲示板でたくさん見て、両国交流という水平的表現がとてもぎこちなくて不便に感じますね

引用元記事:https://cutt.ly/2gxZALq

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。