海外の反応 韓国


●事業不安要因を聞いてみたら
日中は「貿易葛藤・成長鈍化」
韓国は反企業法・政治に不満強い


「過度な規制」を韓国経営者たちが今年の不安要因に挙げた項目だ。

コロナ19や米中貿易葛藤のように統制が容易でない要素が企業を締め付けているというのは韓国、中国、日本の経営者の共通した見解だったが、唯一韓国でだけ「過度な規制」と「政治、政策不安」が重要な不安要因として指摘された。

産業界の声が十分に反映されないまま、昨年「企業規制3法」(商法、公正取引法改正案、金融グループ監督法)が成立するなど、企業を締め付ける規制がさらに厳しくなっていることを示している、という解釈が出ている。

関連:


1

毎日経済新聞、日本経済新聞、中国環球時報は先月、3カ国の主要企業経営者290人(韓国106人、日本84人、中国100人)を対象に経営・経済環境に対するアンケートを実施した。

韓日中で大きな違いがある項目の1つが「企業が直面した経済不安要因」(複数回答)だった。この質問で日本の経営者は△コロナ19による内需不振と輸出減少(79人)△米中貿易葛藤(36人)△デジタル革新能力不足(11人)の順だった。中国経営者はコロナ19(59人)よりも米中貿易葛藤(70人)を多く挙げた。



韓国経営者の心配事は中国・日本とは違いがあった。韓国もコロナ19(81人)が最大の不安要因となったが、△過度な規制(41人)、△政治・政策不安( 29人)が続いて米中貿易葛藤(22人)を抜いた。韓国経営者はグローバル市場を揺るがす米中葛藤より、国内規制と政治・政策不安をより大きなリスクと考えているわけだ。日本人経営者の回答のうち、「政治・政策不安」は4人、「過度な規制」は2人にとどまった。

全国経済人連合会(全経連)のユ・ファンイク企業政策室長(常務)は「対外経済環境が悪化する中、昨年いわゆる企業規制3法など企業を圧迫する法案が通過したのに続き、今年も似たような傾向が続いており、経営環境に不確実性を増している」と分析した。

田中康・緒方貞子平和開発研究所顧問は「韓国経営者が「政治不安」をたくさん挙げたのは、韓国社会がまだ過去の停滞から抜け出せずにいることを示している」と説明した。不況を克服するために必要な政府対策として、日本の経営者たちは自営業など衝撃が大きい部門に対する補助金(37人)と雇用維持のための企業補助金(33人)を挙げ、中国は金利引下げ(51人)要求が最も多かった。これに比べ韓国は「規制緩和・法人税引き下げなどを通じた投資拡大誘導」(73人)を望む声が圧倒的に高かった。

イ・ギョンサン大韓商工会議所経済調査本部長は「中国経営者が金利引下げを挙げたのは負債が持続成長の負担になっていることを示している」とし「韓国では税金・規制と関連した企業環境が悪くなっているという認識が表れている」と分析した。

「コロナ19」に対応する自国の経済対策・景気浮揚策について「よくやっている」と評価した比重は中国が96%で最も高く、韓国(27.3%)と日本(26.4%)は同じだった。しかし、「間違っている」という割合は韓国(31.1%)が日本(12.5%)より大きく高く、相対的に韓国経営者の不満が大きいことが分かった。


 韓国の反応 



中国のジャックマーは?中国は共産党が怖くて何も言えないだけだろ?


中国は、企業家が気に入らなければ死刑にする



・企業を活性化させ、雇用を創出しなければならないこの時代に、むしろ企業の活性化を阻害し、雇用は減り、利益共有制でまた企業を苦しめるとは、誰が企業をするだろうか



・最近コロナという零細業者の困難については毎日ニュースで出ているけど、コロナで会社が難しくて企業が廃業に追い込まれているのに、こんな差別の中でどうやって企業するのか!


・政府の政策がちょっとやりすぎだと思う時が多いです。大企業は大企業で世界市場で成長できるように置き、政府は中小企業の発展に力を注いで企業の全般的な上向き平準化を図らなければなりません。ところが韓国政府は、「中小企業の配慮」という言葉で、大企業を強圧的に押さえ、企業界全体を下向き平準化させているようです



・企業が大きくならなければ最初からだめな企業だったと言い、企業が大きくなればすべて政府と国民のおかげだから社会に還元しろと言い、ふふふ


中国企業家の不安要素に生命の脅威追加要望


中国共産党に苦言を呈し、企業が空中分解するようになったジャックマーは見なかったのか?



・これを見て、韓国の政治家たちは覚醒しなければならないことは確かだが、本当に企業叩きが深刻で、後に中国よりも酷く成る事もあり得る



・韓国は選挙をうまくやらないといけなかったのに



・ゲーム産業の規制緩和、これから半導体よりゲーム産業が大きくなる


・規制のほとんどがゲームである



・中国の統計数値はいつも極と極を走っている様だ



・それがまさに国力+外交力



・全経連の機関紙らしいね


・文政府は、大韓民国の発展よりも、ただ権力追求にだけ関心



・若者が今後どの様に生きていくべきか



・だから中国は企業家が気に入らなければ死刑と拘禁するが、そんなことは比較しないのか?

引用元記事:https://cutt.ly/GjnT23f

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。