海外の反応 韓国



1


日本プロ野球千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希(23)が大リーグ10球団のスカウトたちの前で威力的な投球を披露した。

韓国人「大谷が本塁打数でメジャー1位に!打率も1位‥」大谷本日の成績いをご覧ください 韓国の反応

2

佐々木は17日、千葉県ZOZOマリンスタジアムで行われた日本ハムファイターズとの試合に先発登板し、8イニング3被安打1四球1死球12奪三振1失点を記録した。

日本プロ野球通算53試合(330⅓イニング)22勝12敗、平均自責点2.04を記録している佐々木は、日本で最も注目されるエースの一人だ。 今季終了後、ポスティングを通じて大リーグに進出する可能性がある。 多くの大リーグ球団が見守る中、佐々木は7試合(46·⅔イニング)3勝2敗、平均自責点2.31を記録し、巡航中だ。 奪三振は53個で、両大リーグ首位をマークしている。

日本メディアの中日スポーツは「千葉ロッテの佐々木朗希がもともと見せていた自分のピッチングを取り戻した。 今季最多イニングの8イニングを1失点に抑えた。 今年最高球速の162kmを記録し、奪三振は12個を奪う力投を繰り広げた。 グラウンドの裏にはドジャース、ヤンキース、セントルイスなど今年最も多い10球団のスカウトが集結した。 メッツとテキサスはそれぞれ4人ずつスカウトが佐々木をチェックするなど多くの関心を示した」と佐々木に向けた関心を伝えた。

佐々木は「直球、フォーク、スライダーとも以前の登板より良かった。 自分らしい投球ができた。 それでもまだもっと良くなれる部分があると思う。 もっと反省して次に向かって進みたい」と登板の感想を語った。

引用元記事:https://x.gd/NbthW
この記事へのコメントはこちらからお願いします。





 韓国の反応 




・フィジカルが良くて技術まである世界最強の日本野球


・佐々木は起伏が激しいので、メジャーではどうかな?


・日本は怪物がどんどん出てくる


・日本野球は越えられない壁

・この人はハーフかな?


・佐々木は才能があるし、しかもイケメンだし人生楽しいだろうね


・ヤバイ、この人は怪物だ

・我々は平凡な選抜すら一つも出ないのに


・どうして日本はこんな凄い選手が多いのか?


・どうやってこんな怪物を育成するのかな?

・佐々木は球が速いし、制球が良く


・コ·ウソクは?


・今の日本と戦ったら、1点も取れないと思う

・日本はどうしてこんな選手たちが毎日出てくるの?


・日本は世界的なスポーツ強国




↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。とても大きな励みになります。




この記事へのコメントはこちらからお願いします。