海外の反応 韓国


最近、米国でアジア系を狙った人種嫌悪犯罪が相次ぐ中、コロナ19の大流行期間の毎日、韓国人を対象にした憎悪犯罪事件が発生したことが把握された。

米国のアジア人権団体連合機構「アジアパシフィック政策企画委員会」(A3PCON)は24日(現地時間)、コロナ19事態の期間、韓国人が被害者である憎悪犯罪事件が1日に1件ずつ発生したと明らかにした。

委員会は、コロナ事態が本格化した昨年3月から今年1月までの11ヵ月間、米国50州のうち47州とワシントンDCで憎悪犯罪被害事例を受けつけ、韓国人対象の憎悪犯罪事件は計420件を記録したと明らかにした。


1

韓国系の被害事例は委員会が届け出た全体憎悪犯罪事件(2800件)の15%に達した。

これは中国系(41%)に次いで2番目に多い数値だ。

アジア系相手の全体憎悪犯罪を類型別に分けた時、最も多い事例は言語暴力(45%)だった。

また、サービス拒否(22%)、敵対的な身体接触(10%)、故意の咳と唾を吐く(8%)などもあった。

憎悪犯罪が発生した場所は、薬局や食料品店など個人事業所(38%)、公共場所と街角(22%)、公園(12%)、公共交通機関(8%)の順だった。



委員会所属の満州シャー・カルカーニー弁護士は「嫌悪犯罪と人種差別の大多数はアジア移民者が多いカリフォルニアとニューヨークに集中した」とし「最近はアラスカとハワイなどアジア地域でも申告が受け付けられ、懸念が高まっている」と明らかにした。

先月末、カリフォルニア州サンフランシスコでは84歳のタイ系男性が散歩中に攻撃を受け、床に頭をぶつけて死亡し、オークランドでも91歳のアジア系男性が憎悪犯罪の標的になって大怪我をした。

今月16日、ニューヨーク市では1日でアジア系女性を狙った暴行事件が3件も発生した。

深刻な憎悪犯罪が相次ぎ、韓国系連邦議員も、対応に積極的に乗り出している。

ミシェル・パク・スティール下院議員(韓国名パク・ウンジュ、共和、カリフォルニア)はケイティ・ポーター下院議員(民主、カリフォルニア)とともに憎悪犯罪を糾弾する超党的決議案を議会に提出した。

決議案はアジア・太平洋住民に対する反対感情を表出したり、人種差別と人種的偏狭さを表すすべての表現を糾弾する内容を盛り込んだ。

また、憎悪犯罪に対し、迅速かつ強力な取調べを行うとともに、加害者には必ず法的責任を問うよう促した。

スティール議員は「差別は米国文化の根本的価値に反するもの」とし「アジア太平洋コミュニティーを狙った差別と憎悪行為は中断すべきであり、厳しい時期に隣人を助けるためにできることはすべてしなければならない」と話した。


 韓国の反応 



アメリカのみならずヨーロッパ中東、トルコなどで中国のコロナ、新疆ウイグル人権弾圧の為、中国人と誤認されてひどい目に遭います。コロナが終わっても、ここへの旅行に注意しないと・・・


・チャンケは地震で〇びよう



韓国でお母さんが外国人だからと、女子中学生集団殴打事件があったけど、どこに行っても同じだね



・中国がアジアのイメージを落とす


・中国人よ、海外に行って韓国人って言うな、お前達は中共に対して自尊心があるのなら、堂々とチャイニーズと言え



・コロナが終わっても海外旅行ができないね



・アジアの人種差別だからといって、アジア同士が団結する必要はない、中国を排斥するのが正しい


・アジアで日本人が顔色を覗わずにすばしっこい対処は最高だと思う。日本人は早くから外国移民留学をやめて暮らしている


・中国人のせいでこんな事に成って居るだろ?それなのにまだ中国をかばう愚か者がいるのか?



韓国人も他人の事は言えない、韓国も外国人労働者や、外国人花嫁への差別がある


・I'm not chinese



・中国人と一緒だと思われれば、結局被害を受ける



・アメリカ人は、老人や女性を攻撃したの?自分より図体が大きくて強そうな人を攻撃してみたら?


白人から人種差別を受ける黒人ヒスパニックが、アジア人をさらに人種差別し、暴言を振るっている



老人や女性相手に... まったく、是非をかけるつもりなら同じ階級の人にかけてみろ、卑怯者ども



・韓国人が中国人と同じ扱いを受けるってことが...


学べない奴らが暴力を振るう



・我が国も外労者たちを無視して多文化家庭の子供たちを差別しているという記事がありますね



・私たちがベルギー人、クロアチア人、ノルウェー人などを西洋人と認識しているように、西洋人たちには中国人や韓国人やアシアンの範疇と認識している

引用元記事:https://cutt.ly/nlRPi1Z https://cutt.ly/1lRPfmn

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。