海外の反応 韓国

1

トヨタ194万台販売時、現代自38万台●中国市場は崩壊した

昨年、中国で現代車の販売台数が38万5000台へと墜落した。2020年に比べて23%減少した。現代車の中国市場でのシェアは1.8%へとさらに下がった。起亜や中国での販売台数も、15万2000台と、39%激減した。

昨年、中国市場での韓国車の販売台数は30%近く減少した。現代車グループの中国市場での業績は、ライバル会社の日本トヨタ自動車と比べれば、さらに悲惨な水準だ。昨年、トヨタの中国販売量は200万台に迫った。現代自の販売量の5倍だ。トヨタは9年連続で販売台数を増やし、中国市場1・2位の独フォルクスワーゲン、米ゼネラルモーターズ(GM)との格差を縮めた。

世界最大規模となる中国自動車市場は電気自動車・水素車などエコ車中心に急変している。 世界の自動車メーカー各社は、中国のエコカー市場を先取りするため、生き残りをかけている。 現代車グループが、中国市場から完全に取り残されないためには、ブランドイメージを高級化し、中国消費者好みの変化に合わせた対応戦略をまとめるべきだというアドバイスが出ている。

中国乗用車市場情報連席会(CPCA)の集計によると、現代車と北京自動車の合弁会社「北京現代」は21年、中国で38万5000台を販売した。 20年(50万2000台)比23%減少した。 現代車の中国市場シェアは1.81%まで下がった。 現代自は昨年、中国市場に名図EV、オールニューツーソンなど新車を大量に投入して巻き返しを試みたが、販売台数を引き上げることはできなかった。 現代車が20年に発売した次世代「エラントラ」(韓国名=アバンテ)は、昨年の累積販売台数が13万台に止まった。 北京現代の都軍宝副総経理はこの車を発売する際、「毎年15万台を売れなかったら、服を脱がなければならない」と述べたが、結局目標達成に失敗した。

引用元記事:https://cutt.ly/POpxMrK


関連:
【悲報】駿台の女子高生ポスター、フェミニストから叩かれる →画像
【画像】暴走族みたいな眼科女医さんwwwwwwww
ウクライナ美人「祖国助けて!note買ってね!」ちんさん「買う!」日本人旦那のnote買わされた事が判明 (※画像あり)





2

昨年、起亜は中国での販売台数が15万台をかろうじて超えた。 起亜の中国3者合弁法人「東風起亜」の21年中国での販売台数は計15万2000台と、20年(24万9000台)比39%も減少した。 昨年の年間販売目標値(25万5000台)をはるかに下回った。 深刻な業績不振で毎年数千億ウォンの赤字が増えると、中国の東風自動車は昨年12月、合弁会社の持分25%を売却して買収を進めている。

現代車はコスパ(低価格比高い性能)を武器に中国で2013-2016年に4年連続100万台以上販売した。 販売量が急減したのは2016年、在韓米軍サード(高高度ミサイル防衛システム)配備を非難した中国が韓国企業に報復措置をしてからだ。 16年114万台と過去最大を記録した販売量は17年78万台へ31%急減し、昨年は38万台余りまで落ち込んだ。 起亜も2016年に過去最大の65万台を販売したが、2017年に35万9000台と販売台数が半減したのに続き、昨年は15万2000台と落ち込んだ。

中国自動車業界では韓国車を代表する現代車・起亜(キア)が中国市場で没落したという評価が出ている。 現代自グループは昨年、新車発売、電気自動車・水素車投入、韓国から一部モデルを直接輸入するなど、地位回復に向けた様々な試みを行ったが、不振から抜け出せなかった。 北京第1工場など中国工場2ヵ所を閉鎖したにもかかわらず、生産能力の70%が失業している。

戦略の失敗という評価も出ている。 いつまで「サード」のせいばかりにするのかということだ。 中国人に現代車・起亜(キア)のブランドイメージが良くないというのが根本的な問題に挙げられる。 現代車は00年代、「アバンテ」や「ソナタ」を、北京タクシー車として大量に販売し、中国消費者の間で、「安物車」として認識された。 今も北京の道路の上を、古いタクシーの多くが現代車のロゴをつけて走っている。 一般車両も価格割引を乱発し、従来の購入客の不満が大きかった。 日本車が高級車のイメージを高める間、現代車は品質・ブランド管理が行き届かず、低価格車のイメージに転落した。

その間、中国消費者の間で中国車好みも高まった。 特に小風、李シャン、ジーカーなど中国の電気自動車ブランドは高級なデザインと洗練されたイメージで米国のテスラと競争している。

