海外の反応 韓国


韓国と日本を代表するディスプレーメーカーが「有機発光ダイオード」(OLED)の技術をめぐって繰り広げている「特許戦争」が激化する見通しだ。

昨年中旬、日本のJOLEDがサムスンディスプレーを相手に起こした特許紛争が依然として進行中である中、今年に入ってサムスン側も2件の反訴を起こし、韓日両国の自尊心をかけたOLED技術紛争が激化する見通しだ。

サムスンディスプレーは23日、米ワシントンの国際貿易委員会(ITC)に関税法337条違反でJOLED、台湾のパソコンメーカーエイスース(ASUS)などを提訴した。

紛争を起こした原告リストには、三星ディスプレーと13年に米国に設立した特許買収専門子会社・IKT(intellectual Keystone Technology LLC)の2社が含まれている。


2

サムスンディスプレーは訴状で「OLEDディスプレーとその付属品、またはこれを含む製品」(Certain Organic Light-Emitting Diode Displays, Components Thereof, and Products Containing Same)部門でJOLEDとエイセスによる特許侵害が行われたと主張した。

三星ディスプレーはITCにJOLEDのオレッドディスプレーパネル、これを搭載したASUSのモニター製品「プロアート」(モデル名PQ22UC)シリーズに対する輸入中断命令も下すよう促した。



1

米関税法337条は、米国現地での商品輸入および販売と関連し、特許権、商標権などの侵害による不公正行為を取り締まる規定だ。 ITCはこれと関連した提訴を受け付けた後、1ヵ月ほど検討した後、調査を開始するかどうかを決定することになる。

ITCは「調査結果、不公正貿易行為が確認されれば直ちに輸入禁止と販売禁止処分を下す」と説明した。

業界では、ASUSはJOLEDが作ったオレッドパネルの供給を受け、モニターを生産するセットメーカーに過ぎず、今回の特許訴訟の実質的な当事者は、パネル生産技術を備えている三星ディスプレーやJOLEDと見ている。

これに先立ち今年1月にはサムスンディスプレーとIKTがJOLEDを相手取り、米国で別途の訴訟を起こしている。 サムスンディスプレーは先月8日、IKTは同月19日にそれぞれJOLEDとASUSを相手取り、テキサス西部地方裁判所に特許侵害訴訟を起こしたのだ。

三星ディスプレーが今年に入って、JOLEDを相手に2度の特許紛争を提起したのも、昨年浮き彫りになった訴訟に対する積極的な対応のためと解釈される。

JOLEDは、日本を代表するオレッドディスプレーメーカーだ。 15年1月、日本政府主導の官民ファンドである産業革新機構(INCJ)とジャパンディスプレー(JDI)、ソニー、パナソニックなどが合弁で設立した。 16年にはJDIがINCJの持分を追加で買収し、子会社に組み入れた。

業界のある関係者は「国内企業がOLED市場を先取りしている中、日本が一種の牽制の次元で特許訴訟を提起したことに対し、三星も強硬に対応したものとみられる」とし「両社が円満な合意に達するか、それとも紛争が激化するかを見守る必要がある」と述べた。


 韓国の反応 



また日本が韓国をパクッタのか・・民族性なのか?


ソニーウォークマンに熱狂していたのが昨日のことの様なのに、もう日本が韓国に対してをコピーするなんて隔世の感を感じます。大韓民国の企業家ファイト!



サムスンは日本企業を撲〇せよ!日本の国営企業は粉々にしなければならない



・果たして誰が勝つのか?負けるのは犬の方ですね


チョクパリがこれ以上抵抗して来ない様に、芽を摘み取りましょう



これを機に、見せしめに倭と台湾をこれ以上サムスンとの格を見せつける為に、踏みにじらなければ成らない


・結局は米国内の能力があり、政府と裁判所にコネのある法律事務所と弁護士、そして膨大なロビーと莫大な訴訟費との戦いである。一つ確かなことはLCD後続のOLED技術開発と普及は国内企業が先という事実だ。

今回、日本と台湾との訴訟は、従来のLCD市場から急激にOLED市場へと変わり、アップルすら、スマートフォンの日本企業との合弁会社であるLCDパネルから、三星OLEDパネルへと入れ替わることになり、危機意識を覚えた日本が、子会社を動員し、三星をけん制しようとする狙いがある事だ


日本の奴らは、技術力が足りないからロビーで勝負しようとしている


・サムスンのスーパーアモレードは、大変昔に作られたサムスンならではの技術だ。OLEDの始発点は



日本製品は海外に住んでいる日本のやつも買いません、中国製品よりも劣る製品が日本製~



・今度は日本が二度と立つこともできないように踏みます~


・自尊心の問題なので、必ず勝ってほしいです



・とにかく日本の奴らがする事は・・絶対敗訴してはいけません!



これが激化か?日本が問題なのにサムスンに勝とうとしているんだよ


・日本不買運動は永遠です!



このまま日本を放っておくほうがサムスンは楽では無いですか?



もう日本なんて相手に成らないでしょう

引用元記事:https://cutt.ly/8lcKkeC https://cutt.ly/zlcKvrT

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。