海外の反応 韓国



1


「日本の下のドイツ」という見慣れない言葉が現実になるだろうか?日本サッカーの上昇傾向が尋常ではない。

国際サッカー連盟(FIFA)は先月30日(以下、韓国時間)、男子サッカー代表チームの世界ランキングを発表した。 ユルゲン·クリンスマン監督率いる韓国は10月より1ランク上がった23位に位置した。 4ヵ月連続で順位が上がった。

アジア諸国の中では3位だ。 日本が17位でアジアトップに上がり、21位のイランがその後を継いだ。 3位が韓国、4位は25位を記録した豪州が占めた。 アジア5位はサウジアラビア(57位)だった。

日本の躍進が目立つ。 森安肇監督が指揮する日本代表チームは、11月に行われた2026 FIFA北中米ワールドカップ·アジア2次予選でミャンマーとシリアを5-0で破った。

今年6月のエルサルバドル戦6-0の大勝を皮切りに、いつのまにか破竹の8連勝。 日本代表チーム史上最多連勝タイ記録だ。 そのおかげでFIFAランキングも17位まで垂直上昇し、1998年に立てた韓国の歴代最高順位にも追いついた。 日本の歴代最高順位は9位だ。

これまで弱いチームだけを相手にしてきたわけでもない。 日本はペルー(4-1)とドイツ(4-1)、テュルキエ(4-2)、カナダ(4-1)、チュニジア(2-0)をすべて制した。

まるで2022カタールW杯のデジャヴのようだった。 日本は昨年行われたカタールW杯の1次リーグでもドイツを2-1で下し、「ドーハの奇跡」を成し遂げた。

その結果、日本はスペインまで制して組1位でベスト16入りを果たした。 一方、ドイツは韓国に押された2018ロシアW杯に続き、2大会連続1次リーグで脱落し、自尊心を傷つけた。

引用元記事:https://x.gd/SPIYE
この記事へのコメントはこちらからお願いします。



2

ドイツは日本戦敗北後、監督まで交代したが、依然として迷っている。 ハンジ·フリック監督の代わりに赴任したユリアン·ナゲルスマン監督も最近、テュルキエ(2-3)とオーストリア(0-2)に相次いで敗れ、頭を下げた。 米国戦3-1の勝利とメキシコ戦2-2の引き分けに上がった期待感は再び薄れた。

今は日本がドイツを追い越す可能性も次第に高まっている。 日本のウルトラサッカーは「日本のFIFAランキングは17位で16位のドイツに迫る! 日本代表チームは8連勝をマークし、3ヵ月連続で順位を上げた」と強調した。

ドイツとFIFAランキングポイントの差はたった11点だ。 1620.19点を記録した日本は、1631.22点のドイツを追い上げている。 着実に10位圏内を守ってきたドイツとしては想像もできなかったことだ。

ドイツは欧州サッカー連盟(UEFA)ユーロ2024の開催国であるため、さらに非常事態になっている。 いくらFIFAランキングは一つの指標に過ぎないとはいえ、このままでは36年ぶりにホームで開かれるユーロ大会でも屈辱を味わう可能性が高い。 ユーロ2024は来年6月に幕を上げて1ヵ月間行われる。

逆に、日本の破竹の勢いがどこまで続くかも関心を集めている。 日本は2005年から2050年ワールドカップの自国開催と優勝を約束し、長期プロジェクトを開始した。 もちろん、日本のW杯優勝は依然として実現しにくい「夢」に近い。 しかし、日本サッカーがしっかりとした計画を基に、恐ろしく成長しているという事実だけは否定できないようだ。


 韓国の反応 




・優勝するには、ヨーロッパ全てに勝たないと


・中国も2050年の優勝目標だってww


・WBCでも、日本は大谷以外の怪物を複数出した


・優秀因子なしに優勝は出来ない

・ベルギーが上位圏にある理由?


・日本の最近の試合を見ると、1試合5点は基本だね



・我々は特定選手だけが上手、日本はまんべんなく良い

・韓国サッカー協会は日本から学べ


・認めることは認め、学ぶことは学ばなければならない


・日本は長期計画を立てると言う

・韓国のサッカー協会のやつらは何してるんだ?


・日本は30年前から準備していたのが凄い


・正直、今の日本は強いです




↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




この記事へのコメントはこちらからお願いします。