海外の反応 韓国

1


韓国が日本のアニメに夢中になった。 チェーンソーマン、スパイ×ファミリーなどネットフリックスに掲載された日本アニメーションは、20代と30代の間で爆発的な人気を誇る。 最近公開された映画「ザ·ファーストスラムダンク」は40代から熱い支持を得ている。 日本のアニメ人気に支えられ、「アニメ恩恵株」も良い流れを見せている。

日本のアニメ人気はOTTプラットフォームで目立つ。 日本で興行に成功したチェーンソーマン、スパイ×ファミリーの2作品は国内ネットフリックスでも上位圏に位置している。 呪術回転と鬼滅の刃をはじめとする既存作の人気も相当だ。

劇場では「スラムダンク」が観客を集める。 1990年代の人気漫画「スラムダンク」をスクリーンに移したアニメ「ザ·ファーストスラムダンク」は公開2週間後の1月17日、観客動員数100万人を突破した。 2021年1月27日に封切りし約4ヶ月間長期興行に成功し218万人を越える累積観客を集めたアニメーション「鬼滅の刃:無限列車編(以下「鬼滅の刃」)よりも速い速度だ。 映画の人気に支えられ、原作図書の販売量も急増した。 イエス24の1月2週目の総合ベストセラー順位11位から20位を「スラムダンク」が席巻した。

日本のアニメーションが人気を集め、関連事業を展開するコンテンツ会社にも関心が集まっている。 証券街が注目する企業は「テウォンメディア」と「アニプラス」だ。

テウォンメディアは、呪術回転をはじめとする人気アニメの輸入から、スラムダンクなど原作漫画の正髪、キャラクター商品の販売事業を並行する会社だ。 現在、国内書店街を席巻している「スラムダンク」シリーズがテウォンメディアの代表作だ。 弘大入口を「アニマニア」の聖地にしたアニメイトもテウォンメディアが運営する。 日本の「アニメイト」IPを持ってきて国内で事業を展開する。 最近は釜山西面に2号店をオープンし、本格的な事業拡張に乗り出している。 日本のコンテンツと独自のウェブトゥーンの人気に支えられ、株価は着実に上昇している。 昨年11月、1万1000台にとどまっていた株価が1月18日、1万6100ウォンまで上昇した。

アニプラスは放送チャンネル、VOD流通、MD事業、展示、ドラマ制作などを主力とする。 アニプラスがアニメーション分野のコンテンツ流通、放送チャンネル、コラボカフェなどを担当する。 系列会社がグッズ(ロウンカンパニー)、展示(メディアアンドアート)、ドラマ制作(ウィマッド)、海外放送などの事業を進める。 コンテンツ流通は日本でアニメーションを購入してOTTや独自のプラットフォームに流通する。 商品売上は輸入または自主製作をしたグッズを売るコラボカフェが代表的だ。 株価も上昇の勢いを見せている。 昨年11月の株価が3000ウォン台から1月18日には4375ウォンに上昇した。

引用元記事:https://bit.ly/3kHfDzy
この記事へのコメントはこちらからお願いします。





 韓国の反応 




・ただお互いに憎しみながら関心が多い


・スラムダンクはあまりにも名作なので


・日本のアニメが人気なんだよね



・スラムダンクは思い出を売ることになったんじゃない?

・子供の頃テレビで見たものは全部日本の漫画だった・・


・日本のアニメは元々たくさん見たよww クレヨンしんちゃんとドラえもんで一緒に大きくなったけど


・スラムダンク、ドラゴンボール現役時代が全盛期で思い出として見に行ったことに意味を付与するね

・元々日本のアニメが人気に成るのは周期的にあった


・オタクでは無い私は、スラムダンク以外に何か分からないけど




・韓国人は日本のアニメを沢山見るけど、嵌っている程か?

・日本がKドラマを見る程見ているとは思えないが


・日本のアニメはある程度需要はいつもあるよね、スラムダンクは昔、韓国の地上波放送もしたし、指標的にあることを否定するのもおかしいし、元々需要はあるけど


・韓国がすっかりハマったと書くには・・

・日本のK-POP好きに比べるとささやかだよ


・日本で韓国ドラマを見ることに比べれば何でもないよ… 日本のネットフリックスの人気順位に韓ドラが凄く多いじゃないか


・元々いつも固定オタク層はあるけど、何かヒット作品ができるたびに必ずこういう記事が出るんだ




↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




この記事へのコメントはこちらからお願いします。