海外の反応 韓国



「私の人生の目標は裏切り者、三星電子を倒すこと」

アップルのiPhoneを委託生産する世界最大の製造代行、フォックスコンの創業者、
郭台銘(テリー・ゴウ)の言葉だ。

この他にも郭台銘は「ギャラクシーではなくアイフォーンを購入せよ」「韓国人と違い、日本人は裏切らない」「日本企業と手を組んで5年内に三星電子を下す」などの発言を相次いでいる。

アップルのアイフォンやアマゾンキンドルなど、世界家電製品の40%ほどを生産しているフォックスコンは、どうして韓国企業と敵対的な関係におかれることになったのだろうか。


1

実際、彼は三星電子に裏切られたことがある。10年、三星電子はフォックスコンのLCD生産系列会社のチーメイ(Chimei)とLGディスプレーなど6社を欧州連合(EU)に価格談合の疑いで告発したことがある。そのため、フォックスコンは課徴金3億ユーロを払わなければならなかった。ただ、三星電子は自主申告により、課徴金全額免除を受けた。

この事件後、郭台銘は公開席上で三星電子に対し、憚ることのない発言を続けた。

郭台銘は1950年、台湾の台北で生まれた。中国陝西省出身の父親と山東省出身の母親は共産党を避けて1949年に台湾に移住した。



郭台銘は子どもの頃からゴム工場でタイヤを生産するなど、早くからビジネス感覚を身につけた。 氏は1974年、母親からもらった10万台湾ドルを含め、40万台湾ドルで、24歳で起業に乗り出す。彼が初めて選んだ事業はプラスチック製造業だった.

その様に本格的なビジネスの世界に足を踏み入れるようになった郭台銘は、今日世界最大の製造代行会社に成長できた。

彼に訪れた最初のチャンスは、1980年、米ゲーム機メーカー、アタリからの「注文」だった。 アタリは1980年代、テレビゲームの好況期を迎え、安定供給のため、海外製造代行を通じて生産することに決めたが、これを国のタイミングが捉え、チャンスを手にした。

国・地域のタイミングは、これをきっかけに、台湾から脱し、グローバル企業へと成長しなければならないという決心をすることになる。その後、実際、郭台銘は米国に渡り、新たな取引先を探すため、あちこちに飛び回っていたが、産業スパイと疑われたり、門前払いを受けたりすることなど、数え切れないほど多かった。にもかかわらず、彼はあきらめなかった。

以後、彼は2度目のチャンスをつかむことになるが、1988年、中国本土に進出したのだ。当時、中国は資本主義を受け入れ始めた時、台湾企業各社が中国本土に投資するのを嫌っていたのとは異なり、郭台銘は勝負に出た。そして、彼の予想は的中した。彼は1988年、中国広東省深センに中国最大の生産工場を建設し、中国政府も同様に全面的な支援を行い、成長することができた。

このように成長街道を走ってきたフォックスコンはついにアップルと出会い、まさに「大ヒット」を生み出すことになる。アップルは元々、LG電子に委託生産を任せていたが、製品に厳しいスティーブ・ジョブズすらフォックスコンを認め、自社製品をフォックスコンに委託し始めたのだ。

それもそのはず、フォックスコンはアップルと縁を結ぶ前、米国のデルコンピューターなど、米国の電子企業がフォックスコンに委託生産を任せて、生産および品質システムで認められてきた。アップルと出会ったフォックスコンは、世界の電子製品の約40%を生産する世界最大手の委託生産メーカーへと跳躍することになる。

このようなフォックスコンが韓国企業に対して否定的な発言をするのは、単に過去の悪縁から出た感情的発言だけではないというのが衆論だ。委託生産業者から脱し、独自のブランドを備えた総合電子業者へと生まれ変わるのが目標のフォックスコンにとって、三星電子は強力なライバルだからだ。

フォックスコンが日本のシャープを買収したのも、このような脈絡からだ。東芝の半導体事業である東芝のメモリー買収のために30兆ウォンに達する投資に踏み切るなど、韓国が握っている半導体産業にまで進出しようという野心を隠さずにいる。結局、このディールは霧散したが、フォックスコンのスムーズな歩みは依然として現在進行形だ。


 韓国の反応 



台湾自体が極悪な国です。マスコミが先頭に立って韓国の悪口を言い、台湾人は中学生になると、自分のブログを作って韓国の悪口を書き始めます。

日本は、それでも合理的に韓国と関係を持ちますが、台湾は非常に組織的に甘くありません。特に韓国人が台湾旅行に行くには非常に気をつけなければなりません、少しでも間違ったら防犯カメラが撮った映像をアップして大変なことになります


台湾の奴らも日本の奴らとほとんど変わらない、奴らは韓国が上手く行っているので、物凄く嫉妬しているだけだ



・中国人が世界的に詐欺集団だということは、皆が知っている事実なのに、本当にあきれる。他人の物を盗んで略奪し、あらゆる手段で相手を攻撃するのが中国人の特徴


不法を犯したら罰を受けるのだ。お前がサムスンと兄弟か?それを裏切りと言うのだ



・事実上アップル下請け会社の話



昔から台湾の奴らはチョクパリに親切だ。台湾に行っても日本なのか台湾なのか分からない程似ている


・下請け業をするくせに、どうして虚言?


台湾人はチョクパリには何も言えないけど、簡単な相手が韓国なので韓国を攻撃する



・技術もなしに委託生産でもするくせに何を言って居るんだ?サムスンがその気になればフォックスコンを台無しに出来るのに、ふざけるな


・サムスンはフォックスコンをぶっ壊そう!



これまで台湾の独立を支持していた一人だが、中共から台湾の独立支持を撤回する。これまで台湾の人々は中国人民とは異なる中国人だと思って居たけど、違うね



・大企業を経営する人が10年前の事件を根に居持って、今まで執着しているのか?


・台湾、シンガポールの様な親日国家は復興し、中国、北朝鮮、韓国のような反日国家は没落することになる。台湾は、韓国戦争当時、北朝鮮軍に全国土が陥落し、仕方なく済州島に避難した資本主義者が建てた国だ。

日本は1895年の日清戦争で勝利した後、1945年までの50年間、台湾を統治したが、台湾の人々は日本よりも中国を嫌う。シンガポールも、1942年に日本軍に占領され、日本軍通訳をした李光耀が首相になって復興した



・フォックスコン工場の職員は、今は待遇がいいのか?最近までは社員が寮から飛び降りたりしていたのに


・世界一流のサムスン電子は、世界が虎視眈々と狙っているのに、韓国政府は防御どころか監獄に入れ、現実滅びる兆候だ



ところが、その談合をして自分だけ課徴金を払わずにすり抜けたあの事件は、数年前サムスンが日本の電子企業にやられたことをまったく同じ方法で完全に同じように日本に返したことだった。

当時の雰囲気は相当痛快そうな雰囲気だったし、サムスンがかなり緻密に準備した復讐劇だったが、LGと台湾も一緒にやられた。こんな陥れるやり方はチョクパリが元祖なのに、台湾人はチョクパリに何も言えないので、韓国にだけこんな事を言って居るんだ


自分はアップルを裏切る準備してるみたいだけど



・企業家が小学生より下品なことを言うのか

引用元記事:https://cutt.ly/ulGqyHs

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。