海外の反応 韓国


日韓冷戦でギクシャクした米外交部長、日韓関係修復への圧迫を強める

アントニー・ブリンケン米国務長官が12日(現地時間11日)、鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官との初通話で日米韓3カ国協力を強調した理由は、米国が現在、それだけ韓日関係復元の必要性を痛感しているためと解釈される。米中葛藤が深まり、北朝鮮の核ミサイルの脅威までますます高まっている状況で、同盟外交回復の大きな軸として崩れた韓日関係の復元に注目しているという意味だ。

ブリンケン米国務長官は鄭長官との通話前日、日本の茂木外相との初通話でも「日米韓3カ国協力(U.S.-Japan-ROK trilateral coordination)を含む域内協力」について強調したと、米国務省が明らかにした。これと関連し、国務省報道官室関係者は「現在存在する韓国と日本の間の緊張は残念なことだ」と明らかにしたと、VOAが伝えた。

関連:


1

この関係者は「バイデン政府は米国と同盟との関係だけでなく同盟国間の関係も強化している」とし「日本と韓国間の関係よりもっと重要なものはない」と強調した。同氏は韓日関係改善を通じて「北朝鮮の挑戦に対する協力に新たに活気を吹き込むことができるだろう」と付け加えた。

これに先立ちネッド・プライス国務省報道官は定例ブリーフィングで北朝鮮挑発に対する質問を受け「それよりもっと憂慮されることは韓国と日本が緊密に調整しなくなる状況」と明らかにした。北朝鮮の挑発よりも冷え込んだ韓日関係が、安保同盟に大きな脅威になっている」と露骨に表現した。



2

バイデン政府が発足すれば、韓日関係改善に対する圧力が激しくなるという予想は、すでに昨年から提起されてきた。バイデン大統領が副大統領時代から韓日関係に積極的な仲裁者を自任してきたが、現在の両国関係が「65年の国交樹立以来最悪」と呼ばれるほど硬直したことに対して座視しないという予想のためだった。

実際バイデン大統領は2013年副大統領時代、韓日両国を訪問し、韓日関係改善の仲裁者役割を果たしてきたが、この2015年には朴槿恵大統領の訪米で、慰安婦の交渉と韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)妥結などに比重のある声を出したこともある。

特にブリンケン国務長官は日米韓トライアングル協力で実質的役割を果たしてきたため両国関係の硬直に対する挫折感がもっと大きいという。ブリンケン国務長官は2015年、オバマ政権2期で国務副長官を務め、日米韓次官級戦略対話を作り上げた張本人だ。

しかし、3国間の戦略外交の対話チャンネルも文在寅政権が発足してこの2017年10月に、たった一度開催された以降、脈が切れた。当時バイデン副大統領は2016年にハワイで開催されたこの戦略対話に異例的に参加し「基本的な価値とアジア太平洋地域の未来ビジョンを共有している日米韓3国がこれを引き続き守っていくために共に努力することを期待する」という趣旨の演説までしていた。このため、今後3国間の協力回復のために次官級の対話チャンネルから修復していくという予測も出ている。

外交関係者の間では、すでにブリンケン国務長官の初の訪問外交としてNATO(北大西洋条約機構)とアジアを挙げている。米CNN放送は8日、ブリンクン国務長官と単独インタビューを行った直後、「ブリンケン国務長官が3月中旬ごろ、最初の海外歴訪を始める」とし「ブリュッセルからNATO加盟国を訪問し、ロイド・オースティン国防相とともに日本-韓国-オーストラリアなどを訪問する可能性が高い」と報道した。

鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交長官とブリンカン国務長官は12日の電話会談でも「できるだけ早いうちに懸案論議のための高位級協議を開催する」と論議した。コロナ19の状況などを考慮し、できるだけ急いで外相会談を行うべきだという意味と受け止められる。


 韓国の反応 



歴代の米民主党政権は韓日を同等に待遇した歴史がない、さらに、「日本が韓国を管理しなければならない」という敗倫的主張までし、「日本優先一辺倒政策」、「クリントン延辺核施設爆破計画」、「オバマ大統領のサード配置および中国と北朝鮮の4ヵ国分割統治」まで検討。韓国は自国の利益だけを手にする見かけだけの同盟、日本は宝石の様な同盟、その理念は変わったことがない


日本が我々とうまくやって行く為には、日本が帝国主義を放棄せよということ、すなわち、戦犯天皇の廃止、戦犯靖国の廃止、戦犯旗の廃止後に謝罪せよということに、何が間違っている?



米国の国益の為に、ナチスとユダヤ人がお互い仲良く過ごせ言う事だ!



・米国民主党は、一方的に日本の肩を持つ奴ら、韓日関係の特殊性を無視するな


米国が自国の利益のために「韓日関係を改善せよ」と言っても日本が歴史を修正して歪曲する今は絶対に改善しては成らない



・付き合えない国は、一定の距離を置くのが正解だ



日本が韓国に対して貿易報復をする時は何も対処しなかったのに、韓国には圧迫するのか?


・米国は日本側だ。それが米国にとってずっと利益になるからだ


桂・タフト密約で日本の我が国の支配を認めて、米国のフィリピン支配を正当化、歴史を忘れるな!



・第2の「桂タフト密約」だ



・オバマ大統領の時のように、韓国が一方的に倭の奴らに屈する様に強要するな



・トランプ政権の初期の状況は、今よりも悪かった


・「第3者」である米国が何と言うべき事項ではない



当事者である韓国が日本を許すか、日本が心から懺悔し許しを請うことで解決の糸口が見い出せる



・日本は同盟国ではなく敵国だ



・常識的にどうして被害者である韓国に和解しろと強要するのか?物理的和解を強要するな


・アメリカは内政干渉するな



・アメリカは我々に関係改善を言うのでは無く、日本に言って下さい



・こんな差別的な待遇であればあるほど、韓国人は米国をますます嫌いに成るだろう


・今の韓日冷戦はまさに米国が作ったものだ。戦犯国である日本を米国の国益の為に戦犯にそのまま日本を統治させ、韓日協定など韓日関係に圧迫を加え、日本が反省も謝罪もしないことで一言で日本の罪の代価をきちんと処理できなかったことによるものだ

引用元記事:https://cutt.ly/XkLwMtd

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。