海外の反応 韓国




1


日本メディアが北朝鮮-日本の2022杭州アジア大会男子サッカー8強戦で北朝鮮の「ヤクザサッカー」が出るしかなかった理由を分析した。

北朝鮮と日本の2022杭州アジア大会男子サッカー8強戦で全世界を驚愕させた非マナープレーが出た。

北朝鮮選手たちは試合後、主審に駆けつけ、団体で抗議するなど威嚇的な行動をした。 競技場の関係者たちが急いで駆けつけ、選手たちと主審の間を離れざるを得なかったほどだった。

2

これだけではなかった。 03年生まれのDF金ユソンは、北朝鮮が0-1で負けていた後半28分、日本代表チームのあるスタッフがクーラーボックスを持ってきて、日本選手に水を配るためにボトルを取り出すと、これを奪って飲み始めた。

これに対し日本スタッフが抗議するように話しかけると左手でスタッフの頬を殴ろうとする意図でこぶしを握っては水を飲み続ける、理解し難いことを犯した。 周りにいた日本選手たちも呆れたように両腕を上げた。 主審は直ちに金ユソンにイエローカードを取り出した。

シン·ヨンナム北朝鮮監督はむしろ「数人の選手が興奮したのは事実だが、主審が公正ではなかった。 これはサッカーに対する冒涜だ」と審判判定に不満を提起したことが分かり、眉をひそめた。

北朝鮮のヤクザサッカーにひどい目にあった日本は、なぜこのような非マナープレーが出たのか、理由を分析し始めた。 朝日新聞グローバル版は2日、「北朝鮮サッカーが日本に敗れた後、審判に駆けつけた5つの理由」と題して、北朝鮮の非マナー行為が出た理由を分析した。

そのうちの一つが大会の成績によって変わる選手たちの処遇だった。 メディアは「今回の杭州アジア大会は北朝鮮選手にとっても『天国と地獄』を決める重要な場所だった。 これまでアジア大会は、北朝鮮でもオリンピック、ワールドカップに比べるとそれほど重要な国際大会ではなかった。 アジア大会では決勝戦に進出するのが当然だという認識があった」と説明した。

続いて「今回の代表選手たちはベスト8で敗れれば、次の国際大会に出場する機会を受けられないこともありうる」とし「選手たちは「労働鍛錬隊」に連れて行かれる可能性もある。 それほどではなくても、少なくとも自分が望む仕事を見つけるのが難しくなる。 軍隊に行くことも覚悟しなければならない」とし、北朝鮮選手たちが自由を失う可能性があると分析した。

そして「今大会に参加した選手たちが良い成績を残していたら、より大きな国際舞台で活躍する機会が与えられただろう。 一時、『北朝鮮のロナウド』と呼ばれ、イタリアで活躍していたハン·グァンソンのようになれたが、それで夢で終わった」と付け加えた。

一方、他の理由としては、北韓国内でスポーツは戦争のようなものだということ、サッカーが最高の人気スポーツだということ、金正恩第1書記が注目するスポーツだということ、徹底した半日感情で日本には負けられないという精神を持っているという点の4つを追加説明した。

引用元記事:https://x.gd/ImRIp
この記事へのコメントはこちらからお願いします。







↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




この記事へのコメントはこちらからお願いします。