海外の反応 韓国



1


今永昇太が日本人メジャーリーガー史上初のサイ·ヤング賞受賞に向けて力強い一歩を踏み出している。 今季まだ敗北がない中、5勝を記録中の今永は平均自責点も再び0点台に押し下げた。 日本列島は大いに興奮している。

今永は14日(韓国時間)、先発登板し、5回を投げて7安打3四球8奪三振無失点の投球を繰り広げた。 7本の安打を許したものの、危機管理能力を発揮して失点を最小限に抑えた。 投球数は98球で、そのうちストライクは58個だった。

今永はこの日、両チームが0-0で対抗した状況でマウンドを降りながら、勝利を手にすることはできなかった。 シカゴ·カブスは今永がマウンドを降りた後、6回裏に2点を許した末、0-2で敗れた。 シカゴ·カブスは24勝18敗でナショナルリーグ中部地区2位を守った。 アトランタは25勝13敗をマークし、ナショナルリーグ東地区2位につけた。

今永は今季8試合に先発登板し、5勝無敗平均自責点0.96をマークしている。 計46⅔イニングの間、36被安打(3被本塁打)8四球51奪三振7失点(5自責)被安打率0.206、WHIP(1イニング当たり出塁許容率)0.94の成績を記録している。 大リーグ全体で平均自責点部門1位だ。

今永は8日、サンディエゴ·パドレス戦で7イニング2失点をマークし、平均自責点が1点台に上がった。 しかし、同日再び無失点快投を果たし、平均自責点を0点台に押し下げた。

今永の大活躍に日本のファンも興奮を隠せないでいる。 同日、日本の主要メディアは今永の無失点好投と平均自責点0点台のニュースを大きく扱い、大きな関心を傾けた。 日本メディア東京スポーツは「今永が5イニング無失点投球を行い、平均自責点が再び0点台に突入した」とし「このままなら日本人初のサイ·ヤング賞を受賞する可能性がある」と報道した。

まだ日本人大リーガー出身の中でサイ·ヤング賞を受賞した投手は一人もいない。 範囲をアジアに広げても同様にサイ·ヤング賞の受賞者が出ていない状況。 2020シーズンには同じ日本人のダルビッシュ有と前田健太がナショナルリーグとアメリカンリーグのサイ·ヤング賞投票でそれぞれ2位に上がったことがある。

引用元記事:https://x.gd/wgrIn
この記事へのコメントはこちらからお願いします。





 韓国の反応 




・パク・コンウに本塁打を打たれた投手


・ここアジアの誇り日本誇らしい


・韓国にも大リーグ記録がある


・ワクワクするって?

・メジャーリーグ初年度8ゲームを投げて防御率0.96


・まだ5月だけど、何の意味か分からない


・若い時にいい映像をたくさん残しておきなさい

・何か、韓国のメディアの方が興奮していますね


・KBOとは比較不能


・大谷は受けられないの?

・大谷は投打でトップでは無い上位圏


・今永はKBOに来て先に実力を立証しろ


・KBOに来て証明しなさい

・まだイ·ジョンフと対戦していないので防御率0点台


・我々にはメジャーで活躍している選手がいませんね




↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




この記事へのコメントはこちらからお願いします。