海外の反応 韓国


高宗の虚勢を想起させる文大統領の6兆ウォン軽空母ショー

文在寅劇場、ポピュリズム政権とはいうものの
6兆~10兆ウォン投じて不用意にも韓国軍の戦力を害する軽空母ショーまでやるとは思わなかった

高宗が1903年に3400トン級の軍艦を海外から購入したという意外な事実を、本紙の朴鍾仁(パク・チョンイン)記者の記事で読んだ。その軍艦は80ミリ砲4門で武装していた。今の韓国海軍の次期護衛艦が2800トン級で全長122メートルに達するので、3400トン級といえばかなりの規模の軍艦だ。

関連:


1

当時、朝鮮は世界の最貧国だった。国とはいうが、既に崩壊した状態だった。海軍はもちろん、陸軍すら有名無実だった。そんなありさまでなぜ、どういう資金で運用するつもりで3400トン級の軍艦を購入したのか。答えは、当時の国防長官の上疏(じょうそ、事情を書いた書状を上にたてまつること)にある。

国防長官は高宗に「大韓帝国は3面が海なのに1隻の軍艦もなく、隣国に対し恥ずかしい」と訴えた。軍の作戦上の必要に対する言及はなく、「恥ずかしいから」軍艦を買おう、と言った。同年4月にこの軍艦が済物浦港に入った。「揚武」号だ。



ところが揚武号は、一度たりとも軍の作戦に投入されたことがない。航海自体がなかった。もともと作戦用ではなく誇示用だった。最初にしておそらく唯一だったであろう任務は、高宗の即位40年を祝う礼砲の発射だったという。それさえも発射できなかった。

調べてみると、いい加減に修理したぼろ船だった。これに、年間の国防予算の4分の1を使い果たした。管理費や利子も出せなかった。高宗は軍服まで外国から輸入した。高宗にとって軍隊は、虚勢を張る誇示用だった。最近の言葉でいえば、ショーの道具だった。

韓国の文在寅大統領が、艦載機十数機の軽空母を配備するという。専門家らの反対でもたついているようだが、最終的に軽空母事業を強引に軍の中期計画に含ませた。韓国国民の税金6兆ウォン(現在のレートで約5700億円。以下同じ)台が投じられる事業だ。実際には10兆ウォン(約9500億円)を超えるだろう。

このニュースを聞いて高宗の揚武号が思い浮かんだのは、この軽空母を巡る韓国軍の作戦上の所要が何なのか分からないからだ。空母は基本的に、広い海域の制空権を握るための戦力だ。米国、英国、旧日本、ロシア、フランス、イタリアなど海が広く、海外領土を持っていた国々に必要だった。

最近中国がこれに加わっており、日本も空母再建に乗り出した。中国は海岸線の長さだけで1万キロに達し、日本はEEZ(排他的経済水域)が韓国の8倍を超える。九州から太平洋の南鳥島までの距離は1800キロに達する。韓国は、守るべき海が広くない。陸上基地から発進する戦闘機が東海、西海、南海のEEZのどこであろうと速やかに到達する。空中給油機の配備で独島、離於島も十分な作戦範囲内に入った。韓国そのものが空母なのだ。

韓国政府は、軽空母で東南アジア方面の海上交通路を保護するという。海上交通路の保護は、米国を筆頭とする国際社会全体の課題だ。マラッカ海峡のような海上交通路を遮断するとしたら世界に対する宣戦布告だが、今そんな国がどこにあるのか。軽空母一隻で海上交通路を守るというのも話にならない。空母は自らを守ることはできず、駆逐艦・潜水艦などと艦隊を組まなければならない。別途の早期警戒機も必要だ。北の脅威に対応するのも多忙な韓国が、こんなことをできるのか。何をしたくてこの巨額のカネをばらまくというのか。

韓国政府は、北朝鮮のミサイルが韓国空軍の基地を破壊した場合に備えるという。韓国の空軍力の95%が陸上にある。十数機の戦闘機を載せる軽空母の戦力は5%にもならない。軽空母に使う6兆ウォンがあれば、戦力のほとんど全てがある空軍基地の防御力を画期的に高めることができる。

射程距離が数百キロに達する超音速、極超音速対艦ミサイルの開発も早まる。もし中・日の空母が韓国の領海を脅かすのであれば、じきに開発される韓国の超音速対艦ミサイルを覚悟すべきだろう。ところが中・日は既に超音速対艦ミサイルを保有している。軽空母は作戦上の利得が少なく、危険は極めて大きい、6兆ウォン台の大型標的だ。

さらにとんでもないのは、軽空母用のF35B戦闘機を購入する一方、既存のF35A戦闘機の購入を後回しにするということだ。垂直離着陸機のF35Bは、値段がF35Aより実に50%も高いが性能はずっと低い。北朝鮮の地下バンカーを破壊する1トン級の大型爆弾は積むこともできない。

