海外の反応 韓国

1


ドイツは2022カタールW杯ベスト16入りを果たした。 --もし日本の2番目のゴールがなかったら…

2日(韓国時間)、カタール·ドーハのカリファインターナショナルスタジアムで行われた2022カタールW杯グループリーグE組第3ラウンドのスペイン戦で、日本が決めた2番目のゴールが誤審論議に包まれた。

1-1で迎えた後半6分、スペインのゴールラインを外れたボールに向かって三苫かおるが身を投げた。

ボールは薫の左足を経てゴール前につながり、田中が空いたゴールに打ち込んだ。

審判は副審の判定によって、これをオフサイドと判定した。 しかし、VAR判読の末、ゴールに変わった。

日本はこのゴールでスペインに2-1の逆転勝ちを収め、勝ち点6点とともにE組1位で決勝トーナメント進出に成功した。

ところが、スローで見た時、ボールがゴールラインを外れているように見え、裏話が出ている。

横から捉えた中継画面だけでなく、上から見た時も肉眼でボールがゴールラインを外れた。

2

カタールW杯公認球「アリフラ」には慣性測定センサー(IMU)を搭載し、試合中ずっとボール位置情報を測定する。 IMUは人工衛星、航空機、ミサイルなど航法システムに使われる先端技術。 試合中、毎秒500回の速度でボール位置情報を測定し、VAR室に伝送する。

目で見るとゴールラインを外れたとしても、VAR判定には承服しなければならない理由だ。

戸惑う田中のこのゴールは、世界のSNSで話題になっている。 一部のファンは「誤審」と言うが、メディアは先端技術が下した判定のためか「誤審」と自信を持って主張していない。 76万フォロワーを持つフットボールのツイートは「アウトかどうか分からない」とかしげた。

ESPNはSNSに誤審を言及する代わりに「ドイツをW杯で脱落させた判定」と掲載した。

ドイツはコスタリカに4-2で勝った。

日本がスペインと1-1で引き分けたら、日本を得失点差で押しのけてベスト16入りできたが、このゴールで失敗に終わった。

ドイツは2018年ロシアW杯以後、2大会連続1次リーグで敗北した。

引用元記事:https://cutt.ly/S1ABEiQ
この記事へのコメントはこちらからお願いします。





 韓国の反応 




・基準がボール自体? ボールの直径をかける?


・これは酷い、ドイツが可哀そう


・誰が見ても日本が審判買〇した様に



・ドイツは日韓共に悪感情が生じるだろう

・日本はお金を使ったね、これが超えていないの?


・審判もAIにすればサッカー強国の多数脱落


・ボールの直径が線にまたがっているかを確認しないと

・ボール全体がラインを出ないとアウト申告できない


・スペインは無言なのに、韓国の方が騒いでいるね




・サッカーボールに内蔵されたセンサーを疑う

・VAR判定をしたのに、どうして韓国人がこんなに騒いでいるの


・アジアの誇り~日本必ずW杯優勝して


・これは垂直線上で見ないと

・一番丸い端にひっかかったかもしれないし···


・神聖なサッカーを汚す事は出来ない、スペインとドイツが異議を申し出るべき


・ボールの底ではなく、左右の端を基準に判定するんだよ

・映像判読が正確でしょう、ドイツは残念ですね


・機械より人の目が正確なのか?




↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




この記事へのコメントはこちらからお願いします。