海外の反応 韓国



1


日本で100円玉の代わりに100ウォン玉の代わりに100ウォン玉を受け取ったという被害事例が相次いで現れている。 二つのコインの大きさは若干異なるが、外形が似ていて簡単に勘違いできる点を悪用したものと見られる。

27日、各種ソーシャル·ネットワーキング·サービス(SNS)やオンライン·コミュニティなどには、日本で買い物をし、お釣りとして100円の代わりに100ウォンを受け取ったという経験談が相次いで掲載されている。

あるネチズンは「福岡旅行に行って少し古そうに見えるカフェに行ったが、小銭詐欺にあった」として「お釣りを受け取ったが100ウォン玉が混ざっていた」と明らかにした。 続いて彼は「日本の店の大部分が現金決済を好んで小銭がたくさんできるが、このような詐欺に遭うとは夢にも思わなかった」として悔しさを爆発させた。

日本でコイン詐欺の被害は観光客だけでなく、日本の居住者も受けている。 ある日本のネチズンはSNSに100円と100ウォンが一緒に置かれた写真を掲示し「お釣りを受け取った時、何かおかしいと思ったが、後で確認してみるとハングルが書かれたコインが混ざっていた」として「韓国の100ウォンはいくらか?」と尋ねた。 これに対し他のネチズンが「100ウォンは大体10円程度」という返事を付けたりもした。

これと共に公開された写真の中の100円と100ウォンは両方とも銀色で裏面に「100″が書かれていたが、100ウォンが100円より若干大きかったが、注意深く調べなければ錯覚するほど似た外形だった。 27日現在、円の為替レートは100円に885ウォン程度で、100ウォンは11.29円程度で換算できる。

日本では現金決済をする場合が多いため、計算過程でお釣りでコインを一度に受け取ることになれば、いちいち確認しないという点を悪用し、このような詐欺が起きているものと見られる。

これに先立って1990年代にも日本で500円と500ウォン硬貨の大きさと材質が似ている点を悪用した詐欺事件が横行したりもした。 お釣りを計算する時、小銭に混ぜてあげたり、500ウォンと500円を区別できない無人自動販売機を利用するやり方だ。 現在、500円玉は構成成分が変わり、無人自動販売機を欺くことができない。

韓国人「悲報:外国人が韓国の街並みを見てドン引きした理由がこちらです…」→「日本を見習ってくれ…(ブルブル」

引用元記事:https://x.gd/yBPiN
この記事へのコメントはこちらからお願いします。





 韓国の反応 




・本人が持っていた小銭が混ざったに一票


・こういうのは中国人


・後進国型の詐欺だね


・韓国人が行って100円の代わりに100ウォンくれたもので、そのコインがまた韓国人に

・日本が中国の真似してるね!


・日本に行く時、韓国の一部の自販機に500ウォン入れて450円のお釣りをもらう方法がもう逆になって悔しい思いをするな~


・昔は500ウォン玉で500円詐欺

・かつて日本では500ウォン硬貨と500円硬貨が大きさと重さが同じで自販機で500ウォン硬貨がたくさん発見され500円硬貨を急変更したと聞いたが


・あれを本当にやるんだ


・これがまだ流行ってるんだね、約20年前のニュースで見た内容なんだけど

・韓国のタクシーの運転手さんの中にもいました。 東南アジアのコインを混ぜて100ウォン玉の様に払う人が


・その店で百ウォン玉で計算した人たちは誰だろうか?


・100%中国

・うーん、韓国のお金はどうやって手に入れたの?




↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




この記事へのコメントはこちらからお願いします。