海外の反応 韓国


<アンカー>
「東アジアで韓国空軍だけが保有している長距離空対地巡航ミサイル、ドイツ製タウルスです。射程が500キロ以上なので、大田(テジョン)上空から撃っても、北朝鮮の主要地域に到達することができます」 だから北朝鮮が警戒する武器でもあります。「タウルス2を共同で発展させようと、ドイツから提案されましたが、うまくいけば、韓国型戦闘機KF-X事業にも役立ちそうです」。



1

<記者>
我が空軍の主力戦闘機F-15Kがタウルスを装着して飛び立ちます。

海上を低く飛び、無人島の頂上の標的の中央を突き破ります。

500km以上飛んで強化コンクリートの床も貫通して爆発するタウルスミサイルは、東アジアで韓国空軍だけが保有している超精密、長距離空対地ミサイルです。



2

ドイツのタウルス社は、射程距離を600キロ以上にする一方、重量を減らしたタウルス350K2の開発に着手しましたが、韓国との共同開発を進めています。

「ちょうど、武装力の強化が切実な韓国型戦闘機KF-X事業とのシナジー効果が期待されます」

軽くて強力だという長所のため、350K2を韓国の手で作ることができれば、KF-Xやすでに戦力化したFA-50に安くつけ、攻撃能力と輸出競争力を画期的に高めることができます」

国防科学研究所も、開発難易度の高い長距離空対地ミサイルを海外企業と共同開発する案を念頭に置いているという。

「国防部と合同参謀本部が同意すれば、タウラス社と国防科学研究所が国内で共同開発に乗り出す見通しです。


 韓国の反応 



いざ開発しても、ミサイル輸出の際ドイツがブレーキをかければ頭が痛くなりそう


大変で難しくても100%国産が良いのですが、正直、こういう技術を知らないので難しいのは分かるが、なるべく自国技術で克服して乗り越えて作ろう!



わあ、このミサイルは金正恩を攻撃するのに最適ですね



ドイツもこの様なミサイルを売れる国は少ない様だ。結局こんなミサイルを買いそうな国は韓国しか無い様だが
関連:韓国人「韓国VS日本の戦争は、長期戦に行っても韓国が勝ちます」→「韓国の玄武ミサイルで東京都庁、新宿駅を直撃し、新幹線や地下鉄が麻痺」 韓国の反応


タウラス1も実際の射程距離が500kmを超えるね、500km以上ということを見ると…



・一千キロでも開発しろ!自主国防!



韓国に空対地ミサイルの技術は何があるのか?


100%国産化達成するなら、一緒に販売して、そうでなければ一緒にしない重要な部品を無条件40%以上ドイツ産にしようと言うだろう
関連:韓国人「韓国軍VS日本自衛隊」外部の助けなしに、韓国軍と自衛隊が戦ったらどちらが有利でしょうか? 韓国の反応


・ミサイル開発は、未来の戦場に核心兵器である様に、人が危険地域に行かずに主要軍基地を集中攻撃する兵器が多く開発され、量産する国家が未来強国ではないでしょうか



空対地はあまりにも重要だ。空対空も必ず開発して欲しい



韓国軍は武装が心配でしたが、必ず成し遂げられることを願います



・大韓民国ファイト



現在、韓国LIGネクスワンは、2029年配備を目標に8100億ウオンを投入し、射程600KMの長距離空対地ミサイルを開発中です。ステルス性能や射程距離の精度はタウラスより優れています



ドイツのこの様な提案をするのは、防衛産業界から競合他社を除去する方法です。共同開発や技術提携により、競合企業の独立性をなくす効果もあります。

ドイツとタウラス2を共同開発すれば、ドイツが技術的にも費用的にも先導することができ、韓国はその分、研究人材や研究施設への投資が減ることになります、これが時間が経てば主従関係になり、従属的になります。そして韓国業者は枯死されます
関連:【動画あり】韓国人「これが韓国軍の威力だ!」韓国軍の玄武、天弓ミサイル、K-9自走砲の破壊力をご覧ください 韓国の反応


例えば、KFX事業 韓国-インドネシア共同開発で、主:大韓民国 従:インドネシア[核心技術移転x、独自生産および海外輸出権限x]の様に成るでしょう



特にドイツはK2戦車やK9自走砲にもタックルをかけているので残念です。あちこち手を付けようとして、LIGから断られたみたいですが



こんな記事を見ると、とにかく良い武器を輸入しようと単純な人は考えますが、すでに韓国は、超音速空対地空対艦ミサイル開発に対する長期ロードマップが樹立されています



・韓国が購入すれば広告効果



KFXで我が国がインドネシアをリードするのと同じ様に、主目的販売先の拡大

引用元記事:https://cutt.ly/Jhp9i41 https://cutt.ly/yhp9oN2

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。