海外の反応 韓国


●世界主要国GPS独走から脱しようと、独自開発
●「我々は予備妥当性を検討中」


衛星航法システムは、衛星から送る信号を受信し、ユーザーの現在位置を計算する。衛星が信号を送った時刻とその信号が受信機に到達した時刻の時間差に電波の速度をかけると衛星と受信機の間の距離が分かる。衛星が3基あれば、地球上で緯度、経度が分かり、衛星が4基になれば、高度まで知ることができる。衛星信号はビルや山を通過できないため、衛星の個数が多いほど正確度と安全性が高くなる。

関連:


1

●軍用のGPSでは民間活用に限界

衛星航法システムの代名詞は、米国が運営するGPS(Global Positioning System)だ。米国防総省が1960~1970年代にミサイル誘導など軍用のために開発したこの技術は、1980年代に民間に開放された。その後、GPSは、カーナビを始め、スマートフォンのアプリが提供する位置基盤サービスの基盤インフラとなった。

GPSを民間が無料で使えるが、根本的には米国の軍用という限界がある。軍事・政治的目的によってサービスが中断されたり、質が低下する可能性がある。実際、99年にパキスタンとインドが領土紛争をした当時、米国はインドのGPS接近を拒否したり、サービスの質を下げた。



このため、主要国は独自の衛星航法システムを構築、または構築している。ロシアの「グローナス」 (1995年完成)や欧州連合の「ガリレオ」(2025年完成)、中国の「北斗」(2020年完成)はGPSのように地球全体をカバーする全地球衛星航法システムである。日本のQZSS( 2023年完成)、インドのナビック(2018年・サービス未開示)は、特定地域をカバーする地域衛星航法システム(RNSS)である。

中国がベイドウを完成させたが、現在、グローバル衛星航法システムを完全に稼動しているのはGPSが唯一だという。韓国も、韓国航空宇宙研究院を中心に、韓国型衛星航法システム(KPS)の構築に向けた研究を進めている。現在、予備妥当性の検討が進められている事業で、今年4月に審査が終わり、事業推進が決まれば、22年から開発を開始し、35年に完成する予定だ。研究開発を指揮する許文範(ホ・ムンボム)航空宇宙研究院衛星航法事業部長からKPSの意義を聞いた。

- 主要国が衛星航法システムの構築に乗り出した理由は。

「米国の軍事用インフラであるGPSは、1983年のKAL機撃墜事件をきっかけに民間に開放された。飛行機の航法装置が故障し、誤ってソ連領空に入ったが、当時レーガン大統領は、衛星で正確な位置が分かれば、航路離脱を事前に防止できると判断し、民間開放を決定した。最初は航空運航にだけ使うと思っていたが、今は携帯電話の基地局の時刻同期(地上局間の時間をレーザーと人工衛星を利用して精密に同期する技術)、金融商取引の時刻同期に使う。金融だけでなく陸上と航空、海洋交通は言うまでもなく、われわれがよく知っているドローンや自動運転車など第4次革命にも衛星航法は必須だ」。

- 正確な位置情報が重要な理由は

「陸上交通が知能型交通システムに移行し、リアルタイム位置情報が重要になった。現在の車両センサーは車線を維持し、前の車が停止したり、人が飛び込めば停止し、事故を予防する機能はうまく遂行するが、問題は自分がどこにあるのか正確に分からない。今のGPSは、信号が広いからだ。GPSの誤差は現在17-37メートル水準だ。例えば、自律走行をする際、進出路を控えて信号が飛び、実際の位置より左に20メートル移れば、いきなり車を止めることができる。自動走行が可能なためには、現在より安全かつ迅速かつ正確でなければならない。欧州と日本、中国の衛星航法システムはセンチ級の超精密位置情報を提供する予定だ」。

-KPSが必要な理由は。

「自動走行車をハッキングして丸ごと拉致し、テロに悪用することもできる。これを防ぐため、衛星とやり取りする信号を暗号化するユーザ管理機能が検討されるが、有料化される可能性が高い。国際標準制定の動きも考慮すべきである。標準を作れば、先導国が開発した通りに従わなければならず、技術も従属される可能性が高い。

