海外の反応 韓国



1


「韓国を除いて」、ビッグテック企業が韓国を除く東アジア各地に大規模な投資計画を発表しています。 '協力のGoogle'は自社のハードウェア(HW)を強化し、'閉鎖的なApple'はiPhoneに搭載されたAI 'ChatGPT'を検討するための交渉に参加しています。また、設計資産(IP)を提供する '半導体のスイス'であるARMが自社の人工知能(AI)チップの開発に参加し、先端技術業界が変革する中で現実に直面しています。

【海外の反応】日本のトヨタが過去最高の4.9兆円の利益を計上 海外の反応「トヨタが破産することはない、もっとEV技術への投資をすべき」


最近、Google、Amazon、NVIDIA、Microsoft(MS)などのビッグテック企業は、次世代AI開発の拠点として東アジアに大規模なインフラおよび研究開発(R&D)投資を行っています。インドネシア、マレーシア、タイは成長が高くコストが安いため、シンガポールは金融ハブであり、日本と台湾は製造業能力が高く政府支援が積極的であるため、選ばれています。しかし、韓国は除外されています。これは、韓国に投資する理由がないためです。韓国も国家レベルでのグローバル投資誘致と技術協力に取り組む必要があります。

日本でも、今年に入ってビッグテックのインフラ投資発表が相次いでいます。日本政府の積極的な誘致と、緊密な米国・日本外交の結果です。先月、マイクロソフトは来年までに日本に290億ドル(約3兆9000億円)を投資し、AI・クラウド事業を拡大し、東京・大阪のデータセンターにAI演算用GPUも増強することを発表しました。この発表は、菅義偉日本首相の米国公式訪問に合わせて行われました。1月、アマゾンは日本に約2300億円(約20兆7190億円)のAIクラウドインフラ投資を発表し、これはアマゾンの韓国投資計画(約8兆円)の2.5倍の規模です。オラクルも先月、総額800億ドル(約11兆円)を投じて東京・大阪のデータセンターを拡張することを発表しました。

企業は、成長が見込める東南アジアにも、韓国よりも積極的に投資しています。先月7日、アマゾンは890億ドル(約12兆2000億円)の追加投資を発表し、クラウドサービスを強化すると発表しました。また、アップルも先月、シンガポールの事業拡大に約2億5000万ドル(約3400億円)を投資することを発表しました。MSは東南アジア全域にAIインフラを構築するための投資資金を投入しています。マレーシアに220億ドル(約3兆3000億円)、インドネシアに170億ドル(約2兆3400億円)を投資する予定です。

企業の能力を超えて "拠点" として日本の魅力を備える必要があります。韓国がなぜ "抜け落ちて" いるのか。業界では、グローバルなAI産業界では、韓国の半導体企業が重要なパートナーと見なされていますが、韓国の魅力が低いため、投資先としては見送られていると分析されています。

楊志元韓国貿易協会研究員は、「国内にもR&D・規制フリーゾーンはあるが、非首都圏に散在しており、特典も一時的」と指摘しました。地方の雇用創出の観点からの特区が多く、グローバル企業の要求とは無関係に運営されているということです。日本は、グローバル企業のアジア本部(HQ)を誘致するために、東京の中心部に '国際戦略総合特区'を設定し、税制支援や規制免除などさまざまな特典を提供しています。昨年、開放AIの日本オフィスも東京の国際戦略総合特区に入居しました。

引用元記事:https://x.gd/gzMeL
この記事へのコメントはこちらからお願いします。





 韓国の反応 




・今回の総選挙を通じて、国民自らが明らかにしたことは、何かあると半米半日を叫び、親中国になる傾向があるということです。この状況において、ビッグテック企業がどのような対応をとるか疑問です


・不動産価格の急騰や人件費の増加、企業投資案件への不利な状況が続いている


・私自身も、このような状況下では国内への投資は慎重に考えるでしょう


・選挙で国民が親中国的であることを示した以上、私たちと取引しようとする人は誰でしょうか?

・国家の競争力や産業投資、魅力的な価値が東南アジアや台湾、日本に押されている状況です


・米国は長期的に韓国の半導体産業を衰退させようとしているように見えます。恐らく、韓国の半導体産業が中国の成長に役立つ可能性を懸念しているのでしょう


・韓国はさまざまな分野でピークを過ぎ、下降傾向にあると感じられます。人口、産業、芸術、科学技術、エンターテイメントの活気まで、すべてが含まれます

・規制や税金の影響で、韓国は企業を立ち上げる上で非常に困難な状況なので


・グローバル企業の誘致や国内の大企業に対するインセンティブが必要です。このような措置がなければ、企業設立は韓国を避けるでしょう




↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。



この記事へのコメントはこちらからお願いします。