海外の反応 韓国



1


最近「第4次産業革命の米」と呼ばれる半導体覇権を握るための銃声のない戦争が始まった中で、国内政府の半導体産業育成戦略は競争国対比不足しているという指摘が絶えず出ている。

26日、安徳根(アン·ドクグン)産業通商資源部長官は大韓商工会議所で半導体企業家らと懇談会を開き、グローバル半導体に対する共同対応策について話し合った。 政府は、半導体など先端産業への投資の際、税額控除などの内容を拡大するという支援策を3月までに追加で打ち出す計画だ。

アン長官は「現在造成中の半導体産業団地の事業期間短縮のために関連許認可を迅速に推進し、半導体企業の投資促進のためのインセンティブを大幅に拡大する」として「政府と企業がワンチームになって疎通と協力を強化するだろう」と明らかにした。

この日の懇談会にはサムスン電子のキョン·ゲヒョン代表取締役、SKハイニックスのクァク·ノジョン代表取締役をはじめ、ウォンイクIPSのアン·テヒョク代表取締役、エクシコンのパク·ヨンウ社長、イ·ジュニョク東進セミケム代表取締役、ソルブレインのチョン·ヒョンソク代表取締役、エルオティベキュムのキム·ホシク代表取締役など、国内半導体製造·素部長(素材/部品/装備)企業の代表らも参加した。

半導体復活の信号弾を発射した日本···TSMC熊本工場24日開所

同工場は、半導体産業の復活に向けた日本政府支援策の結果の一つだ。 日本は同工場に最大4760億円の補助金を与えることにし、2027年末の稼動を目標に建設予定のTSMCの熊本第2工場には約7300億円を支援する方針だ。

今年の世界ファウンドリー市場の売上でTSMCの競争力はさらに強化される見通しだ。 市場調査機関のトレンドフォースによると、トレンドフォースは昨年、世界ファウンドリー市場で59%を占めたTSMCの売上シェアが今年62%に増えるものと予想した。 このため、台湾企業の売上シェアは既存の67%から70%に上がる見通しだ。

一方、三星電子のシェアは昨年の11%から今年は10%に減り、これによって韓国企業のシェアも12%から11%に低下するものとみられる。

半導体産業協会のキム·ジョンフェ副会長は先月31日、半導体産業現場懇談会で「日本は台湾TSMCの工場設立投資額の40%近い金額を現金で与えた」として「私たちも補助金検討が必要だ」と指摘した。

韓国人「韓国のトイレは日本と同じくらいきれいでしたか?」

引用元記事:https://x.gd/9nKu7
この記事へのコメントはこちらからお願いします。









↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




この記事へのコメントはこちらからお願いします。