海外の反応 韓国



1


日本の女性プロレスラーが韓国で試合中の応急状況にきちんとした対処がなかったと主張しています。

韓国人「韓国はお金持ちなのに建築の美的感覚は日本以下です」

日本のメディアが記事にするなど、議論になっていますが、レスリングが終わった後、「とても大変だ」と座り込んだプロレスラー、涙声で勝利の感想をやっと終えます。

2

プロレスラーの小橋マリカはこの試合後、入場文を掲載しました。試合中に脳震盪で負傷しましたが、主催者側が「韓国には救急車がない」と言い、他の車に移送してほしいという依頼には「お客さんを見送る必要があるのでだめだ」と言ったということです。

周りの選手たちの対処で病院に行くことができたが、再び大会に出ることはないとし、チャンピオンベルトも返却する」と明らかにしました。

日本でも「ずさんな安全管理体制」を批判した記事が上がってきました。しかし主催側は「選手ではなく代表が直接119を呼んだ」として記録を公開しました。

救急車がないと言ったのは勘違いだったり嘘だとし「認知度の上向きと反韓感情で世論を駆り立てるメリットがあっただろう」と主張しました。

日韓プロレスラーの真実攻防が続いています。

引用元記事:https://x.gd/q0TID
この記事へのコメントはこちらからお願いします。









↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




この記事へのコメントはこちらからお願いします。