海外の反応 韓国


韓日関係の危機は、社会的に嫌韓現象を煽り、韓国と在日韓国人に対する偏見として表れている。嫌韓による傷を癒すため、嫌韓心理に注目しようと思う。

2019年10月15日、『ニューズウィーク』の日本語版には「嫌韓の心理学」という特集記事が掲載された。 嫌韓現象と関連して、ドイツの社会学者アドルノの理論が紹介された。

アドルノによると、権威的人格とは権威に向けた服従、他者に対する不信、反民主的なイデオロギー(特に全体主義)などを受け入れやすい性格をいう。脆弱な自我しか持てない現代人が自己防御のために権力に服従し、他者には不寛容で厳格になるという理論だ。



1

さらに社会的支配志向性とは、集団間のピラミッドのような上下関係で現われる位階秩序をいう。優越意識を持った民族は外国人に排他的な態度で一貫するというのだ。また、他の研究では集団的自己陶酔があるが、集団的ナルシズムとは他の外部集団より自分が属した集団に他の集団より非現実的に高い評価をすることを言う。関連調査では、集団的ナルシズムが強い人は嫌韓傾向が高いという結果が出た。

嫌韓の程度は時期によって異なり、解放後の韓国と植民地時代の朝鮮とは異なる結果となっている。 植民地時代の特殊性を考慮しなければならないが、1941年の調査結果では、朝鮮人と日本人は少なくとも表面的に協力的な関係にあり、このため日本人の朝鮮人に対する態度も同盟勢力であるドイツとイタリアに続き肯定的な評価として表れている。しかし敗戦後、朝鮮半島に対する支配力を失うことになり、否定的な態度が拡大することになる。



朝鮮戦争後、1990年代半ばまで、日本は少なくとも外形的には持続的に成長した結果、韓国とは所得において差があった。メディアを通じて「嫌韓」を強調しなくても、韓国に対する優越意識が潜在していた。

1990年代の冷戦終結とともに韓国がソ連と中国、東欧国家と国交を結び、外交的半径が広がっている中、日本とは慰安婦被害者問題などで歴史清算問題が台頭した。これは日本との新たな葛藤が始まったことを意味する。2000年代に入って韓流文化が流入し、ワールドカップ共催するなど、韓国に対する肯定的な態度が形成された。

一方、日本主力の輸出産業である自動車や半導体などの経済分野で競争が激しくなり、韓国に対する否定的な態度が深まる。つまり、歴史問題による葛藤に経済分野の競争が加わる。

一時、世界の半導体事業を掌握した日本だが、韓国の半導体分野の躍進に対し、羨ましがりながら見習わなければならないという点と、これを乗り越えようとする意識が共存していた。こうした中、2019年に半導体部品に対する輸出規制が行われたのだ。

解放後、韓国では植民地支配に対する否定的な認識を背景に反日教育が強調された。国交正常化以降、韓日間交流と親善が続いたとしても、私たちの内面の反日は隠せなかった。これを意識して、日本国内でも嫌韓気流が形成され、対抗してきたのも事実だ。

冷戦時代、日本の保守右派は韓国を支持する構図だった。しかし、彼らの中には「韓国ヘイト」と表現される嫌韓に傾く人も増える。「ヘイト」は憎悪するという意味だが、日本では特定の外国人を憎む度合いが強いという表現でも使われている。過去に韓国を数回訪問し、韓国に対する親近感を持っていたという事実を隠そうとする人も増えている。この様な意味で彼らを「シャイ・ヘイト・コリア」と呼ぶことができる。

最近「シャイ・ヘイト・コリア」が増加した理由がある。元々ネット右翼というインターネットメディアや一部保守系雑誌や中小出版社など限られたメディアを通じて嫌韓の普及ルートが形成されていた。ところが嫌韓コンテンツが大衆雑誌や地上波でだんだん拡大して伝播し、一般人が受け入れる概念で日本大衆に定着したからだ。


 韓国の反応 



日本は歴史教育をまともにしないから、日本人は自分たちが戦犯なのか知らない


日本は、歴史を忘れた民族は未来がないということをすぐそばで見せてくれている



嫌韓は内面に潜む韓国に対する劣等感のためだ



嫌韓は自尊心の低い日本人が、自尊心を求める未開の方法だ。これは日本人の民族特性



Yahoo! JAPANのニュースを見ると、日本の嫌韓は韓国のマスゴミが造成してマッチポンプをしているのが全部見える
関連:ユニクロ会長「このままでは日本は滅びる‥」「日本は中国と共存しなければ生き残れない」→「日本は没落の道に入った」 韓国の反応


歴史的には劣等感の表出で、政治的には外部の敵を作る作業だ



日本人は裏と表が異なる民族、上辺だけ礼儀正しく秩序を守る


日本は何時も韓国が自分達の下であると思って居たけど、今はそうでは無く成ったので危機意識と嫉妬心だよ
関連: 韓国人「日本は謝罪と賠償をせよ」徴用賠償問題解決、韓国は特別法を作り日本は謝罪を 韓国の反応


・韓国の保守と同じだ。加害者が被害者に何か言われ嫌がる心理



とにかく日本は歴史的に我が民族から絶えず奪って来た国なのでいつも警戒しなければならない



経済的観点では、嫌韓というよりライバル意識と見なければならない



最も直接的な理由は、日本政府が日本の近現代史で日本がよくやったことだけを詳しく学校で教え、日本の歴史的蛮行、汚点については言及しなかったり、一行の文章だけで数十年間生徒たちに教えてきた為、ほとんどの日本人は韓国を含むアジア諸国にどんなことを犯したのか知らない



また日本人には、関東大震災の時、朝鮮人が放火と暴動を犯したというデマをまだ信じる人が多く、歴史的被害者である韓国が加害者である日本に被害賠償を主張し続ける理由を近現代史を知らない日本の右翼、保守が韓国が嫌いだからだ
関連:韓国人「日本人は無慈悲にアシカを殺した」日本人の乱獲によって絶滅した独島アシカが鬱陵島にも住んでいた事実が遺伝子分析で明らかに!」 韓国の反応


・日本の未来は暗いし



僕たちが反日して嫌韓ができたと思って居る?



日本の嫌韓は、ドイツがイスラエルを憎んでいる格好



日本の奴らは政治に関心が無いからこうなるのだ



・猿は人を苦しめます



日本に備えて国力を育てよう、できなければまた侵略される
関連:韓国人「韓国の英雄李舜臣将軍が『倭寇は狡猾な獣』と発言!しかし何故日本人は『李舜臣』を尊敬するのか?」 韓国の反応


日本は権力を維持しようと愚民政策を展開し、日本人は政治に関心がない、そして日本政府は政権維持のためには国民が貧しくなることも厭わない、その不満をなだめるには、憎しみの対象が必要だが、それが韓国になる



・国民を「犬豚」と見る日本政治の遊びに国民が振り回された結果です

引用元記事:https://cutt.ly/5hkEzV8

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。