海外の反応 韓国


1


来年5月には、実際に性能検証用の衛星を載せたヌリ号2号が打ち上げられます。

我々の力で宇宙に打ち上げることが出来る様になるのです。打ち上げられた衛星性能まで検証されれば、韓国主導のGPSシステムを構築するなど、宇宙でできることが多くなります。

アメリカや韓国など10か国が共同で推進しているアルテミス・プロジェクトも行われます。アルテミス・プロジェクトは、1970年のアポロ計画以来再び初めて人間を月に着陸させることを目標にしています。

我々はこのプロジェクトに、独自の技術で作った月軌道船「KPLO」を投入します。来年8月に送りますが,、アメリカ航空宇宙局NASAの作ったシャドーカメラを載せます。人が住める基本条件の水があるところがどこかを探します。

だから、月の光が当たらない地域を探査します月軌道線は我々の技術ですが、軌道線を積んでいくロケットはアメリカのスペースXで作られたファルコン9です。

来年末には月の軌道に乗るのが目標です。これとは別に、無人月探査機を送るプロジェクトも、我々独自に推進しています。目標は9年後の2030年です。

引用元記事:https://cutt.ly/yREcpH7


関連:
韓国人「日本のラーメンVS韓国のラーメン、どちらがもっと美味しいですか?」 韓国の反応
【画像多数】韓国人「全員そっくり?」2021ミスコリア本選出場者のご尊顔をご覧ください 韓国の反応
韓国人「来年5月、ヌリ号2回目の打ち上げへ!2030年、『K月探査船』に挑戦」 韓国の反応







 韓国の反応 




ただ宇宙旅行から帰ってくる割に、月着陸の難易度が高いようですね?それをアメリカは70年代に・・いろんな陰謀論もありますが

・その時の出来事を確率で考えたらスーパーボウル級です。運が良くて成功出来る様な


・地球の表面を離脱して月に行くためには、土星ロケット級を打ち上げなければならないのですが、月からどう離陸するか気になりますね、計算できるから、月着陸船並みにしたんでしょうが


・アポロだけ当時280億ドル、ロケットは450億ドルかけてやったそうだからただお金の爆弾を投げただけです

・一種の冷戦時代の勝利への投資ですね、ソ連とすごく競争したから…



・民主主義国家も、「目標さえ決まれば、膨大な推進力を示す」という成功事例を始める名演説のようです


・ドライブでも行ってこようって言うのと、1泊で旅行に行こうって言うのとの比較みたい

・来年5月には、文在寅大統領ではない他の大統領が成功発表をするでしょうか?個人的には文在寅大統領が「結局成功しました」と終止符を打ってほしかったのに...


・目標にしていた一番重要なロケット発射試験は成功したものです。軌道安着の失敗は一種のソフトウェアの設定値の問題です。重力技術による初めての試みで、新しい分野の蓄積されたノウハウと運用資料が皆無なために生まれるしかない部分で、失敗とミスをしてこそそのような資料が作られるのです



↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。