海外の反応 韓国

1



28日(現地時間)ロイター通信などによると、ドイツ・フランクフルト検察は同日、欧州司法協力機構(Eurojust・ユーロジャスト)との協力の下、ヘッセン州警察とルクセンブルク捜査当局所属の140人余りを投入し、証拠や通信データ、ソフトウェア、設計関連書類を確保する計画だと明らかにした。 検察によると、現代・起亜自動車と部品メーカーのボルクバルナーグループは不法に排気ガスを操作した疑い(詐欺と大気汚染)を受けている。

両社は2020年までに不法排気ガス操作装置を付着したディーゼル車21万台以上を流通したと検察は明らかにした。

この装置で、これらの車両の排気ガス浄化装置が日常で随時稼動が大幅に縮小されたり消えて、明確に許可された以上の酸化窒素を噴き出す結果につながったと検察は説明した。

特に現代・起亜自動車が欧州など世界市場で「ディーゼル車排気ガス操作事件」に巻き込まれたのは今回が初めてだ。 ディーゼル車の排気ガス操作、いわゆる「ディーゼルゲート」事件は、2015年フォルクスワーゲンがディーゼル車のテスト過程でソフトウェアを操作、排出ガスを減らした事実がばれ、世界的な波紋を呼び起こした事件だ。

フォルクスワーゲンが最も広く知られているが、それだけでなくアウディ、ポルシェ、スコダ、クライスラー、メルセデスベンツ、ルノー日産-三菱アライアンスなどディーゼル乗用車およびSUVを生産する欧州自動車メーカーのほとんどがこれに関わっている。 この事件でディーゼルエンジン、ひいては内燃機関自体の環境問題が台頭し、これは結局2020年代に起きている内燃機関退出運動の根本的な出発点にもなった。

検察は現代・起亜自動車の顧客に、これらの車が2008~2015年の「ユーロ5」基準ないし環境基準が一層強化された「ユーロ6」基準を満たしていないということは知られていないと指摘した。 顧客はこのような欺瞞の下で車を購入したため、被害が発生した可能性があると検察は付け加えた。 現代・起亜自動車は昨年1年間、米国で150万台、ドイツを含む欧州で同期間100万台を販売した。

摘発された車両は現代・起亜自動車の全モデルが1.1L、1.4L、1.6L、1.7L、2.0L、2.2Lなど、ほとんどのディーゼルエンジンが搭載された車両だ。 エンジン制御ソフトウェアはボッシュとボルクバルナーグループ傘下の部品メーカーであるデルフィーが生産したと検察は付け加えた。

現代・起亜自動車側は「まだ具体的な捜査ブリーフィングなどの伝達を受けておらず、答えにくい。 しかし、現地調査に誠実に臨む」と明らかにした。

引用元記事:https://cutt.ly/IKKd4kS
関連:
韓国人「日本車を見るだけで気分が悪くなる‥」韓国で日本車がバカ売れ!韓国で日本車が復活へ 韓国の反応
韓国人「日本が韓国より住み良い理由まとめ」「……いっかい “本気の地震” を経験してみな??」
韓国人「日本の天丼はビジュアルだけで、言うほどおいしくないです」




 韓国の反応 




・ドイツが韓国に復讐するんだね~~

・アウディ報復


・国際恥?捏造=詐欺である事実関係が明確であれば、厳しく処罰されなければならない


・ドイツの奴らは、この前韓国が排気ガス捜査したって報復捜査してるみたいだけど

・ドイツと対決しよう、そしてみんな死のう


・排気ガスを操作したことが事実であることが分かったら…会社の生存自体に深刻な問題が発生する可能性もある


・ついに雷管が爆発した。もう地獄の扉が開くようになった。韓国の格好がめちゃくちゃだね

・この事件興味深いね、ドイツ車が操作で詐欺を働いた時、我々は軽い処罰をしたのにドイツはどのように処理するのか見てみよう




・年式があるヒョンギディーゼル車の後ろを走ると、煤煙が凄い


・これには巨額が必要なんだけど、韓国の現代自動車の価格もまたすごい値上がりしそうだね

・では、国内車も操作していないという保障がないね、検察は何をしているのか、家宅捜索に入るべきだ


・いよいよ来るべきものが来たな


・ディーゼルゲートの時、なぜ輸入車だけがかかるのかと思った。現汽車の状態がもっと良くないようだったが、本当に変だった

・早く検察を派遣してドイツ検察を家宅捜索せよ


・フォルクスワーゲン、ベンツディーゼルゲートの時から、現代自動車も怪しいと言われていた


・フォルクスワーゲン、ベンツも排気ガス操作した。でも現代自動車がしなかったのは凄い事だと思ったが、結局かかった

・報復性なんだ


・国内で金儲けして外国を支える不思議な会社




↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。