海外の反応 韓国

1


スレ主

日本餃子のユニークな点

日本の餃子は中にニンニクが入ります。中国や韓国では見えない現象ですね、しかし、日本人は一般的な食事にはニンニクをあまり使わず、韓国でよく使うが、餃子は正反対なので面白いです。餃子にニンニクを入れる食べ方はどこから来たんでしょうか?

そして、何故か日本では餃子をラーメンかチャーハンか、あるいは定食に添えて食べます。初めから餃子定食といって、ご飯と餃子だけを出す定食があります。

主に東京でその様に食べますが、餃子の発祥地である中国にとっては、餃子は主食の食べ物なので、ご飯を食べながらパンをおかずにして食べる様な気分です。

引用元記事:https://cutt.ly/lOiF4Z0


関連:
中古120万のBMWに乗った結果wwwwwwwwwww
【お仕事】タクシードライバーだが『本日の売上』がコチラです →
【呆然】焼肉屋「食べ放題70分1980円だよ」俺「よっしゃ!たくさん食べるぞ!」焼肉屋「まずはこちらをお食べください」つ大量の野菜→→





2


 韓国の反応 




日本で餃子でご飯を食べるのを見て、本当に衝撃と恐怖でした。本当にそれは衝撃的でした。餃子がご飯のおかずだなんて!

チョッパルは、お好み焼きやたこ焼き、ラーメンをおかずにしてご飯を食べる奴らなので、餃子なら普通でしょう


餃子の王将の様なチェーンを見ると、餃子定食にビール一杯を飲んでいく会社員が多いですね、まるで韓国で定食屋に行って豚焼肉に焼酒を飲む様な感じです


・日本はコロッケもご飯のおかずです!

・日本の餃子は、日中戦争に参戦した日本軍と華僑たちが持って来た物らしいです。つまり中国直導入です


・日本と韓国が発音が似ているのに、中国が違う理由は漢字の発音が本土ではずっと変わってきたのに比べて韓国の漢字の発音は比較的古代中国語の発音が多いそうです。日本の場合、漢字に音読と訓読を書いてからだけが変形されましたが、音読の場合は韓国の漢字と同じく中国語に比べて古代中国語の発音体系は依然として維持されているそうです。その中で古代中国語の発音が一番多いのは韓国の漢字だそうです


・あの餃子の場合、ドラゴンボールのチャオズを見ても分かるように、日本国内でもチャオズー、チャオツーと呼ぶ人も多かったのですが、なんだか今は餃子に統一されていますね

・韓国も麺料理と餃子を一緒に食べる場合が多くないですか?個人的にラーメンの組み合わせはスープのラーメンよりは焼きそばと餃子を一緒に食べるのがいいですね




日本の食堂に行くと、普通に食べるのが天津飯と餃子のセットでした。天津飯はご飯やチャーハンの上に卵を乗せてあんかけソースをかけた料理です。見ると、その組み合わせが何気に古い組み合わせだそうです


日本語は中国から漢字と発音が入り、時期によって呉音、漢音、唐音と発音されますが、そのうち呉音は中国の南北朝時代に百済を経て作られたそうです。その為か韓国語と似たような発音がかなりあるようですが、その間に中国は発音が変わったのではないでしょうか?

・餃子が日本に導入されたのは長くて100年くらいだそうです。中国で戦争に出た日本軍、そして華僑たちが持ってきた料理だそうです


・日本では、もともとチャオズと読んでいたがギョーザに変わったそうです


・韓国の餃子も、 今はほとんどニンニクが入ってます

・今発売されているビビゴ王餃子は、ニンニクが入って居ますが、昔90年代以前の餃子にはニンニクがありませんでした




↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。