海外の反応 韓国

1


太陽光や風力だけでエネルギー転換ができると洗脳し、環境にやさしいという口実で国民に高価な再生可能エネルギーを使えというのは、株式市場で言えば「ポンジ・スキーム」の様です。

世界的環境団体グリーンピース(Greenpeace)の創立者の一人、パトリック·ムーア博士(74)は最近、本紙の電子メールインタビューで、韓国脱原発政策に厳しい批判を浴びせた。「ポンジ詐欺」とは1920年代、米国でチャールズ·ポンジが起こした詐欺行為から由来した言葉で、利益創出無しに新規投資者らが投資した金で、従来の投資者らに収益を支給する多段階金融詐欺を指す。

ムーア博士は「化石燃料への依存度を減らすことは必要だが、原発なしで再生エネルギーのみを代替するというのは深刻な妄想だ」と述べた。 原発や化石燃料といった基底発電がなく、安定した電力供給は可能でないという理由からだ。

ムーア博士は「再生可能エネルギーは莫大な政府補助金と税金減免、エネルギー貯蔵装置(ESS)設置など費用が多くかかるが、原発のような'あまり高くない技術'を使うよりも国を貧しくする」と述べた。 ところが、韓国をはじめとする一部の政府が、まるで再生可能エネルギーだけでエネルギー転換が可能であるかのように幻想を与えているうえ、結局、高価な再生エネルギー生産費用は、ある意味では国民が負担しなければならないという点で、「ポンジ詐欺」と大差はないというのだ。

ムーアはグリーンピース第1世代だ。 創立から世界的環境団体に成長する過程に関与した。 そして1986年、グリーンピースを離れる。 同氏は15年間にわたる活動を整理しながら、グリーンピースが「もう科学と論理に基づいた"環境団体"ではなく、扇動と扇情主義に陥り、金と権力を貪る"寄付金募金団体"に変質した」と述べた。 ありもしない災いを誇張して人類に恐怖感を与え、結果的に私益を追求するということだ。

引用元記事:https://cutt.ly/BYhSbEa


関連:
【日韓友好】韓国人さん、とうとう反日感情が希薄に成ってしまう‥→「若い人は日本に敗北感を感じないから?」 韓国の反応
【ええっ】9割の女性が望んでいる男からのプレゼントがこちらwwwww(※画像あり)
【疑問】ガチャ歯の奴が矯正しない理由wwwwwwwwww





ムーアは06年、米国に原発支援団体を作った。 「クリーン·安全·効率の面で未来の核心エネルギー源は原子力であるべきだという科学的判断のためだった」と述べた。ムーアは「太陽光と風力は経済全般の"寄生虫"」とし「広い面積の土地を浪費し、日光や風がない場合は原子力·水力·天然ガスのような安定的エネルギー源が支援されていなければならないため」と述べた。

ムーアは最近韓国語版が出版された著書「終末論的環境主義」で科学に基づかない政策と環境運動は一種の「終末論」に似ていると主張している。 「大衆に恐怖を助長し、罪悪感を与え、支持を取り付けたり、寄付金を受け取るためのデマをでっち上げることに焦点が当てられている」ということだ。 「国ごとに可用資源が異なるため、エネルギー政策も国別の状況に合わせて組まなければならないが、科学ではなく政治が介入するため、"合理性"に欠ける」と述べた。

彼は本の中でアフリカやインドをはじめインド洋一帯の島々に棲息するバオバブの木を例に挙げる。 この樹木は樹齢が2500年を超えるものもある。 環境論者らは気候変動のため、これらの木々は死にかけていると主張しているが、実際は年を取り、自然に枯れているというのが、同氏の反ばくだ。 氷河が溶け出して北極熊たちが絶滅の危機に直面したというよくある扇動は、1973年に北極隣接5国(カナダ、デンマーク、ノルウェー、米国など)が北極熊保護条約を締結してから実際には個体数が増えたという事実を隠す。

