海外の反応 韓国



1


日本8兆vs韓国1.2兆···半導体戦争、ゲームにならない
日米は補助金がどんどん···20兆ウォン投資、日本8兆ウォン、韓国1.2兆ウォン

【海外の反応】韓国はどのように研修医を怪物に変えたのか 海外の反応「病人を人質に取るのを見るのは言語道断、いくら稼げるかだけを気にしている」

米国·日本をはじめとする世界主要国が大規模投資に対するインセンティブ競争が熱い、しかし、韓国政府の半導体投資インセンティブは、米国の22%、日本の15%水準に止まっていることが分かった。
15日、韓国半導体産業協会が算出した「国別投資インセンティブ資料」を入手して分析した結果、先端半導体生産施設の構築に投入するお金を20兆ウォンと仮定した場合、韓国に投資した企業が受ける投資インセンティブは1兆2000億ウォンであることが分かった。

一方、同じ条件を適用した時、米国、日本に投資した企業が受け取るインセンティブは、補助金と税制優遇を合わせてそれぞれ5兆5000億ウォン、8兆ウォンに達した。 韓国よりおよそ4.6倍、6.7倍も大きいわけだ。

このようなインセンティブ分析は日米韓3カ国の半導体関連法案を土台に算出した。 新規半導体ファブ(fab·半導体生産施設)投資金20兆ウォンのうち、敷地·建物に6兆ウォン、インフラ設備4兆ウォン、工程装備10兆ウォンが所要されると仮定した。 昨年末、韓国で終了した租税特例制限法による臨時投資税額控除は考慮しなかった。

現在、韓国の投資インセンティブは15%の設備投資税額控除のみ存在する。 半導体製造に欠かせないクリーンルームをはじめとするインフラ設備投資は控除対象にもならない。 このため、20兆ウォンの投資金のうちインフラ設備と敷地·建物費用10兆ウォンを除外しなければならない。 結局、半導体装備10兆ウォンの15%に当たる1兆5000億ウォン分の税制優遇だけが提供される。

これさえもさらに削られる。 農漁村特別税法によって租税減免を受ける内国法人は、租税節減額の20%相当額を農漁村特別税として納付しなければならない。 該当金額の3000億ウォンを除けば、最終インセンティブは1兆2000億ウォンに減る。 インセンティブ規模が総投資額の6%水準に過ぎないわけだ。

一方、米国は直接補助金(投資額の5~15%)と設備投資税額控除(投資額の25%)を合わせて5兆5000億ウォンに達する。 投資総額の27.5%をインセンティブとして受け取る。

日本では直接補助金(投資額の最大50%)だけで8兆ウォンに迫る。 これに日本政府が現在推進中の「戦略分野国内生産促進税制」の設備投資税額控除額(投資額の20%)2兆8000億ウォンまで合わせるとインセンティブは10兆8000億ウォンに増える。 投資額の半分以上(54%)がインセンティブだ。

引用元記事:https://x.gd/C9Dyi
この記事へのコメントはこちらからお願いします。







↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




この記事へのコメントはこちらからお願いします。