海外の反応 韓国

1


営業マンのシン·ミンヒョンさん(44)は昨年、車を変える計画だった。 どんな車を買えばいいのか分からず、暇さえあれば性能、デザインなどを比較した。 その間、新車価格が急騰し、金利まで急騰した。 乗っていた車の累積走行距離は13万㎞を超えたが、やむを得ずさらに乗ることにした。 シンさんは「やっと妻に許可までもらったのに失敗に終わって残念だ。 次の新車購入時に細かい故障がなく、長く乗れる車を買う」と述べた。

不況、インフレ、高金利が重なり、シン氏のように新車購入をあきらめる消費者が増えている。 23日、韓国自動車産業協会によると、登録車両のうち15年以上の車両は昨年297万8460台で、1年前(278万5206台)より6.94%増加した。 米国市場調査機関のIHSマークイットによると、昨年米国で運行している車両の平均寿命は12.2年で史上最高値を記録した。 02年の平均寿命は9.6年だった。 IHSマークイットは「消費者が財政負担を少しでも減らすために車により長く乗り始めた」と分析した。 大信証券は最近の報告書で「自動車は単一価格が最も高い消費財だ。 自動車業況は基本的に景気の流れと同行する」と診断した。

このような状況では耐久性の高い車両の人気が高まる。 最近、グローバルデータ分析機関のビジュアルキャピタルリストは、車を購入して廃車するまで寿命が長い車に順位をつけて発表した。 米国の自動車評価機関「ICカー」(iSeeCars)が発売してから10年経った車種の中古車200万台以上を分析した結果を活用した。 セダン·ハッチバック、スポーツ用多目的車(SUV)、ピックアップトラックなど全部門で日本トヨタが1位を占めた。 電気自動車時代に転換する過程でトヨタが苦戦しているが、耐久性だけは最高だということを立証したわけだ。

セダン·ハッチバック部門の1位はトヨタのアバロンだった。 アバロンの潜在寿命は39万5432キロに達した。 2位は米シボレーインパラ(37万701㎞)だった。 続いてホンダのアコード(36万3982㎞)、トヨタのカムリ(35万9284㎞)、レクサスのGS350(33万4412㎞)の順だった。 ビジュアルキャピタルリストは「プレミアムブランドの中で唯一レクサスが含まれているのはトヨタと共有する部品が多いためだろう」と分析した。

SUV部門1·2位はトヨタの大型SUVセクイアとランドクルーザーだった。 潜在寿命はそれぞれ47万7185キロ、45万996キロだった。 3~5位はシボレー·サバーバン(42万7654km)、GMCユーコンXL(40万6134km)シボレー·タホ(40万2880km)だった。 すべて米国ブランドだ。

ピックアップトラックもトヨタが1位になった。 トヨタのタンドラは41万2027㎞で最も寿命の長いピックアップトラックに名を連ねた。 続いてホンダリッジライン(40万194㎞)、トヨタタコマ(37万8308㎞)、日産タイタン(37万5452㎞)、フォードF150(37万4414㎞)の順だ。

全部門で日本と米国のブランドが上位圏を席巻した。 他国の完成車メーカーが名を連ねたのは、現代自動車サンタフェ(33万2165キロ)が唯一だった。 SUV部門20位に名を連ねた。 メルセデス·ベンツ、BMW、アウディなどは順位圏に入らなかった。 自動車業界の関係者は「ドイツの自動車3社は強力な性能とデザインを誇る。 耐久性の面では日本と米国のブランドについていけない」と説明した。

引用元記事:https://bit.ly/3J9qAnK
この記事へのコメントはこちらからお願いします。





 韓国の反応 




・日産から部品を持ってきて組み立てた第1世代SM5はまだ現役で走っている


・2000年代初めにアメリカ留学時代にお金が足りなくてアメリカで60万マイル走った(96万km)カムリをとても安く買って5年間乗ったことがあった。韓国車を選ぼうとしたが、その当時中古車社長に韓国車は選ぶなと言われた


・現汽車も国内急発進1位です



・私はエクウスを38万km細かい故障なしで乗った(今も弟がずっと)友達はKIA K7に50万kmに乗った

・よくBMW、ベンツが名車だと言われるが、細かい故障で寿命が短く修理費が高いことで有名だが、全面的に誇示欲のためではないかと思う。いい車は細かい故障がなく、長く乗れる車がいい車ではないか?


・現代自動車はランクインしなくて恥ずかしいと思う。反省しないと


・我々も耐久性の良い車をつくりましょう

・日本製中古車が無駄に高いのではないですね、耐久性は認められて久しいです


・低開発国の道路事情が悪い国で走る車は、殆どが日本製の車だったよ




・性能よりは耐久性を中心に作ったトヨタ、つまらない移動手段でそのまま長く乗る為なら買えばいい

・現代車は〇んでも耐久性と品質で、日本車に追いつけない


・現汽車はわざと作らない


・修理費が半端ない、耐久性は部品供給が左右する

・私もトヨタだ。世界各国で乗っている車、砂漠密林奥地の多目的車、認めることは認めないと、ただしSUVやバンの2種類だけ


・この様な記事を何も考えずに書く記者は、反省せよ、これが親日行為だ


・それなのに現代車のやつらはなぜ年俸がトヨタより高いのか?

・我が国の車の順位でも教えてくれ!


・タクシーを調べてみて、ソナタ30万グレンジャー40万が多いと思うww




↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




この記事へのコメントはこちらからお願いします。