海外の反応 韓国

1


済州島にだけ自生するサクラ「王桜(済州桜)」を韓国全土に普及・拡大させるキャンペーンが始まった。

韓国の東北アジア生物多様性研究所は、韓国全土の市・道に「王桜プロジェクト2050」社団法人を設立し、済州産の王桜の植樹運動を展開すると26日発表した。同研究所のヒョン・ジンオ所長は「現在、全国で発起人を募集しており、山林庁長の許可を得て法人を設立する予定」と説明した。

「王桜プロジェクト2050」は、2050年までに全国の公園と公共施設をはじめ街路樹用として、日本原産の桜の木ではなく済州の王桜を植えようという運動だ。ヒョン所長は「済州を除き、全国に植えられている王桜は、済州で自生するものではなく日本が原産の『ソメイヨシノ』であり、これは韓・日の研究者によってすでに証明されている」として「(済州島の)漢拏山に自生する王桜を繁殖・増殖し、全国に植えるキャンペーンを展開する」と説明した。

済州の王桜は、フランス人の天主教(カトリック)神父で済州に赴任したエミール・タケが1908年に漢拏山の観音寺に自生している王桜を発見し、欧州の学界に報告したのがきっかけで世界に知られるようになった。

しかし、王桜は1901年、日本の東京・上野公園で先に発見された。日本の王桜は「ソメイヨシノ」と呼ばれる。日本の学界ではこの桜の自生地を探したが、見つからなかった。タケ神父が発見した王桜の標本を入手したドイツ・ベルリン大学のケーネ博士は、二つの木が全く同じ王桜で、その自生地は済州島であると1912年に発表し、「韓日王桜戦争」がぼっ発した。

日本が王桜の自生地を「済州島」と認めないため、論争が続いた。しかし、2018年、韓国山林庁の国立樹木院がゲノム解析(遺伝情報の解読)を実施して遺伝情報を完全に解読し、済州の王桜と日本の王桜は異なる種だということが確認され、論争に終止符が打たれた。

国立樹木院は18年のゲノム解析によって、済州の王桜が済州に自生するエドヒガンを母系、ヤマザクラを父系として生まれた自然交雑種であることを確認した。さらに、国立山林科学院は、漢拏山を中心に済州地域の173か所で194本の王桜が自生していることを確認。一方、日本の王桜はエドヒガンを母系、オオシマザクラを父系として数百年前に人口交配によって作られた雑種であることが明らかになった。

引用元記事:https://cutt.ly/dI5511q


関連:
【画像】日本テレビさん、K-POP風中学生アイドルをデビューさせてしまう
東京都の女性の生涯未婚率が20%の大台を突破wwww
【失禁】心霊写真貼ってくわwww







 韓国の反応 




日本のサクラだから抜く?その木に日本のロゴがあるわけでもなく、日本が所有権を持っているわけでもないのに、木に何の罪があるのか?

日本の桜を抜く運動を政府主導でするというのか、民間がすると主張するのか?そんな物は全く必要なく、付加価値の生産もできない事業をなぜするのか?誰がこの事業で利益を得るのか徹底的に調査し、追及しなければ成らない


こんな運動の為に、既存の大きな桜の木をすべて切ってしまい、小さな済州王桜の苗木、小さな木を植えるのなら、大きく成るまでの20年間美観が損なわれるだろう、その長い歳月の間、日本と韓国の桜の木の大きさの差によって日本が桜の国であることがもっと確固になるだろうし、植物にまで民族憎しみをする国なんて


何故大きく育った木を抜くの?

数多くの外勢の侵略と貧困でまともな文化遺産があったはずがないでしょう、台湾と日本は観光でも名を馳せていますが、韓国はそうではなく、輸出だけで食べていかなければならないので残念な気持ちがなくはありません、輸出もうまく、観光としても生まれ変わったらと思います




・極右保守ですが、これは反日の問題じゃなくて極日の問題のようです。ただ、次の政権で変わる様にして欲しいです


外国人や日本人が、韓国に文化遺産もほとんどなく、都市の美観も良くないし、見どころがなくて、一度は来ても二度は来たくない国だと言う、我々も沢山努力をしなければ成らない

・今からでも日本の桜があった場所に済州の王桜を植えて観光客に大々的な広報をしたらと思います


この国に住んでいると毎日知能が落ちるみたいで、私だけでなく老若男女の無知を問わず他の人の知能も激減するみたいね


一体何の為に罪の無い桜の木を切らなければ成らないのか?

一時期、日本が韓国の桜の木を持って行ったという話も出回っていましたね、済州黒牛、葛牛も日本が持って行って世界的な和牛に作りましたよね?日本の牛は日本人の様に険しく、体型も小さく、味も悪かったそうです




↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。