海外の反応 韓国

g1


日本の高級セダン・SUVハイブリッドは4輪駆動で燃費が低下

ガソリン価格が急騰し、車両価格はやや高いが、燃料効率の良いハイブリッド車の需要が増えている。 10年前までは国内で年間3万台程度販売されていたハイブリッド車は、昨年18万台以上売れた。 最近、原油価格の上昇幅が急激になり、ハイブリッド車の販売がさらに増えた。 カイズユーデータ研究所によると、今年1~5月に販売されたハイブリッド車は約8万7000台で、軽油車(約8万2000台)を上回った。

国内でハイブリッド車(プラグインハイブリッドモデルを除く)を多く販売するブランドは、現代自動車(005380)、起亜(000270)とトヨタ、レクサス、ホンダなど日本ブランドだ。 ドライバーのガソリン代の負担が増え、燃費の良いモデルに関心が高いが、国産ブランドと日本ブランドモデルの燃費(環境部認証基準)を比較してみると、概ね元祖格である日本モデルより国産モデルの燃費が良いことが分かった。

国産モデルの燃費がより良い理由は、現代自動車と起亜ハイブリッドモデルがいずれも前輪駆動(前輪だけを転がす方式)方式を採用するためと見られる。 燃費はエンジン効率性だけでなく、駆動方式とこれによる空車重量など多様な要因の影響を受けるが、日本ブランドは高級セダンとスポーツ用多目的車(SUV)の場合、4輪駆動方式が多い。 車輪2つだけを転がす前輪駆動とは異なり、車輪4つを全て転がす4輪駆動方式は濡れた路面やオフロードで安定的に走るが、4輪すべてに力を入れなければならないため、車の重さが重く燃費が落ちるという短所がある。

中型セダンの場合、国産モデルと日本モデルの場合、車体の大きさが似ており、いずれも前輪駆動方式だが、現代自動車と起亜モデルの燃費が良かった。 現代自動車の「ソナタ」と起亜自動車の「K5」の燃費はそれぞれ1リットル当たり19.1~20.1㎞だが、トヨタの「カムリ」燃費は17.1~18.5㎞/Lだ。 ホンダアコードハイブリッドの燃費は17.5㎞/Lだ。

一方、準中型セダンと準大型セダンの場合、トヨタモデルの燃費が少し高かった。 トヨタの「プリウス」ハイブリッド燃費は22.4㎞/L、現代自動車の「アバンテ」ハイブリッド燃費は21.1㎞/Lだ。 現代自動車の「グレンジャー」は、日本レクサスの高級セダン「ES」より燃費が落ちた。 グレンジャーハイブリッド燃費は15~16㎞/L、ESは17㎞/Lだ。

車の長さ(全長)が5mを超える大型セダンである起亜自動車の「K8′」は燃費が17.1~18㎞/Lと高い水準である。 同じクラスを持つ日本ブランドモデルはレクサス「LS」ハイブリッドだが、LSの車体がK8より100㎜長く、前輪駆動のK8と違ってLSは4輪駆動であるため、直接比較することは難しい。 LSハイブリッド燃費は9.6㎞/Lだ。

SUV部門では中型SUVの場合、国産ブランドの燃費がより高い。 トヨタの中型SUV「RAV4″ハイブリッド燃費は1リットル当たり15.5㎞だが、現代自動車「ツーソン」と起亜自動車「スポーテージ」ハイブリッドの燃費はそれぞれ16.2㎞/L、16.7㎞/Lだ。 4輪駆動方式である高級中型SUVレクサス「NX」ハイブリッド燃費は14㎞/L、4輪駆動のホンダ「CR-V」ハイブリッド燃費は14.5㎞/Lだ。

準大型SUVの場合も国産ブランドは前輪駆動なので燃費が高い。 現代自動車の「サンタフェ」と起亜自動車の「ソレント」ハイブリッドの燃費はそれぞれ14.3~15.3㎞/Lだが、クラスが似ているレクサスの「RX」燃費は12.8㎞/Lだ。 RXも4輪駆動方式だ。

引用元記事:https://cutt.ly/eKDjCNh
関連:
【悲報】韓国人「国際的約束を守らないインドネシアは詐欺師だ!」インドネシアが韓国型戦闘機『KF21』共同開発事業費を踏み倒し! 韓国の反応
韓国の保守団体がドイツ少女像前で叫んだ…「慰安婦は被害者ではない」=韓国の反応
韓国人「悲報:韓国の車庫証明制度、導入は不可能…」「残念ですが、国民の質を見れば明らかです」




 韓国の反応 




・日本が嫌い、本当に嫌いです。ですが、国産車よりカムリが良いのは事実だ

・カムリは2500ccです。k5は2000ccです。 比較相手はグレンジャーハイブリッドです


・ソナタスマートストリームGDIハイブリッドはエンジンオイル増加しないのか?


・全く1.6ターボハイブリッドエンジンオイルの増加は解決もできずにいるのに、このような広告?記事を鵜呑みにして勝ったオーナーは泣いているのに

・あえてカムリをソナタと比較するなんて...


・カムリとソナタは比較対象外ですよ


・記者は広告もらった?

・ハイブリッド車でトヨタを現代と比較するなんてテスラと中国産電気自動車を比較するのと同じだ。ハイブリッド技術はトヨタが最高だよ




・現代自動車は、燃費詐欺を良く働くと言われているけど


・現代自動車の車は買いません

・レクサスes300hは、燃費運転しなくても燃費20以上出る


・アコードとソナタと大きさが似ているからと言っても、排気量も違うし、たくさん違います。アコードはソナタよりはるかに良いです。長期間乗ってみると体が言ってくれます。8年になるのにまだ新車のようです。 雑音がほとんどなく燃費もハイブリッドでもないのに、満タンで高速道路は900~1000km乗ります。 燃費は新車の時も今も似ています。 細かい故障は全くありません。 ただ何も考えずに乗って、車によるストレスが全くない車です


・カムリが17だって? 現代燃費を信じるのかな?火災、安全、走行性能は?

・車は長く乗らなければなりません。カタログに表記された公認燃費より耐久性が重要である


・燃費のほか、車体の安定性、耐久性、整備の利便性などを考慮して選べばいいです。現代自動車はかなりよくなりました。しかし安定性耐久性はまだカムリに及びません、整備性と内部インテリアは現代自動車がより良いです


・燃費比較は階級ではなく、その中のエンジンを見なければならない、ソレントハイブリッドのエンジンは何cc?レクサスRXは3500ccに4輪だが、その燃費なら現代自動車は真似できない、文を糞便で書くのか?

・でも正直認めましょう、カムリはこれまで糞デザインだったんですが、ソナタはデザインが悪く成って今回はカムリの勝ちですし、耐久性もトヨタとレクサスは現代が死んでも勝てません


・K8をLSと比較するなんて...良心がないのか、本当に車を知らないのか記者が情けない





↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。