海外の反応 韓国



1


大谷翔平が高尺ドームでキム·ハソンと対決する?想像ばかりしていたことが現実に迫る兆しだ。

米大リーグホームページのMLBドットコムは3日(韓国時間)、複数のニュースを引用して、ニューヨーク·ヤンキースとテキサス·レンジャーズ、ボストン·レッドソックスが大谷獲得戦から撤退したと伝えた。 彼らはこれまでロサンゼルス·エンゼルスとの契約が満了した大谷の迎え入れを推進してきたチーム。 しかし、大谷の年俸が総額5億ドル以上に跳ね上がり、手を引く様子だ。

迎え入れ競争で最もリードしているチームはドジャースとして挙げられる。

ドジャースはナショナルリーグで最も優れた戦力と資金力を備えたチームに挙げられる。 特に、本拠地ロサンゼルスに居住する多くの日本人ファン、日本に近い太平洋沿岸という地理的位置も、以前から多くの日本選手に選ばれてきた理由として挙げられる。 何よりも大谷が熱望する優勝チームという点が交渉で重要な考慮事項になるものと見られる。 ドジャースは大谷を捕まえるために昨年FA市場を様子見したという解釈も説得力を得ている。

大谷がドジャースのユニホームを着ることになれば、公式スタートラインは韓国になる。

ドジャースは来年3月21~22日、高尺スカイドームで金ハソンの所属チームサンディエゴ·パドレスと2024シーズン開幕2連戦を行う。 国内で大リーグ開幕戦が開かれるのは今回が初めてだ。

アジアで大リーグ開幕戦が開かれたのは日本が唯一だ。 ずっと前から日米シリーズなどを開催してきた日本は、地道に大リーグ開幕戦を東京ドームに誘致してきた。 韓国での開幕戦は、野球のグローバル化と大リーグの興行再考のための大リーグの決定だった。 このような中、大谷のドジャース行きが可視化し、韓国だけでなく日本-米国も注目する舞台になる模様だ。

大谷は米国、日本だけでなく、国内ファンにも愛されている。

投手と打者を兼業するいわゆる「二刀流」を前面に押し出し、大リーグ新人王だけでなくホームラン王、MVPまで獲得した。 秀麗な外見だけでなく、幼い頃から自分の成功のための計画を自ら立ててこれを実行し、グラウンド内外できれいなプライバシーを続けるなど、プロが備えるべき美徳をすべて見せてくれる選手だ。 このような大谷の移籍後、初試合が韓国で繰り広げられるならば、興行と波及効果はまさに爆発的になるものと見られる。

引用元記事:https://x.gd/RzD2Z
この記事へのコメントはこちらからお願いします。





 韓国の反応 



・大谷は見習うべき人柄だから応援する


・ヤンキースに行って大ヒットすると思う


・相次いで大企業が出ていくKBOと比較される


・日本はアレだが大谷は認める

・どうか······ドジャースへ🙏🙏🙏



・記事のタイトルが我が国のマスコミらしいですね


・大谷級は、人気チームに行けばシナジー爆発だ

・優勝チームだ




↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




この記事へのコメントはこちらからお願いします。