海外の反応 韓国

1


津野海太郎が書いた「読書と日本人」出版

11世紀、日本平安時代に書かれた「更級日記」は、田舎育ちの中級貴族の娘が「源氏物語」の全巻を受け、我を忘れて読みふけった後に書いた一種の感想文集だ。

日本の著名な編集者であり評論家・演劇演出家の津野海太郎が書いた『読書と日本人』(心の散歩)は平安時代から今日までの日本の読書文化史を考察した本だ。

著者は、当代の人気書籍、著者と読者層、書店など出版文化と直接関連した内容だけでなく、教育の拡大と識字率の変化、経済像など社会全般の変化も一緒に紹介する。

著者は第1部「日本人の読書史」で、平安時代から明治維新まで「ひとり、自ら、静かに読む」普遍化した読書方式が定着するまでの過程を追跡する。

第2部では20世紀の「読書の黄金時代」について紹介している。 資本主義にふさわしく出版業が再編される世紀初めと、電子書籍と漫画本が紙本に取って代わり始めた20世紀後半までを紹介する。

著者は、江戸時代に現れた印刷革命は、文禄・慶長の役の時、加藤清正や小西行長らの武将が、朝鮮で銅活字や鋳造機を多く略奪したことによるものだと説明する。

これに1590年グーテンベルク式活版印刷機と活字鋳造機が長崎・五島列島の拠点に入ってきた点も一役買ったと付け加えた。

さらに、日本文化の特徴として挙げられる様々な雑誌の登場は、太平洋戦争、朝鮮戦争と緊密な関連を結んでいると主張する。

「韓国戦争という強心剤の注射で日本経済が底から回復し、人々の生活にも多少余裕ができた。 「鎮撫景気」(1954-57年好景気)だ。 扇屋の「週刊朝日」が100万部を超えたのもそうした変化の中で起きた事件だった。」

著者は読書の黄金期である20世紀が終わったことを何よりも惜しむ。 しかし映画・テレビ・ラジオ・演劇・舞踊・音楽・絵画・写真・デザインなど多様なメディアが作り出す網の中心に本があり、本の重要性は時代が変わっても変わらないと楽観する。

引用元記事:https://cutt.ly/ORLdp7q


関連:
【悲報】日本人さん、韓国人に嫌われまくってしまう‥日本人の7割が韓国好き、一方韓国人は2割だけが日本文化が好きと回答‥ 韓国の反応
東京大学教授「日本が強制徴用の歴史を認めないのは、韓国に負けたくないから」日本が歴史を無視、徴用工の謝罪・賠償は難しい 韓国の反応
韓国人「日本旅行が解除されたら、韓国人は日本旅行にまた行くと思いますか?」→「反日をしていた奴らが光速予約」 韓国の反応







 韓国の反応 




日本が韓国から盗んだり、略奪しなかった物は無いな

文化財泥棒だけを見てもおそらく、真の泥棒国日本


・チョクパリはゴミ、奴らの見た目もおぞましい


日本は百済じゃなかったら長い間野蛮人だった。壬辰倭乱から略奪して本が出版されたが、発展は遅かった様だ

・土着倭寇はこんな記事が嫌いです


朝鮮の教書館では、ほとんど儒教の性理学だけを少量製作し、王とその親戚、特権支配層にのみ本が流通した。 「大学」や「中庸」のような本は、上面布3~4筆、今日の相場に換算すると140万ウォン程度だったという




朝鮮に流通した本の種類は100種類前後。「自由」、「平等」、「法律」、「人権」、「衛生」、「学校」などの単語は、日本の学者が300年間西洋と交流してきた単語だ。一方、江戸時代、日本の書店街には本の種類だけで50万種余り。当時、文字が読めた日本国民は85%

またしても万物朝鮮略奪説wwww


生まれつき海賊行為に特化した倭寇たちが自分で作ったものはあまりない


日本人には、ただ良い物を奪って自分の物にするのがDNAに埋もれているから、その特徴を捨てきれず、日本は略奪と収奪戦争の混沌がアノ国の特徴

・土着倭寇もいらだつが、本土倭寇はもっといらだつ


・それにしても、その活字を作った朝鮮は、民衆の為に何を刷り、何を普及させたのか?発明して持ってさえいれば、ものすごく優秀な文明国家なのか?



↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。