海外の反応 韓国

1


スレ主

東京大学研究チーム「韓国語が現在日本語の起源」

約2200年前、朝鮮半島から移住した農民によって日本の多数の方言が形成されたという主張を盛り込んだ研究論文が4日公開された。

東京大学のション・リーと長谷川利勝は英国王立学会報B(thejournalProceedingsoftheRoyalSocietyB)に載せた論文でこのように主張した。

日本語の中で長い間変化を経ずに保存された動詞、数字、名詞などの単語210個を選び、59個の方言でそれに該当する単語を探してコンピュータで比較した結果、標本にした単語が約2182年前の同じ先祖から降りてきたことを発見した。

この時期は韓半島から大挙移住民流入があった時と一致する。

今回の研究は、現代日本語の起源が韓半島を含む「日本列島外部」という学説に力を入れたものと評価される。

これまで学界では、日本語の起源と関連自生説と外部流入説が対立してきた。

自生説は1万2000~3万年前に日本に原住民が暮らしており、現在の日本語と日本人は狩猟・採集に基づいた当時の原住民から直接伝わって来たという主張がある。

紀元前200年前後にアジア大陸から移住民流入があったが、米と農業技術を伝播しただけで、言語の発展には影響を与えなかったという主張だ。

外部流入説は、朝鮮半島出身の移住民が原住民の言語を代替したり喪失させたという学説だ。

最近の考古学界の研究結果と遺伝子による研究結果は、概して後者の理論を支持する傾向だ。

引用元記事:https://cutt.ly/FHZkclf
関連:
韓国人「韓国の地下鉄を利用する度に呆れること」
韓国紙「 "日王への挨拶" ... 真っ直ぐに立ったバイデン、握手もせず」韓国の反応
【韓国の反応】ラーメンを食べに行こうか?遂に日本が開かれる




 韓国の反応 




・私の脳内妄想上は、扶余から降りてきた王子たちが高句麗と百済を建て、その時に押し出された勢力が新羅または日本に渡ったと思う

・日本語は古代高句麗語百済語と似た単語が多い


・朝日は朝潮の日(津波)、餓死は古代韓国語の朝で、餓死者のようなものから痕跡を見つけることができる。水を意味する日本語「ミズ」、これも高句麗、百済の古代語「ミルムル」が渡って変形したものだという


・そういえば現代韓国語より、現代日本語が古代韓国語にもっと近いという話ですね

・移民した人たちが昔の話し方を使う様なので、古代韓国語が残っているでしょう


・これが当然のことだ。 韓国の訓民正音にも声調があった。当時、文物の伝播経路は大陸-半島-島だった。 壬辰年前まではこれが維持されていたのが大航海時代が到来し、海で貿易し文物を受け入れ、島が他のチャンネルに文物を輸入することができ、文物と金の軍事力で半島と大陸を侵奪できる力を作ることができた


・これを曲解する方々がいらっしゃると思いますが、朝鮮半島の南側に住んでいた人々が使っていたのが現在の日本語のルーツだということです。 その後、この人たちは日本に渡って現在の日本語を作ったので、現在の韓国人たちが使う言語は北から来た人たちが使っていた言語です。日本語は朝鮮半島から始まったのが真実だということです

・祖先の国を侵略し略奪する恩知らずな奴ら




・ロシア人類学者は現在、シベリアに居た民族が韓半島を占領して原住民と同化し、日本はやはりこれに押された朝鮮半島人が日本の原住民と同化したと推定した。これによって原住民だった民族は同化および絶滅、そして北に移動、日本にもより多くの民族があっただろうが、同化及び絶滅、アイヌ族程度が残った


・韓国語と日本語の関係について混乱する学説が多かったが、最近は確定的なものではないが、ある程度は意見が収斂していると思います。 最近、支持を多く受けている理論がアレクサンダー・ボビンの朝鮮半島日本語族説です。

簡単に要約すれば、遼東と満州に住んでいた韓国語話者たちが優越な武力で朝鮮半島中部と南部(大体大同江以南)に住んでいた日本語話者集団を征服し、朝鮮半島を韓国語使用圏にしたという理論です。 朝鮮半島内の日本語族の使用者は、日本に脱出したり、朝鮮半島からゆっくりと韓国語話者に同化したと説明しています

・高句麗、百済、新羅、日本間の言語問題は様々な学説があり、明確な結論がなかった為、あらゆる理論が 一時は、史書に出てきた高句麗語(おそらく地名)から数字を抽出した後、これが日本語の数字と似ていると結論づけ、扶余-高句麗語-日本語の語族説を主張する方もいらっしゃいました


・中国の史書でも時期によって高句麗、新羅、百済、馬韓の間で言語が異なる。 矛盾した話が多くて五里霧中だったそうです。しかしアレクサンダー・ボビンは高句麗語と日本語の関係を否定しました。 ボビンが満州語または先人語を分析した結果、古代韓国語から輸入された単語が主に発見され、日本語系単語はないことが出ました。 つまり、高句麗が支配していた女真族が影響を受けた言語(当然高句麗語)が韓国語族系列だったため、高句麗語と扶余語は韓国語族に属すると判断したのです


・韓国語と日本語は互いに文法は非常に似ていますが、単語はとても基礎的な語彙で全く違うので同じ語族に属する可能性がないと結論が出ました。 そもそも他の系統から出た言語だということです

・日本語を習えばわかるけど、とても似ている


・これは実際に歴史として記録されています。日本人と韓国人は遺伝子が似ていて、しかもその先祖に行くと新羅と百済人がいます。 これは日本の歴史学者も認める歴史です。 高麗が新羅、百済を統一し、新羅貴族と百済貴族が日本に渡ったということは歴史書にあるといいます




↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。