現在、国連傘下のICGで、グローバル衛星航法システムの標準を制定する動きが起きている。互いに信号の混乱を防ぎ、相互システムの互換が可能なように品質基準を定めようということだが、結局は参入障壁を高めることだ。後発走者がこの体制に入るためには、さらに多くの努力と費用がかかる。衛星航法に使う周波数帯域も制限されているが、いっぱいになれば入る余地がない。今が入る最後のチャンスだ。独自の衛星航法システムがなければ、第4次革命の先導的役割を果たすことはできず、他人の与えるまま受けるしかない」。

-KPS事業にかかる予算は。

「グローバルシステムには金がたくさんかかる。地域航法には衛星7~12機程度が必要となる。韓国の場合、静止軌道衛星と傾斜軌道衛星を活用し、朝鮮半島中心にサービスを行う。予打中のため正確な衛星の数と予算を述べることは難しいが、4兆ウォン台前後と予想される。グローバルサービスを行うガリレオと中国の場合、20年程度の開発期間に10兆ウォン程度の予算をつぎ込んだ。日本も2002年に着手し、2023年に完成する予定だ。衛星航法は「システム中のシステム」と呼ばれる。衛星システムと地上システム、ユーザーシステムの体系を備えるのに難易度が高く、それだけ時間がかかるためだ」。

-GPSと相互補完体制に向かうと聞いたが。

「GPSのような信号を送ってソフトウェアさえアップグレードすれば、ハードウェア(スマートフォン)の交換なしにKPSを使うことができる。衛星の数字が増える効果があり、GPSだけを使う時よりも正確で安全だ。KPSの傾斜軌道衛星は、我々の頭のてっぺんまで上がる。衛星航法で位置を決定するには4つ以上の衛星がなければならないが、都心ではビルの森に隠れて4つの衛星が映らない時がある。

KPS衛星が加わることで、都心でも安定的に衛星航法を使うことができるのが最大の魅力だ。追加費用なしにメーター級の精度を確保できる。商店の前を通る時、広報チラシが自分の携帯電話に表示されるほどだ。ハードウェアを追加すれば、無人自律車に必要なセンチ級まで位置情報を提供できる」。

- 各国の競争構図をどう見るべきか。

「ほとんど戦争だ。このため、戦略的な面でも米国と手を握った方が有利だ。欧州をはじめとする周辺国との二国間・多国間協力でサービスを拡張できればよりよい。」


 韓国の反応 



仕事をしない国会議員の議席数を3分の1に減らし、KPSは必ず作らなければならない


・国会は仕事もしないで歳費だけをもらっていく乞食たちだ。無労働無賃金の原則が守られなければならない



・中国と日本が大騒ぎすることなら、無条件しなければならない



韓国型衛星航法システム


・昔はカレンダーが覇権を握る皇帝の権利であり、今はGPSです。必ずKPSをしなければなりません



GPSは一般用と軍事用の情報が違う。友好国に支援する軍事用はより正確で、戦争時にはより良い情報を提供する。しかし、米国の軍事用はこれよりもっと正確な情報を使う。だからKPSが必要なのだ



・このような分野がまさに借金をしてでも、投資しなければ成らない分野です


「技術力はすなわち国力」という言葉がGPSで100%通じる



・積極的に支持し、応援します


技術独立は韓国がより発展できるきっかけになるでしょう。今莫大な資金がかかってもいいです



・反対する人たちは技術の重要性を知らない近視眼を持っている人たちです


35年?月探査より遅いね、アメリカの顔色を見ながらこっそりと奪おうとする感じは何だろう?



独自の衛星航法装置は必須だと思う。武器もそうだし他人のものを借りて独自の軍運用ができるか?



・この話は昔から出ていたことではないですか、もうそろそろ始まるみたいですね



中国と日本、両方とも独自の衛星航法システムを備えているそうです


この事業、かなり前から進めていたんじゃない?まぁ、結局はGPSから離れて、独自の衛星システムを構築する必要もあるみたいです



いくら最優先同盟国であるアメリカの物でも、他国のシステムに依存するのは問題があるのではないかと思います



・拉致は思いもよらなかったんですが、自動運転中に拉致されたら身の毛がよだちますね...

引用元記事:https://cutt.ly/3jnAPaw https://cutt.ly/5jnASvn

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。