海外の反応 韓国


スレ主

韓国人はしょっぱい物を食べるのでは無いです。

この様なグラフだけ見ると、韓国人が特別にナトリウムを たくさん摂取しているように見えるが、実は一時、こういう事があったんだけど、それはスープをたくさん食べて、 スープをたくさん飲むから。

スープは塩度を合わせるためには塩がかなり入らなければならないので、スープをたくさん食べる文化がナトリウムの摂取が多い。

関連:


1



こののグラフは2010年基準で、最近はどうかと言うと、かなり減りました。ナトリウムの摂取が体によくないという認識が出回り、汁の摂取が減少。

2

特に若者たちは、過度なナトリウム摂取は体に良くないという認識を持っている為、この数値はますます減る見通し。すでに2017年に3500mg以下に下がっている。

3

全世界のナトリウム摂取現況を見ると、全世界の平均が4000mg程度。

それにアジアはもともと高い方(中央アジアが一番高い)

そして、我々が知っているほとんどの国が3500mg以上だ。

3500mg未満の国は、アフリカや中南米、カリビアンの一部の国だけ。 (凄く貧しい国が大部分)

したがって、最近韓国が摂取する3500mg程度のナトリウム摂取量は、むしろ世界平均を考えれば低い値だ。


 韓国の反応 



アメリカに行ってみると、韓国の味は薄いと感じるかも


・ヨーロッパに行ってもそうです



アメリカがしょっぱいと言っても その食べ物の塊だけがしょっぱいです。我々が食べるスープを煮詰めてご飯に混ぜ、そこにキムチなどのおかずを一食分混ぜてから食べてみてください、なぜ韓国の人々がしょっぱく食べるのかご存知でしょう



・海外に出ると、食べ物がしょっぱくなるけど?


外国に行ったら、本当に食べ物がすごく変だよね、我々は塩辛い食べ物を主食として食べてるからかもね



・しょっぱく食べるのはいいことだけど、韓国の食べ物は味が薄い、ビール、コーラ、牛乳を含む乳製品、チョコレート、お菓子も



・外国のお菓子がしょっぱいんだけど…



本文通り、スープを薄く食べるんじゃなくて、熱く食べるから感じない・・・


・そんな面もあるけど、西洋料理の方がしょっぱいです。僕たちがすごくしょっぱいと感じる塩辛と、ドイツのソーセージの塩度が似ています


一例としてちゃんぽんを見ると…初めて食べた時、すごくしょっぱいと感じないけど、しばらく他の仕事をして、冷めたチャンポンを食べると、汁がどれだけ塩辛かったかに気がつく



・ドイツ人は、ソーセージを キムチの様に食べないだろ



食べ物自体のナトリウムもそうですが、我々は、日常のおかずのほとんどが薬味に包まれていて、塩味を感じないんですよ、だから当然摂取量も増えます


・韓国は、統計自体の問題の為にこんな統計よりもっと多くの量を摂取すると推定するそうです



そうですね、スープ料理が冷めると、口にできないくらいしょっぱいです



・それは正直、他の国も同じだから・・・調査方式が似ていたらそれ同士で比較するのが正しい様ですね



・やっぱり過去の指標だけで生きると誤解しますね~


日本は辛さがほとんどない代わりに、ほとんどの食べ物が甘くてしょっぱいですね、なので実際に日本の食べ物も塩度が高い方です



・韓国料理は辛くて甘いです



辛いと、塩味と甘みを あまり感じなくなるので、塩と砂糖が入ります。パンが甘いのは、 僕たちが甘みが好きだというよりも、海外は主食として食べ、私たちはデザートとして食べるからです。日本のパンの影響を受けたんです



・アメリカのKFCに行ったら、本当にしょっぱくて食べられないところでした。 震える


・イタリアでパスタを食べてみても、 すごいくらいしょっぱいです。イタリアから来たシェフが韓国に店を開いて、イタリアで作るように作るとつぶれる理由だ



外国旅行をしたら韓国料理は全部健康食の様だ

引用元記事:https://cutt.ly/ujPqfud

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。