ムーアは環境を政治的道具に利用する人々を「環境タリバン」と呼ぶ。 科学的根拠や合理的討論で争わず、意見が違ったり扇動に障害になれば、相手を悪魔化する人々だ。 「左派政府と環境団体は、自らを"グリーン"(環境保護論者)と勘違いしながら、他人より優越したように行動します。 真の環境運動は、"脱原発"のような政府のスローガンに相づちを打つのではなく、扇動に巻き込まれず、バランスを取ることです」。

こうした意味で文在寅政府が推進する脱原発政策は「根拠のない恐怖が正しい科学を沈没させた結果」と苦言を呈した。 無理な太陽光·風力発電所増設についても「炭素中立を推進しようと鬱蒼とした山林を押し出して太陽光パネルで覆い、漁民の反対にも大規模な洋上風力団地を建てようとしている」と指摘した。 「脱原発はエネルギー貧困国に向かう"愚かな政策"であり、無理な炭素中立履行計画は科学的·技術的に実現可能だと証明されたことのない"政治的目的"にすぎない」と述べた。

大統領直属機構である2050炭素中立委員会に原子力専門家が一人も含まれていないことについて「環境的目的を達成すると言いながら実情は政治的論理で接近していることを示す傍証」とし「政府が聞きたい言葉だけ聞くということ」と述べた。 「世界最高の原子力技術を基に化石燃料を十分代替できる国なのに、政治家が意図的に耳を閉ざしている」とも述べた。

現政権の力点事業である全北群山市セマングム太陽光事業についても「干潟こそ必ず保護されなければならない生産的な海洋環境なのに'環境にやさしいため干潟を埋めて作った干拓地に太陽光を建てる'という現実が皮肉だ」とし「むしろ干潟を維持し、原発2-3基を増設する方が土地も少なく、生物も保護し、エネルギーもより安定的に供給する方法」と述べた。

ムーア博士は、カナダのブリティッシュコロンビア大学で修士号と博士号を取得し、グリーンピースを離れた後は、地球温暖化をはじめ過剰な環境談論を批判し、原発とGMO(遺伝子組み替え食品)の必要性を強調しながら、科学的環境主義者としての活動を続けている。


 韓国の反応 




文在寅は、こうやって韓国を台無しにして国際的に恥ばかりかくんだな

文在寅政権の最悪の罪悪は、原発閉鎖、環境にやさしい発展だ。国民をだまし、一部の業者だけを国民の税金で懐を満たす悪い大統領だ


・現在まで原発事故が発生した国は3カ国。米国、ロシア、日本、その次はどこだろうか?


・脱原発が、市民団体を後押しする為に作った政策であることをまだ知らないのかな?

・原発が全部いい?副作用もあるだろう!


太陽光のため干潟を環境汚染させ、生物が死んでいき、超高圧送電線を埋めたことで国民の生命も脅かされている


・中国産太陽光を売ろうとする文在寅政府

・朝鮮日報が廃刊になれば、国民が幸せな国になると信じる




水素、風力、太陽光を研究する人々は皆原発が必要だと話す。 少なくとも核融合商用化前までは原子力で時間を稼いでこそ環境破壊を防ぐことができ、環境にやさしい技術の成熟度もさらに上げなければならない


・原発廃棄物にはなぜ一言も言及がないの?一方だけに偏った、こういう記事がゴミ···

・心配しないでください、5ヵ月だけ我慢すればいいんです


・原発事故が本当に安全なら、福島に行って復元してみろ


・久しぶりに正しいこと!環境問題は全て詐欺

・民主党支持者は本当におかしい、ファクトを言うのに怒る


・詐欺なんだって、文在寅がこういう記事を読まないと


我々の山、田んぼなど様々な所が太陽光パネルで侵攻されている。またどれだけ多くの自然を破壊してこんなものを建てるか・・・

・原発を再稼働して電気代を下げろ




↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。