海外の反応 韓国



1


韓国トヨタ自動車が4日、正式にオープンした「トレーニングアカデミー」だ。 その名の通りなら、「自動車教育施設」程度だ。 もちろんそうだ。 しかし、トヨタがこれまで行ってきたように、単なる教育施設以上の価値と役割を持っていた。

韓国人「日本、NVIDIAと協力して量子計算システムを本格的に構築へ」→「K-パッシング・・・」「今日本の投資が半端ない」「さらに強力なスパコンが出てくるだろうね」

2

自動車を販売する方法から車の修理と整備を教えるのは基本である。 それぞれの教育プログラムもトヨタの完璧主義に合わせている。 さらに、建物の内外のあちこちに染み込んでいる環境にやさしい要素は、「トヨタらしさ」が何かをそのまま示している。 未来人材の養成だけでなく、消費者、地域社会のための空間でもある。

そして彼らは今、「自動車の未来」を語る。 移動手段としての「自動車」を超えたもう一つの「何」を追求している。 電気自動車だけを前面に出さない。 最初から「電気自動車が目標ではない」という。 世界1位の自動車メーカーとして未来モビリティ企業に進むための彼らの努力をここ「アカデミー」で垣間見ることができた。

同日午前、韓国トヨタ自動車のキム·ヒョンジュン取締役が記者団の前に立った。 トヨタの電動化戦略を説明するためだ。 続いて「トヨタが電気自動車の対応が遅い?」というタイトルの資料画面を表示した。 ここ数年間、グローバル自動車市場で電気自動車が急浮上し、電動化の流れにトヨタが遅れを取っているのではないかという指摘を意識したものだ。

彼は昨年発表された「モビリティ企業への変革」というトヨタの経営ビジョンを紹介し、「トヨタが未来社会でも必要な存在として残るために自動車の未来を変えていく」と述べた。 このために必ずしなければならないこととして「炭素中立」と「移動価値の拡張」を挙げた。

「炭素中立」はすでに地球的な課題だ。 トヨタは炭素中立のために自動車メーカーがすべきこととして「炭素排出が少ない車両を作ること」と定義する。 キム理事は「電気自動車が目標ではなくカーボンニュートラルが目標」とし「電気自動車はカーボンニュートラルのための様々な選択肢の一つに過ぎず、ハイブリッド車など多様な電動化モデルを供給するのがより効果的」と強調した。

キム理事は「欧州のような新再生エネルギー生産が高い国では電気自動車が(炭素中立に)有利だ」とし、「代わりに化石燃料への依存度が高い国にはハイブリッドやプラグインハイブリッド車の方が効率的だ」と説明した。

トヨタはこれを「マルチパスウェイ(MutiPathway)戦略」と言う。 エネルギー需給と地域別の状況に合わせた車両を作って供給するということだ。 また、近い距離や一定区間を繰り返す用途で電気自動車を積極的に活用し、中長距離または長距離移動手段としてハイブリッドや水素電気自動車などを積極的に開発し、拡大するとした。 これを通じて2019年対比2030年には二酸化炭素を33%、2035年には50%以上減らすことができると会社側は予想している。 このままだと、グローバル企業の中で最も高い水準の炭素中立を成すことになる。

引用元記事:https://x.gd/x18uB
この記事へのコメントはこちらからお願いします。




 韓国の反応 




・その通りだよ、トヨタは良くやっている


・日本が最高ですね


・炭素中立には最小限の内燃機関を排除しなければならないが、そのためにはバッテリーや水素を利用した電気自動車の他に何があるだろうか?ただの言葉遊びだと思うんだけど


・詐欺を働いてイメージが落ちた会社があぶない

・電気自動車で収益が出ません。ハイブリッド車でお金を稼いでやりますと、言いたいのでしょう


・最高の会社





↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




この記事へのコメントはこちらからお願いします。