作戦半径もはるかに狭い。韓国に必要なのは絶対的にF35Aだが、軽空母を配備するといってこの中心的戦略兵器の配備を先延ばしにするのだ。先延ばしにして、うやむやになるだろう。金正恩(キム・ジョンウン)が一番喜ぶニュースだ。

軽空母配備の発表は、日本がヘリコプター搭載護衛艦をF35B搭載軽空母に改造すると公表した後に出てきた。非専門的かつ幼稚な競争心理だと思う。高宗時代になぞらえるなら、「日本に比べて格好がつかない」というものではないか。

実質的な作戦用なのか、虚勢用なのか。タイは虚勢用の空母を配備し、王室の儀典用として使っている。軽空母級のサイズの大型輸送艦「独島」は、既にアジア最大の「行事用」艦艇と呼ばれる。航海の日数より港に停泊している日数の方がはるかに長い。こんな船がもう1隻増えることになった。それでも、予算6兆ウォンを取ることになった海軍は喜び、反対すべき空軍は文大統領の顔色をうかがっている。ショー統領、ショー政権とはいうが、6兆-10兆ウォンを投じて、必要もなく軍の戦力を害する軽空母ショーをやるとは思わなかった。


 韓国の反応 



文在寅の政策は、再来年には全て廃棄される。原発廃棄、空母開発、太陽光設置、数多くの時代遅れの政策が次の政権では無造権廃棄される。その為には、国民が覚醒しなければならない


・南米式ポプリズム政権に進むか、シンガポール式の経済に向かうべきかどうかは国民の声だ



・100年前に戻るか、未来の強国に行くか、選択の岐路に立った



・空母導入より地形に有利なイージス艦、潜水艦体系と対艦、対空ミサイル体系を完成した後にしてもいいだろう



・6兆ウォンで原子力潜水艦を買った方がずっと戦力増強に役に立つと思われます。 中国空母キラーミサイルに練習標的になりそうなのに、どうして導入するんですか?


・北朝鮮の友軍の文在寅、大韓民国を墜落させる文在寅、味方を害する者は敵国を助ける二重スパイ、裏切り者



・現政権と大統領府は、北朝鮮の利益になる行為や政策を自ら自慢するかの様に、厚かましくも行なう実におかしな集団だ。果たして彼らは何のためにあんなにも熱心で勇敢なのか?


・指導者がその資質が疑われるなら、いくら良い意図でも国民は信頼できない、専門家よりも陣営の論理で世の中を理解する者なら、なおさら信じることができない



・裏金を手に入れるためには必要だろう


・ウルルン空港を軍事用可能に拡張建設して、イオドに空港一つ建設すれば空母を作るより良さそうだけど?



空母を作って独島を守るという反日感情の噴出だ。朝鮮半島自体が不沈空母であり、その金で国軍防衛力の向上と先端化に投入せよ、反逆者文在寅を引き出して審判しろ



・税金を無駄にする文在寅弾劾が急務だね!



・次期大統領は、誰がやっても文在寅が残した糞を片付けることは難しいだろう。すっかり国を滅ぼした


・原子力潜水艦の開発も反対だ。得よりは失の方が多い戦略だ。第一に、原子力潜水艦は大洋沖用だ 果たして韓国の作戦領域になるのか?第二に維持管理費用が多い、また数台を保有してこそ戦力極大化が実現する、果たして切迫した戦略なのか?第三に、今後対潜艦追跡技術が発展するということならともかく、近海ではターゲットが自明だが、精巧なミサイル一発でやられれば無駄になるしかないため、費用対他分野育成がさらに必要だ。軍予算の適切性とミサイル開発、先端戦闘機の拡大、ディーゼル潜水艦の先端化および拡大などである



・韓国は、日本、中国を牽制するよりも、北朝鮮に備えるのがまず重要だと思う



・この政府は本当に何を考えて政策を取っているのかさっぱりわかりません



・北朝鮮だけに備えるなら、海軍や空軍の戦力は増強する必要はない、北朝鮮だけが韓国の敵なのか?「国家の潜在的な脅威の存在はすべて敵と見る」軽空母6兆ウオンが惜しいのか?

軽空母を運用することは、それを戦略資産に使うということよりも、運用に必要な経験を持つためだ。こんな非常識的に考えて批判する人たちのために発展がないのだ。

そして独島艦が行事用?基本3隻建造中一隻建造し、実験運用中に李明博が政権を握ってすべて取り消ししたでしょ?一隻では訓練になるの?整備するサイクルが大変だと思いますが


・敵が誰かも知らない軍隊が武器だけ置いて買うのが正常なのか?? 敵は誰か?



・文在寅の退任を待つ必要もなく、 すぐ東部拘置所に送ればいいんだね



・こんな犬🐕奴を一日も早く連れ出さなければならない

引用元記事:https://cutt.ly/jjUiO9z

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。