海外の反応 韓国


スレ主

任天堂とセガの第4世代コンソール大戦を扱ったドキュメンタリー映画予告編。

1990年代の米国のゲーム市場について、任天堂ファミコンとセガジェネシス(日本名メガドライブ)のゲーム機戦争を描いたドキュメンタリー映画です。

インタビューでは、任天堂米国支社のハワード・フィリップスと当時のセガ米国支社の副社長である豊田信夫が出演しましたね。

日本語吹き替えの予告編なんだけど…日本では12月4日、現地のOTT業者のユーネクストを通じて公開される予定です。









 韓国の反応 



夢の第4世代機…本当にすごく好きだった



個人的にはその次の時代のサターン、プレステ、任天堂64時代の話も後で作られると良いと思います




すべてのコンソールの中で一番好きだったのがメガドライブ



・セガの歴史



当時が一番ゲームを面白く遊んだ時代です



任天堂が出てきて、セガの名誉ある敗北、良く見たらセガが愚かなことばかりして自滅したが…



商売ができる奴とできない奴の戦争だった時代、中々上手だった奴も潰されて炸裂した時代


似た様なコンソールを扱ったドキュメンタリーが、ネットフリックスにもありましたよ



ネットフリックスでも、ゲームのドキュメンタリーシリーズを扱っていましたが、短すぎて残念でした



PS3と360の戦い以後、PS4とEXOの戦い、ドキュメンタリーで見たけど、当時、セガのメガドライブは、ソニック以外にヒット作が余りありませんでした



セガにはアメリカ式のヒットゲームが多かったけど、北米のゲームに関心のない韓国人はよく知りません



そうですね。個人的な考えですが、それでもセガは任天堂の独占作に当時も押されていた気がします

引用元記事:https://cutt.ly/2haa9LZ https://cutt.ly/uhaa8Do

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。