頻繁な経営陣の交代や核心人材の離脱も問題として指摘されている。 中国の自動車メディア、温家宝は「北京現代設立20年間で責任者8人が交代し、そのうち7人の任期は1年4カ月にすぎなかった」とし、さらにこの2年間に重量級幹部の多数が会社を辞めたと伝えた。 このメディアは「北京現代がここ5年間急速に衰退し、工場を売って暮らしている状況」とし「再起が難しそうで、販売量持続減少でお手上げの北京現代が市場淘汰という破局を迎える可能性もある」と酷評した。

トヨタは日産・ホンダなど他の日本車ブランドが停滞する間、一人で進撃した。 2021年、中国市場で日本車の全体販売量は1.8%減少した。 昨年、中国内の日産販売台数は5.2%減の138万台、ホンダ販売台数は4%減の156万台と集計された。

昨年、トヨタの中国販売量は2020年対比8.2%増加した194万台と集計された。9年連続販売量が増えた。 このうち中国で生産基地を備えたトヨタブランド車が170万台販売された。前年比9.5%増加した数値だ。 昨年レクサスブランド車の販売台数は24万4000台で、前年とほぼ同じだった。 トヨタは中国でトヨタブランド車だけを生産し、レクサス車の場合日本・米国から輸入して販売する。 トヨタは今年、中国電気自動車市場へと領土を拡大する計画だ。 2020年、中国北部の港町天津に建設を開始した電気自動車工場が、今年6月に稼動に入る。 ここでトヨタが昨年4月に公開した電気自動車「bZ」シリーズと中国BYDと共同開発した中国専用電気自動車を生産する。


 韓国の反応 




中国で倭の車より人気がないというのは商品性に問題があるんじゃないですか?それともチャンケたちが倭国より大韓民国をもっと嫌うんですか?

起亜は手の打ちようがないレベルで、現代はトヨタと中古車の差があまりにも大きくて、答えが出ない、電気自動車は競争が激しく、サムスンLG SKバッテリーを使うと補助金をもらえなくて対応も遅すぎる


・中国以外は実績は悪くないので、底抜けしたかめに水を注ぐのではなく、中国以外の国でバリューを上げて後で再進出の戦略立てて欲しいですね


「ドイツ3社も叩きのめすジェネシス」を中国で発売すれば、現代車の真価を判断できるはずなのに、残念ですね、出し惜しみをしているの?

昔、中国で日本車を燃やしたんだよね


・嫌中で損するのは韓国だけだね、日本が切に望んでいるのは韓中関係破綻


買っても買ってもよいし、乗る価値があれば買う。中国人の嫌韓よりも嫌日がひどいのに、トヨタが売れる理由は単純だ。同じ様に世界で価値があれば売れるわけだし、現代車販売量がグローバル上位? "先進国"基準販売量したら何位まで落ちるか知ってる?

サード報復で最も大きな利益を得た中国の中低価スマートフォン/完成車メーカー、そして日本の完成車メーカー、サムスンと現代の中国シェアが崩れ、韓国のスマートフォン、完成車、コンテンツ企業は、中国という世界1位市場を活用できる機会が最初から遮断された。イーロン・マスクのテスラ、ティム・クックのアップルが、中国市場でのシェアを基に、世界トップの座を手にする野心で、中国を攻略する際、韓国メーカー各社は絶対的な劣位に置かれるようになったという。この様な事態を招いた保守政治家の中で、責任を負って韓中関係を回復しようとする人がいないのが最大の問題だ


・親中したところで・・


日本車は尖閣問題と、南京大虐殺で、サードよりさらに大きな被害を被害を受けた。それでもまだサード言い訳か? 中国語も話せず、文章も読めない駐在員たちは、滞在費を稼いでゴルフをすることだけを考えている

・中国人ももう知っている様だね、現代自動車と言う物を


・中国で、トヨタ、ホンダ、日産がたくさん売れてるねww


・現代自動車とトヨタを比較するの?ピンポン玉とバスケットボールボールが同じなの?車は日本が最高だ

・韓国車は、販売車の中で新型はほとんどなく、旧型だけ販売するのでシェアが落ち、状況把握もできない


・トヨタクラウンに乗って感動した


・朝鮮日報は中国と親しい関係にあれと罵倒しながら、この様な記事を出す意図は何だろう?
関連:【画像】斉藤由貴(55)さん、余裕でイケるwww



↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。